「ラップ、ラッパー」モチーフ作品特集

リリックにのせて

リリックとは歌詞等の意味がある。

フリースタイル、バトル、即興と、独特な文化が目に付く「ラップ」と言う音楽文化。

音で意味で韻を踏むセンスは、頭の回転の速さや多彩な語彙力を求められる。

この記事では、そんな「ラップ、ラッパー」をモチーフにした作品を紹介していく。

“「ラップ、ラッパー」モチーフ作品特集” の続きを読む
スポンサーリンク

「クラブDJ、バンドDJ、ターンテーブリスト」モチーフ作品特集

grayscale photography of person using dj controller

ミキシング、スクラッチ、ジャグリング!

シーンに合わせて機械を操作して曲を操る「DJ」。

ターンテーブルでレコードを巧みな技で動かし、音楽を操る姿はムードも相まってカッコいい。

この記事では、ラジオパーソナリティと言う意味でのDJを除く、そんな「DJ」をモチーフとした作品を紹介していく。

“「クラブDJ、バンドDJ、ターンテーブリスト」モチーフ作品特集” の続きを読む
スポンサーリンク

「バンド」モチーフ作品特集

響き合うハーモニーが力になる

一人では出せない音がある。

一人では表現できない音楽がある。

この記事では、複数人で調和のとれた一つの音楽を演奏する事を目的に結成されるチームである「バンド」をモチーフにした作品を紹介していく。

※関連記事

“「バンド」モチーフ作品特集” の続きを読む

「骨」モチーフ作品特集

生物を支え、形作るモノ

骨にはロマンがある。

命が尽きて身体が朽ちても最後まで残るのが骨だ。

化石になれば遠い未来まで形が保持される。

骨格のシルエットから人は生前を想像したり、死を連想したり、時には死者を想い弔う。

この記事では、そんな「骨」をモチーフにした作品を紹介していく。

“「骨」モチーフ作品特集” の続きを読む

「霧・瘴気」作品特集

世界を包む脅威

低い位置に発生する雲である「霧」は、条件さえ整えば様々な場所で発生する。

夏場は人工ミストによって気温を下げる冷房もあるし、山では良く発生するので身近な人も多いかもしれない。

しかし、あまりにも濃く広範囲に霧が立ち込めると、視界が奪われ身動きがとり辛くなる行動の制限となる。

更に、瘴気と呼ばれる毒素を含む霧が発生すれば、立ち入る事自体が難しくなる。

これは、物語の舞台装置としては、とても有効だ。

この記事では、そんな「霧・瘴気」が登場する作品を紹介していく。

“「霧・瘴気」作品特集” の続きを読む

「身近な神様」作品特集

神様が隣人?

唯一神教、多神教、歴史ある宗教もあればカルトや信仰宗教まで形は様々。

教義も戒律もバラバラだが、それでも共通している点として「神」は特別で、どんなに親しみがあっても「遠い」存在と言う事だ。

生きていては会えなかったり、会えても偉くて格が違う。

「神」とは、世界の全てや一部の概念を司る、偉大な存在である事が前提だ。

唯一神は世界を司り、八百万の神々は個別の概念を司る。

そんな「神」と言う存在が、もしも身近だったり、神その物になってしまったら?

この記事では、そんな「身近な神様」をテーマに持った作品を紹介していく。

“「身近な神様」作品特集” の続きを読む

「宝石・貴金属・鉱石」モチーフ作品特集

レアな石は、人を引き付ける

金、銀、プラチナ、ダイアモンド、ルビー、サファイア、etc……

見た目の美しさ、金銭的価値、利用価値、歴史的価値、コレクション性。

宝石は、どうしようもなく昔から人を魅了してきた。

この記事では、そんな「宝石・貴金属、鉱石」をモチーフとした作品を紹介していく。

“「宝石・貴金属・鉱石」モチーフ作品特集” の続きを読む

「孤独との戦い」作品特集

silhouette of a person on a swing

自分と語るか、妄想と語らうか

人間は、社会的な生き物だ。

一人になりたい時があったとしても、それは一時的な事。

完全孤独に生きる事は難しく、望まない形で孤独を強いられると精神的に大きなストレスとなる。

この記事では、「望まぬ孤独」と言う極限状態をテーマにした作品を紹介していく。

“「孤独との戦い」作品特集” の続きを読む

「死者蘇生」モチーフ作品特集

portrait photo of a skeleton in sunglasses and wig

「生き返る」不自然の代償は?

死んだら生き物は、生き返らない。

そこには不可逆性があり、だからこそ奇跡であり、時にロマンも感じる。

でも、もし人が人を、人為的に蘇らせる事が出来たら?

どうやら、フィクションの世界では相応の代償を払わされる様だ。

この記事では、そんな「死者蘇生」をテーマとした作品を紹介していく。

“「死者蘇生」モチーフ作品特集” の続きを読む

「リミッター解除・限界突破の機能・能力」が登場する作品特集

black and gray car instrument panel cluster

制御こそ出来るが反動が凄い力

「暴走」と並んでロマン溢れる設定に「リミッター解除」がある。

肉体や機体の限界を超えた性能を開放する代わりに、使用に伴って「痛み」「能力の喪失」「肉体の欠損」「昏睡、休眠」等の大きなペナルティを受けると言う物だ。

使うと絶対に酷い事になるが、それでも使わないとならない状況と、使う決意に燃えるわけだ。

この記事では、そんな「リミッター解除」や「限界突破」の機能や能力が登場する作品を紹介していく。

“「リミッター解除・限界突破の機能・能力」が登場する作品特集” の続きを読む