「ハンバーガー、サンドイッチ、ホットドッグ」モチーフ作品特集

パンで具を挟んだ料理

パンで具材を挟むと言う発想は、パンが存在し始めてすぐに発明されたと考えられている。

ちなみに、サンドイッチの由来となったと言われているサンドイッチ伯爵は実在するが、彼は発明者では無いし、そもそも現代においてサンドイッチと呼ばれる食べ物を愛好していたかも不明であり、当時のゴシップ記事が定着した説が有力らしい。

話を戻し、パンで具材を挟む事の利点は、具材によって手が過度に汚れる事を防ぎ、手掴みで様々な具材を手軽に食べられる事にあるだろう。

この記事では、そんな「ハンバーガー」や「サンドイッチ」「ホットドッグ」と言ったパンで具材を挟んだ料理をテーマにした作品を紹介していく。

悪魔の毒々バーガー ~添加物100%~(2006)

<内容>

その男からひき肉を仕入れた人気ファーストフード店の店長アレンとスティービーは、いつものように活気あるモーテルの一角で忙しく人気のハンバーガーを作っていた。そんなモーテルへ遊びにやって来たジェイソン(ビリー・ゼイン)、エイミー、モニカ(シャウナ・マクドナルド)、ブレイクの4人。この旅行でお互い打ち解けあい仲良くなろうと一緒に昼食を取ろうとするが、険悪ムードに。なかなか打ち解けないまま夕食となり、そんな食事中、今までハンバーガーを美味しそうにほおばっていた周りの客が、突如、暴れだしモニカを襲い、次々と周りの客と店員を襲い始めた。モーテルは、一瞬にして大量のゾンビが暴れ狂う地獄絵図へとかわる・・・。

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2015)

<内容>

一流レストランの料理人カール・キャスパーはオーナーと衝突。創造性に欠ける料理を作ることを拒み、店を辞めてしまう。マイアミに行ったカールは、とてもおいしいキューバサンドイッチと出会い、元妻や友人、息子らとフードトラックでサンドイッチの移動販売を始めることにする。

スーパーサイズ・ミー(2004)

<内容>

ファストフード業界が与える影響を調査するモーガン・スパーロックは、ヵ月間マクドナルドの商品だけを食べ続けて体の変化を身をもって体験する。

ソーセージ・パーティー(2016)

<内容>

食材たちは選ばれ、買われることを夢見て毎日陳列されている。きっと外の世界は「楽園」に違いないと。ソーセージのフランクは、パンで恋人のブレンダと結ばれ(合体♥し)ホットドッグになる運命だと信じている。ついに夢が叶う日が! 二人揃ってお客様がカートに! しかしテンションMAXではしゃぐ二人を乗せたカートにアクシデントが発生し、スーパーマーケットに取り残されてしまう。夢に破れ絶望するフランクとブレンダだが、実は命拾いしたことに気付く…なぜなら彼らは“食材”だからだ。「食われてタマるか!」 運命に逆う彼らの闘いがはじまる!

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016)

<内容>

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店<マクドナルド>があった。合理的な流れ作業の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。

ファーストフード・ネイション(2006)

<内容>

ハンバーガー・チェーン“ミッキーズ”のマーケティング部長ドンは、社長からある調査を命じられる。それは、自社製のパテから多量の糞便性大腸菌が検出されたため、事実が公になる前に原因を突き止めろ、というものだった。そこでドンはさっそく一路コロラドの工場へ。一方、コロラド州コーディでは、メキシコから密入国してきた不法就労者たちがミッキーズと契約する精肉工場で働き始めるが…。

本日のバーガー(2016)

<内容>

食品商社マンとして世界中の食に触れてきた男・神宮寺慧。彼が脱サラして始めたのはハンバーガー店だった!世界のバーガーを知り尽くした神宮寺が魅せる日本人の知らないバーガーとは!?日本初!本格ハンバーガーコミック!

ようこそ!スマイリーバーガーへ(2017)

<内容>

冴えないハンバーガーショップでアルバイトする高校一年生、用賀たまこの青春4コマ。

絶品のハンバーガーを作れるのに、見た目がコワイ店長、いい人なのに、コミュ障で人とうまく話せない店員・すず。天真爛漫なたまこは、そんな二人と普通に接することで、次第にお店の雰囲気が変わっていきます。こんなお店に通いたい、そんな気持ちになれる一冊です。

※この記事は、追記・編集していく予定です。

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

¥500
¥1,500
¥10,000
¥500
¥1,500
¥10,000
¥500
¥1,500
¥10,000

またはカスタム金額を入力

¥

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する
スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください