「子供服」の描き方本特集

すぐに着れなくなる期間限定の服

子供の服と聞くと、どの様なイメージを持つだろうか?

細かい話をすると、まず子供と言う概念が文化的に見ると様々で、その辺の定義から必要になるが、一般的なイメージで構わない。

現代社会の多くは、一般的に子供は肉体的未成熟な個体を指し、文化によって年齢、肉体成長度合い、生殖機能の解放、何らかの基準で子供を定義している。

その上で、子供の肉体的なサイズや、時期・期間的意味に合わせて文化によって服がおおよそで決まっていく。

例えば、乳幼児を柔らかい布で包み込むだけの事もあれば、オムツの世話をし易い股下がボタンで留められただけの機能的な服もあるだろうし、可愛さに全て振った着ぐるみの様な服もあるだろうし、裸同然や、前掛けのみとか、ズボン部分に排泄用の穴があるみたいな服だってある。

少し子供の身体が大きくなれば、大人用の服と同じ様な作りの服の、大人服のスモール版と言った、子供に合わせたサイズの服を着せる事もあるし、大人用の服を折ったり縫って丈を詰め子供に合わせて無理やり着せる事もある。

いずれにしても言える事は、子供は刻一刻と成長していくので、一つの服を長く着る事が非常に難しいと言う事だ。

そこで、予め大きめの服を調整して着たり、大量の服を用意したり、似た状況の人達で服を融通しあったり、次々売っては買ってを繰り返して変えていったりで、常にサイズが合った着れる服を用意し続けなければならない。

期間限定の服と言う事は、体格にピッタリで好みの服を持つと言う事は、実は、贅沢と言う風に考える事も出来る。

そう考えてみると、小さいサイズながら大人の服よりもコストパフォーマンスが圧倒的に悪いわけだ。

しかし、コスパが悪いとしても子供に服を着せる大人の事情を考えると、物質的や金銭的に余裕があるなら、子供の可愛い時期にしか似合わない服を着せてやりたくなったり、着せ替え人形や写真映えする被写体として、思い出を残したり遊びたくなるのも自然だ。

そんな子供服だが、文化や年代によっても変わって来るし、親や保護者の属性や、置かれた環境でも変わって来る。

形状も、大人の服を単純に小さくするわけでは無く、子供の体格に合わせて作られるし、服のデザインや描かれる文字、絵などのモチーフも、子供ならではの物が選ばれ、大人の服とは違う。

この記事では、そんな「子供服」を描く際に役立つ書籍を紹介していく。

かわいい洋服の描き方 女子小学生編(2021)

<内容>

女子小学生の洋服や小物、身の回り品を描く絵を描く人やイラストレーターのための洋服デザイン本です。

春夏秋冬、季節のイベントや出来事に合わせた洋服デザインをたっぷり88点掲載しています。部分の細かいポイントも詳細に解説します。
加えて小学生ならではの制服デザインを季節別で8点、合計96点を収録。

身の回りの小物やアクセサリー、髪型のバリエーションも豊富掲載しています。この1冊があれば絵を描く時にコーディネイトの組み合わせに困りません。

【Contents】
Part1:Spring 始業式コーデ/授業の日コーデ/遠足コーデ/いちご狩りコーデ…more
Part2:Summer プールの日コーデ/夏祭りコーデ/雨の日コーデ/みんなで宿題コーデ…more
Part3:Autumn ハロウィンコーデ/美術館Dayコーデ/図書館コーデ/お月見コーデ…more
Part4:Winter 雪遊びコーデ/初詣コーデ/みんなでチョコ作りコーデ/卒業式コーデ…more
Part5:School セーラー夏服コーデ/セーラー冬服コーデ/ブレザー夏服コーデ/ブレザー冬服コーデ

ほか、表紙イラストメイキングや著者・もかろーるのインタビューもたっぷり掲載。

こども服の歴史(2016)

<内容>

こども服に関する詳細な記録だけでなく、各時代のこども観、教育観、さらには各時代の社会のあり方まで
洞察を極める。19世紀後期の学校教育の発展とこども服の変化、20世紀の消費社会とこども服との関連等は
類書になく、貴重。イギリスで1977年に刊行された 『History of Children’s Costume』 を翻訳。

世界の愛らしい子ども民族衣装(2016)

<内容>

世界の子どもたちがどんな服を着ているのかご存知ですか?
民族衣装を着る文化が薄れつつある現代ですが、
それでもやっぱり、世界の人びとはいろんな服を着ています。
普段着として着られているものもあれば、お祭りのときだけ着るもの、
現代風に大胆にアレンジされたものなど、親しまれ方は多様化しつつ、
今なお大切に受け継がれているのです。

本書は、民族衣装の本の中でも珍しい、世界中の「子ども」の民族衣装の写真集です。
日本をはじめ、アジア、ヨーロッパ、アフリカ、アメリカ大陸、オセアニアといった
世界の全地域を網羅し、子どもたちの民族衣装姿の写真全131点、
88カ国分を収めた、充実した内容になっています。

写真全点に詳細な解説文・データが掲載されているほか、
民族衣装を楽しむために知っておきたい情報の解説ページもあり、
目で見ても読んでみても楽しい写真集です。
色鮮やかな衣装に身を包んだ子どもたちのかわいい姿は、
民族衣装好きでなくとも必見です。
ファッションやデザインに興味のある人にもおすすめしたい一冊です。

ファッションイラストレーション―子どもの描き方(1990)

<内容>

本書では、子どもの顔の描き方より、プロポーション、着装まで、だれにでも解りやすく描くことができるようにまとめてあります。テクニック編では、鉛筆、水彩、ポスターカラー、パステル、マーカーなどの画材による色の塗り方(活かし方)を解説し、素材の描き方では、ニット、毛皮、バックスキン、ベルベットなど、詳細に手法を図解しています。

※この記事は、追記・編集していく予定です。

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

¥500
¥1,500
¥10,000
¥500
¥1,500
¥10,000
¥500
¥1,500
¥10,000

またはカスタム金額を入力

¥

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する
スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。