「佐藤さん、鈴木さん、よくある苗字」タイトル作品特集

よくある苗字と言う身近な物

日本人に多い苗字に「佐藤」と「鈴木」が良くあげられる。

2021年10月の時点で政府発表によれば、

佐藤約1,853,000人
鈴木約1,786,000人
高橋約1,399,000人
田中約1,326,000人
伊藤約1,065,000人
渡辺約1,055,000人
山本約1,041,000人
中村約1,037,000人
小林約1,021,000人
加藤約882,000人

と言うのが、日本に多い苗字ランキングトップ10だ。

日本の人口が約126,100,000人なので、割合から考えると社会生活をしていて、苗字トップランカーと遭遇しない方が難しい。

そんなよくある苗字だが、だからこそモチーフとして「身近」であり、当事者であれば共感するポイントにもなりうる。

そんな普遍性を持った苗字のキャラクターが、物語の中で、沢山いる中で埋もれない何かしらのオンリーワンな佐藤・鈴木だったら?

それだけで、少し面白いかもしれない。

この記事では、そんな「佐藤さん」「鈴木さん」がタイトルに使われている作品を紹介していく。

アストラル・アブノーマル鈴木さん(2018)

<内容>

今最も注目される女優・松本穂香が、夢や目標は特には無いがチヤホヤされたい願望だけは人一倍強いララと、東京で女優として成功している双子の妹・リリを1人2役での大怪演!監督は初長編『さいなら、BADSAMURAI』がカナザワ映画祭でグランプリに輝き、続く劇場公開作『ウルフなシッシー』でもTAMA NEW WAVEグランプリほか3冠に輝いた大野大輔。松本穂香×大野大輔監督が放つ、“ジワる”やさぐれコメディ!「普通」ってやつが一番難しい。地獄の様に娯楽が無い田舎町を舞台に、宇宙的に(=アストラル)異端な(=アブノーマル)グレートユーチューバー・鈴木ララが周囲を巻き込み、“ジワる”大暴走!その果てに見つけたものとは…?

佐藤さん(2018)

<内容>

会った人間は誰もいない…「会う」=「死」と噂される人かどうかもわからない暗殺者「佐藤」さん。狙われたらあきらめるしかない!?新刊サイコホラー!

佐藤さんはPJK(2018)

<内容>

高校3年の春、転校してきた千春の隣の席は、勉強・部活・学校行事すべてを完璧にこなす“PJK”ことプロッフェッショナル女子高生、佐藤さんだった!完璧なのに…なんだかちょっと変わってる!? 個性的すぎる謎の美少女、佐藤さんの正体は一体!?!PJKと送る、賑やか青春コメディ!

塩対応の佐藤さんが俺にだけ甘い(2019)

<内容>

こんなに甘い”両片想い”見たことない!

「佐藤さんは高嶺の花で誰に対しても塩対応。でも、意外と隙だらけだって俺だけが知ってる。写真を撮るのが下手。そのくせドヤ顔しがち。そして、へにゃっと笑う顔がすごく可愛い」

「押尾君は誰に対しても優しい。でも、意外といじわるなところもあるって私だけが知ってる。SNSを使うのが上手。オシャレなカフェの店員さん。そして、悪戯っぽく笑う顔にすごくドキドキする」

――これは内緒だけど、俺(私)はそんな彼女(彼)のことが好きだ。

初々しくて、もどかしい二人の初恋。尊さ&糖度120%! 両片想いな甘々青春ラブコメ!!

鈴木家の嘘(2018)

<内容>

あまりにも突然に訪れた鈴木家の長男・浩一の死。ショックのあまり記憶を失った母のため、遺された父と長女は一世一代の嘘をつく。ひきこもりだった浩一は、扉を開けて家を離れ、世界に飛び出したのだと-。

鈴木さん(2012)

<内容>

男子高生・佐藤千夏は運悪く不良に絡まれていたところを、陰の薄いクラスメート・鈴木みきに助けられる。それ以来、今まで気にも留めていなかった彼女の存在が気になってしまい…? 大人気サイト「発狂するエラー」での掲載開始から話題集中の注目作が、加筆の上、ここでしか読めない描き下ろしを収録してお届けする書籍化第1巻! フルカラーでお届け☆

スズキさんはただ静かに暮らしたい(2015)

<内容>

一人息子の仁輔を女手ひとつで育てる仁美。 心を閉ざし気味の仁輔を喜ばせようと仁美が催した、ささやかな誕生日。 だがその日、仁輔の世界は一転した―――。

電話の佐藤さんは悩殺ボイス(2018)

<内容>

メーカーで営業事務として働く奈緒子は、取引先の佐藤さんの優しげな声が大好き! 電話で話したことしかないけれど、『彼はきっと王子様みたいな人!』と夢見ていた。そんなある日、取引先のデイキャンプに参加した奈緒子。そこで初めて会った佐藤さんは、イメージとは違いぶっきらぼうで威圧的な、怖い人だった! ショックを受ける奈緒子だったが、実は佐藤さんがデイキャンプに慣れない自分にフォローを入れてくれていたと知り、ときめいてしまう。どうにかしてまた会いたい、と思っていた矢先、運命的な再会を果たし……!?

隣の席の佐藤さん(2018)

<内容>

─僕は佐藤さんが苦手だ。地味で、とろくて、気が利かなくて、おまけに大して美人でもない。何気ない高校生活の日常の中で、それでも山口くんは、隣の席の佐藤さんに惹かれていく。

※この記事は、追記・編集していく予定です。

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

¥500
¥1,500
¥10,000
¥500
¥1,500
¥10,000
¥500
¥1,500
¥10,000

またはカスタム金額を入力

¥

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する
スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください