「卵」モチーフ作品特集

天然のガチャ

形その物をモチーフにする事もあるが、卵の本質は、中に何が入っているか分からないドキドキにある。

中から、何かが出てくる。

それが、良い物なら、どんなに良いか。

つまり、ガチャだ。

この記事では、そんな「卵」をテーマや要素として扱った作品を紹介していく。

映画ドラえもん のび太の恐竜(1980)

<内容>

夜の公園で、のび太の声を聞いて池から現れるのは、フタバスズキリュウのピー助だ。1億年前の卵の化石から、のび太が誕生させたのだ。「でも、こんな大きな体では、やがてみんなに見つかってしまう。」のび太はドラえもんの助けを借りて、ピー助を1億年前の時代に帰してあげようとするのだが・・・。

恐竜の卵を孵す所から物語が動き出す。

映画ドラえもん のび太の日本誕生(1989)

<内容>

7万年前の世界に家出したドラえもんたち。だが、そこには、恐ろしい力を自在に操る、精霊王ギガゾンビがいた。ドラえもんたちは、ヒカリ族の少年ククルを助けて、ギガゾンビに立ち向かう! 

のび太が劇中、未来の道具を使って、卵でキメラを作る。

NG騎士ラムネ&40(1990)

<内容>

ある日、ファミコンフリークの小学校4年生・馬場ラムネは、学校帰りに買ったゲームをクリアすると、テレビから少女-実はアララ王国のミルク姫-が現れ「選ばれし勇者ラムネス」としてハラハラワールドへ連れて行かれる。ハラハラワールドでラムネを待っていたのは、世界征服を企む大魔術師ドン・ハルマゲ達だった。妖神ゴブーリキを復活させようとするドン・ハルマゲの野望を食い止めるため、守護騎士・キングスカッシャーを呼び出し立ち向ってゆく。ダ・サイダーや仲間と共に8体の守護騎士を復活させ、やっとの思いで見事ゴブーリキを倒したのだが……実はゴブーリキは生きていた!ハラハラワールドを救う為、今度は七色の石板を8枚集めなければならなかった。ドキドキスペースへと場所を移し、妖神ゴブーリキとの最終決戦へ向け、更なる冒険へと旅立ってゆく。

エッグカー(2020)

<内容>

すべての生き物が車の形をしているエッグアイランド諸島。ダッシュは、その中のひとつブーブーアイランドの科学者、ウサギのおじいさんとおばあさんに拾われて育ちました。ある日、ダッシュの家族が世界支配を企むボゾ王にさらわれてしまいました。ボゾ王に対抗できるのは、ダッシュの変身能力とエレメントの力しかありません。家族を救うため、世界の平和を守るため、ダッシュはエレメントを求めて他の島々を周る旅に出ることにしました。旅の途中で出会う、個性豊かな仲間たち。ボゾ王の手下たちーおっちょこちょいなアイアン一味も現れて、エレメントを集める旅は、大騒動。ダッシュは集めたエレメントの力でエッグアイランドの平和を守れるのでしょうか!?

卵型の車の形をした生物のいる世界。

カリメロ(1963)

<内容>

カリメロはいつも頭に卵の殻をのせた小さな黒いヒヨコ。 でも、見かけによらず仲間たちのヒーローなのです。 のんびりとした田舎町ハッチントンで、また何か小さな問題が起きたようです。 「こりゃあんまりだ!」そんな時に出てくるカリメロの口ぐせ。 仲良しのプリシラ、ジュリアーノ、ピーターたちと一緒に秘密基地で作戦会議。 カリメロのひいひいお爺ちゃんドヴィンチさんが遺した数々の発明品を使って、問題を解決することが出来るでしょうか?

ロボット召喚に卵を用いる。

転生したらドラゴンの卵だった(2015)

<内容>

ある朝目覚めたら、なぜか森の中にいて体が卵に…これが転生!? 訳もわからないまま襲ってくる怪物と戦って、レベルアップでドラゴンに進化!! ガンガン強くなって強敵たちとバトル! だけど人間が恋しい…。さびしがりドラゴンのエモ過ぎモンスターバトル&サバイバル、ここに開幕!原作・猫子による描きおろし小説も収録!!

ワンダーエッグ・プライオリティ(2021)

<内容>

脚本家・野島伸司がアニメの世界で紡ぎだす、 悩みもがく少女たちの物語–。 14歳の少女・大戸アイは、深夜の散歩の途中で 出会った謎の声に導かれ、「エッグ」を手に入れる。 「未来を変えたいなら」 「今はただ選択しろ」 「さぁ、自分を信じて–」 「エッグを割れ–」 「エッグ」を割った先で、アイを待つものとは……。

※この記事は、追記・編集していく予定です。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください