「親や大事な人の仇に養われる・育てられる・利用される」展開がある作品特集

恩人が宿敵と言うパターン

親や、それぐらい大事な人を何者かに殺された。

犯人に復讐を誓うが、犯人が分からなかったり、力が足りない事で復讐が叶わない。

復讐者は、復讐相手と何らかの理由で一緒にいる事になってしまい、準備が整うまで共に時間を過ごす。

復讐者の準備が整ったら、事態は大きく動き出す。

この記事では、そんな「親や大事な人の仇に養われる・育てられる・利用される」と言う展開があり、それを知った後で過去に決着をつける作品を紹介していく。

仇に育てられると、戦闘マシンに育てられがちである。

A Kite/ア カイト(1998)

<内容>

女子校生と殺人請負人。まったく別の2つの顔を持つ美少女・・・砂羽。表と裏の世界を巧みに使い分ける大人たちの淫魔な呪縛から逃れられず、泥沼の世界に生きる砂羽の前に現れる一人の青年、音分利。砂羽と同じ殺人請負人として音分利との出会いが砂羽の心を揺り動かしていく。同じ性を感じながら、徐々に、そしてプラトニックに惹かれあう2人を待ち受ける運命とは・・・。

ヴィンランド・サガ(2006)

<内容>

千年期の終わり頃、あらゆる地に現れ暴虐の限りを尽くした最強の民族、ヴァイキング。そのなかにあってなお、最強と謳われた伝説の戦士が息子をひとり授かった。トルフィンと名づけられた彼は、幼くして戦場を生き場所とし、血煙の彼方に幻の大陸“ヴィンランド”を目指す!! 『プラネテス』の幸村誠が描く最強民族(ヴァイキング)叙事詩、堂々登場!

機動戦士ガンダム00(2007)

<内容>

西暦2307年。化石燃料は枯渇したが、人類はそれに変わる新たなエネルギーを手に入れていた。3本の巨大な軌道エレベーターと、それに伴う大規模な太陽光発電システム。しかし、このシステムの恩恵を得られるのは、一部の大国とその同盟国だけだった。3つの軌道エレベーターを所有する3つの超大国群。アメリカ合衆国を中心とした「ユニオン」。中国、ロシア、インドを中心とした「人類革命連盟」。ヨーロッパを中心とした「AEU」。各超大国家群は己の威信と繁栄のため、大いなるゼロサム・ゲームを続ける。そう、24世紀になっても、人類は未だ1つになりきれずにいたのだ…。そんな終わりのない戦いの世界で、「武力による戦争の根絶」を掲げる私設武装組織が現れる。モビルスーツ「ガンダム」を所有する彼らの名は、「ソレスタルビーイング」。彼らはガンダムをもって、「武力による戦争の根絶」を目指す!

擾乱 THE PRINCESS OF SNOW AND BLOOD(2021)

<内容>

独自のエネルギー源、“龍脈”を整備し、江戸時代と科学が混ざり合う、独特な発展を遂げたもう一つの日本。反体制派組織の駆除を任された、徳川政府の闇組織「鵺」の処刑人となった雪村咲羽は、家族の仇を探し続けていた…。

ゲーム・オブ・スローンズ(1996)

<内容>

TVシリーズの常識を覆し続けるHBO製作の海外TVドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」。

長年にわたり世界じゅうのファンを魅了してきた本作は、HBOが1話につき製作費約1,000万ドルともいわれる巨額を投じ、

ジョージ・R・R・マーティンのベストセラー小説「氷と炎の歌」の壮大な世界観を映像化した大人気シリーズ。

少林寺木人拳(1976)

<内容>

正体不明の賊に父を殺され、復讐を誓った聾唖の小僧が少林寺で修行を初めてから2年が過ぎた。だが、彼は未だに葛藤ばかりで実際のカンフーを教わる機会に恵まれない。そんなある日、青年は洞窟の奥に鎖で繋がれた囚人と出会い、秘かにカンフーを教わることに。

スプリガン(1989)

<内容>

超古代文明の遺産を悪しき者たちから守るべく戦う、特殊工作員「スプリガン」の御神苗優(おみなえ・ゆう)。

人気作が「保存版」として再登場!

TIGER & BUNNY(2011)

<内容>

都市シュテルンビルトは、様々な人種、民族、そして『NEXT』と呼ばれる特殊能力者が共存し、その『NEXT』能力を使って街の平和を守る『ヒーロー』が存在する街。ヒーロー達は、ヒーロースーツにスポンサーを背負って、企業のイメージアップとヒーローポイントを獲得するため、事件解決や人命救助に奔走している。ヒーローの一人、ワイルドタイガー(鏑木・T・虎徹)は、ベテランなりに土地勘、経験値を最大限に生かしたパフォーマンスを見せるが、いつしか『正義の壊し屋』という有難くない称号が。そんな虎徹が、突然新人ヒーローのバーナビー・ブルックス Jr.とコンビを組むことになる。

NOIR(2001)

<内容>

すべての過去を失った少女・夕叢霧香と、ヨーロッパの暗黒街を舞台に「裏の仕事」に生きる仕事人・ミレイユ・ブーケ。とある事件がきっかけで二人はコンビを組み、裏社会の仕事人として仕事を始めることになる。ユニットの名は「ノワール」。失った過去を取り戻す霧香の戦いが、家族の復讐を誓うミレイユの戦いが、今、始まる。

ヒッツ(2021)

<内容>

ある日、暗殺を生業にしている高校生・富田結途(トミタユズ)に謎の指令が下される。「今から会う奴を殺せ」。ところが目の前に現れたのは、“もう一人の自分”で……!?

『ハチワンダイバー』『東島丹三郎は仮面ライダーになりたい』の柴田ヨクサル原作、最新作! 僕と僕のW主人公で描かれる予測不能の殺し屋アクション・コメディ!!

平家物語(2022)

<内容>

《祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり 娑羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす》 平安末期。平家一門は、権力・武力・財力あらゆる面で栄華を極めようとしていた。亡者が見える目を持つ男・平重盛は、未来(さき)が見える目を持つ琵琶法師の少女・びわに出会い、「お前たちはじき滅びる」と予言される。 貴族社会から武家社会へ–日本が歴史的転換を果たす、激動の15年が幕を開ける。

LOOPER/ルーパー(2012)

<内容>

近未来―タイムマシンは開発されていたが、その使用は禁じられ、犯罪組織のみが利用していた。彼らは、証拠を残さず敵を消し去りたいとき、30年前に転送する。『ルーパー』と呼ばれる暗殺者の元へ―。凄腕ルーパー、ジョーの元に、ターゲットの抹殺指令が入る。それは、いつも通りの単純な仕事のはずだった。だが、送られてきたのは30年後の自分!引き金を引くことを躊躇ったジョーの不意をつき、未来から来た-自分-は街へと消えていく。「奴を殺さなければ、自分が消される!」必死に追跡する現代のジョー。ようやく未来の―自分-を追い詰めたとき、彼がこの時代へ来た、驚くべき理由が明かされる。男が過去にまで来て変えようとしているものとは?謎多き未来の独裁者『レインメーカー』とは一体―?

※この記事は、追記・編集していく予定です。

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

¥500
¥1,500
¥10,000
¥500
¥1,500
¥10,000
¥500
¥1,500
¥10,000

またはカスタム金額を入力

¥

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する
スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください