「主人公以外がタイムリープ、タイムスリップする」系作品特集

主人公自身は時間移動せず、他に時の旅人がいる物語

タイムスリップを描く場合、主人公こそタイムスリップすべきに思える。

しかし中には、主人公をタイムスリップさせず、主人公が生きる世界を最後のタイムスリップ先の世界線として描く手法が存在する。

タイムスリップ出来る相棒と行動したり、タイムスリップ出来る敵に襲われたり、最初はタイムスリップものと明かさずタイムスリップ自体をどんでん返しに使ったりと、いくつもパターンがあるが、いずれにしても主人公にとっては一発勝負に近く、武器は未来の断片的な情報と言う事。

この記事では、そんな「主人公以外がタイムリープ、タイムスリップする」タイプの作品を紹介していく。

仲間や敵だけが時間移動して事件に介入したり事件を起こす作品を扱い、過去や未来にメッセージを送る事で世界線を変えるとか、未来予知や予言、移動無く円環が成立するタイプの作品は、この記事では除外する。

別の時間軸や世界線の主人公による直接介入も、この記事では除外。

あくまでも、主人公以外が意識や肉体をタイムマシンや特殊能力によって、過去や未来に移動させて、実際に行動するタイプの作品に限る。

Vivy -Fluorite Eye’s Song-(2021)

<ストーリー>

“ニーアランド”、それは夢と希望と科学が混在したAI複合テーマパーク。史上初の自律人型AIとして生み出され、施設のAIキャストとして活動するヴィヴィは日々、歌うためにステージに立ち続ける。しかし、その人気は今ひとつだった。–「歌でみんなを幸せにすること」。自らに与えられたその使命を果たすため、いつか心を込めた歌を歌い、園内にあるメインステージに立つことを目標に歌い続けるヴィヴィ。ある日、そんなヴィヴィの元に、マツモトと名乗るAIが現れる。マツモトは自らを100年後の未来からきたAIと話し、その使命は「ヴィヴィと共に歴史を修正し、100年後に起こるAIと人間との戦争を止めること」だと明かす。果たして、異なる使命を持つ2体のAIの出会いは、どんな未来を描き直すのか。これは<私(ヴィヴィ)>が<私(AI)>を滅ぼす物語–AIの『歌姫』ヴィヴィの、百年の旅が始まる。

相棒のマツモトが過去に戻って、ヴィヴィと悲惨な未来を変える物語。

現実主義勇者の王国再建記(2014)

<内容>

現代知識で窮地の王国を再生する異世界内政ファンタジー。

たったひとりの身内である祖父を亡くした相馬一也はある日突然、異世界に勇者として召喚されてしまう。やがて、彼は傾きかけていたエルフリーデン王国を立て直していく。

実は、ある登場人物が何度もタイムリープを行った末の世界と言う仕掛けがある。

コードギアス 復活のルルーシュ(2018)

<ストーリー>

光和2年。世界は再編成された超合集国を中心にまとまり、平和な日々を謳歌していた。しかし、平和は突如として終わりを告げる。仮面の男・ゼロとして、ナナリーの難民キャンプ慰問に同行したスザクが謎のナイトメアフレームに敗れ、2人は連れ去られてしまった。シュナイゼルの密命を受け、戦士の国・ジルクスタン王国に潜入したカレン、ロイド、咲世子はそこで、謎のギアスユーザーに襲われる。そして、その場には襲撃者に“元嚮主様”と呼ばれる、C.C.が居た。かつて神聖ブリタニア帝国の大軍すらも打ち破った無敵の王国を舞台に、人々が描く願いは、希望か絶望か。果たして、ギアスのことを知るジルクスタン王宮の面々と、C.C.の思惑とは–。

ある敵が死ぬと時間が戻る。

STAR DRIVER 輝きのタクト(2010)

<内容>

日本の南方に浮かぶ緑豊かな島、南十字島。ある夜、この島の浜辺に、ツナシ・タクトというひとりの少年が辿り着いた。本土から身一つで泳いでやって来たという、この少年は、島にある南十字学園高等部へと入学。明るく前向きな性格で、アゲマキ・ワコやシンドウ・スガタら、個性豊かな学園の生徒たちと出会い、交流を深めていく。だが、この南十字学園には大きな秘密が隠されていた。地下に眠る、巨大な人型の像「サイバディ」。約20体ほどあるというこの巨大な像をめぐって、人々はみなそれぞれに秘密を抱えていた。”綺羅星十字団”を名乗る、謎の秘密結社の暗躍。巫女たちの歌声。そしてタクト自身もまた、大きな秘密を抱えていた・・・・・・。青い空と青い海に囲まれた南国の島を舞台に、恋あり夢あり友情ありの「青春の謳歌」が今、始まる。

ある人物が世界を繰り返している。

少女☆歌劇 レヴュースタァライト(2018)

<内容>

『舞台少女』–それは未来の舞台女優を目指す、キラめきに溢れた少女たち。ある日彼女たちの元に1通のメールが届く「お持ちなさい あなたの望んだその星を」輝く星を掴むべく、オーディションに集まった9人の舞台少女。光を求める思いが、執着が、運命が–舞台の上で交錯する。今、レヴューの幕があがる。

ある人物がループしている。

ジョジョの奇妙な冒険 第4部(1992)

<ストーリー>

杜王町に住む高校生、東方仗助。見かけによらず気弱な性格だが、自慢のリーゼントをけなされると途端に豹変、スタンド能力を発現させる。ジョナサンの身内という彼を訪ねた空条承太郎は、そのスタンドを目にし、仗助にそして杜王町に迫る危機を察知するが…!?

敵がスタンド能力で、縛りこそあるが時を戻してくる。

ターミネーター(1984)

<ストーリー>

1984年のロサンゼルスに突如、1人の男が出現。彼は2029年からやってきた“ターミネーター”。未来の地球では、人工知能スカイネットが覇権を握り、人間は絶滅の危機に瀕していた。ところが、ジョン・コナーが人類のリーダーとなって巻き返しを図り、これに危機感を抱いたスカイネットがジョンの存在を無きものにしようと画策。ターミネーターをジョンが生まれる前の世界に送り込み、彼の母親を抹殺しようとしたのだ…。

敵と相棒がタイムスリップしてくるタイプ。

以降のシリーズも、似た様な構成。

DRAGON BALL/ドラゴンボール(1985)

<ストーリー>

山奥に住む怪力で、メチャクチャ元気な孫悟空。ある日悟空は、七つ揃うとどんな願いも叶うという、ドラゴンボールを探すブルマに出会う。彼女とともに、悟空もハラハラドキドキの旅へ出発する!

人造人間編でタイムマシンが登場し、敵と仲間がタイムスリップしてくる。

魔法少女まどか☆マギカ(2011)

<ストーリー>

大好きな家族がいて、親友がいて、時には笑い、時には泣く、そんなどこにでもある日常。市立見滝原中学校に通う、普通の中学二年生・鹿目まどかも、そんな日常の中で暮らす一人。ある日、彼女に不思議な出会いが訪れる。この出会いは偶然なのか、必然なのか、彼女はまだ知らない。それは、彼女の運命を変えてしまうような出会い–それは、新たなる魔法少女物語の始まり–

劇中で、当初ほむらだけが時間干渉が可能な設定。

※この記事は、追記・編集していく予定です。

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

¥500
¥1,500
¥10,000
¥500
¥1,500
¥10,000
¥500
¥1,500
¥10,000

またはカスタム金額を入力

¥

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する
スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。