「臨時の人格の方が良いヤツ」系キャラクター登場作品特集

smile made of ripe fruits

主人格じゃない方が魅力的?

多重人格や重度の記憶喪失で生まれる、新しい人格。

もし、新しい人格の方が良いヤツだった時、正常な状態に戻って欲しいと思えるだろうか?

元の人格がどうしようもない人格であれば、このまま戻らないのも良いかもと思ってしまうなんて事も。

この記事では、そんな「臨時の人格の方が良いヤツ」と言う状況が発生する作品を紹介していく。

パターンとしては、

  • 臨時の人格が主人格になり替わる
  • 臨時の人格が残した物が、残された人達を助ける

と言う風に、臨時の人格がいたからこそ、劇中の問題が解決する展開が王道だろう。

“「臨時の人格の方が良いヤツ」系キャラクター登場作品特集” の続きを読む
スポンサーリンク

「映画」モチーフ作品特集

person holding black and white card

制作、視聴、感想、どれも楽しい!

1893年にトーマス・エジソンが1人でのぞき込んで楽しむキネトスコープを発明した。

1895年にフランスのリュミエール兄弟がスクリーンに動く写真を投影して公開した。

こうして始まった映画は、最初、音も色も存在しなかった。

1900年代には色を付けようと人々は工夫したが上手く行かなかった。

1916年に二原色式テクニカラーが開発されるが、色彩再現力が不完全で定着しなかった。

1920年代に入ると、トーキーが登場し、自然な色よりも早く絵と音が同期する作品が現れる。

1932年にようやく、二原色式テクニカラーの欠点を克服した三原色式テクニカラーが開発され映画は色を獲得し、以降はモノクロ映画の数が減っていったが、カラー映画が主役になるのは1970年代に入ってからだった。

この記事では、そんな割と新しいメディアである「映画」をテーマとして扱った作品を紹介していく。

“「映画」モチーフ作品特集” の続きを読む
スポンサーリンク

「小さな宇宙人」登場作品特集

decorative alien character near disposable glass and box

スケールの違う異星人

「人」のスケールが、宇宙全てで地球人基準こそスタンダードとは限らない。

スターウォーズやスタートレックを見ていると、そう言う「そもそも」を忘れてしまう事がある。

もし、遭遇する宇宙人が地球人に比べて小さかったら?

この記事では、そんな「小さな宇宙人」が登場する作品を紹介していく。

“「小さな宇宙人」登場作品特集” の続きを読む

「風呂、銭湯、温泉、サウナ」モチーフ作品特集

white ceramic sink with faucet

体と心を癒す場所

天然の温泉には野生の動物も入りに来る事から分かる通り、暖かいお湯に浸かる事は肉体と精神に何らかの作用をもたらす。

温度だけでなく、ミネラルが含まれた天然温泉にもなれば様々な効能が期待出来、質の良い温泉が湧く場所には湯治場が出来て栄えさえする。

様々な形態の風呂、文化毎のマナーの違い、歴史、語れる事は非常に多く、掘り下げればどれも面白い。

そんな深い観点だけでなく、創作において風呂は、特別な意味を持つ事もある。

風呂を舞台にすると言う事は、自然な形で裸体を描く事になる。

なので、いわゆる「水着回」と同じ様に「お風呂回」と呼ばれる読者視・聴者へのサービス回の舞台となりがちだったりもする。

この記事では、そんな「風呂」等をテーマに据えた作品を紹介していく。

“「風呂、銭湯、温泉、サウナ」モチーフ作品特集” の続きを読む

「偽札」モチーフ作品特集

grey metal case of hundred dollar bills

通貨偽造と言う重罪

通貨偽造は、めちゃくちゃ罪が重い。

それは、その性質上、場合によって通貨の信用を貶め、最悪の場合には国家転覆へと繋がる可能性があるからだ。

なので、コピー機には紙幣を複製出来ない様にコピーガードがあるし、玩具のお金は一目見て偽物と必ず分かる様に作られている。

もし偽札を作ったり使ったりすれば、懲役で3年以上、下手をすると無期懲役と言った重い罰を受ける事になる。

なので、現実だと、偽札を作ってもバレない自信がある人や、金も技術もある犯罪組織、あるいは他国を攻撃しつつ外貨獲得を目論む国家が行うか、罪の重さを知らないが行動力があるバカな人が手を染める事が多い。

しかし、フィクションの世界では、偽札は一転、魅力的なモチーフとなる。

きっと考えた事がある人は多い筈だ。

楽にお金を沢山手に入れたい。

自分がお金を作れれば無限に手に入るのに、と。

この記事では、そんな「偽札」をテーマに据えた作品を紹介していく。

“「偽札」モチーフ作品特集” の続きを読む

「プラモデル、模型」モチーフ作品特集

modern toy robot on bright shelf near wall

組み立てる喜び

特定のモチーフを精巧に、数分の1と言うサイズに縮小した組み立て式の模型。

組み立てるだけでも、徐々に形が出来上がっていくのが楽しい。

色を塗り替えてもオリジナリティが出せて楽しい。

パーツを組み替えたり、改造したり、ポーズを取らせて撮影したり、完成品で遊んでも、他人の作品を眺めても、何をしても楽しい。

そんな「プラモデル」や「模型」をテーマに据えた作品を、この記事では紹介していく。

“「プラモデル、模型」モチーフ作品特集” の続きを読む

「コスプレ」モチーフ作品特集

close up of row

見た目を真似る喜びと面白さ

有名人のファッションを真似る様に、特徴的外見の職業や架空の存在の恰好を真似る行為、コスプレ。

見た目を好きな存在に寄せるだけで、人は幸せになり、時に行動の変化にさえ繋がる。

人は見た目だけでは無い。

だが、見た目も人の重要な要素である。

人は見た目を変える事で、それを自覚する事で内面にまで影響を受けて変化する。

この記事では、そんな「コスプレ」と言う行為をテーマに扱った作品を紹介していく。

“「コスプレ」モチーフ作品特集” の続きを読む

「起業、開発、新規事業」モチーフ作品特集

marketing exit technology business

新しい事を始める人々

新しく何かをするのは、大変な事だ。

全く新しい事は理解されないし、既存の物なら先行者が有利となる。

それでも果敢に0を1に、1を100にする為に、人々は苦労し、工夫し、時に争い、競い合う。

どうやって立ち上がりを軌道に乗せたのか、ボトルネックをどうやって超えたのか、そう言った苦労話は、誰もが興味があるし、多くの人が共感出来る。

この記事では、そんな「起業」や「製品開発」とか「新規事業立ち上げ」等をテーマとして描いた作品を紹介していく。

“「起業、開発、新規事業」モチーフ作品特集” の続きを読む

「だるま」モチーフ作品特集

set of daruma dolls in market

元はインドの仏教僧だったが

達磨は、元々はインドの仏教僧の菩提達磨の事で、他に達磨祖師、達磨大師等と呼ばれる凄い人だ。

達磨の坐禅姿を模した日本の置物が「だるま」と言う、お馴染みの奴である。

要は、お坊さんをキャラクター化した姿であり、縁起物としても定着していて、大勝負に勝ったら目を入れる等の風習も存在する。

人形のだるまは、そのデフォルメされた特異な見た目から、似た形状の物も「だるま」と呼ぶ事になる。

雪だるまが代表的だが、四肢欠損状態の人の事を指す事もある。

この記事では、そんな広義の意味で「だるま」をテーマにした作品を紹介していく。

“「だるま」モチーフ作品特集” の続きを読む

「埴輪、土偶」モチーフ作品特集

古代に作られた土焼き人形

宗教的なシンボルなのか、人形や飾りの類なのか、正確な事は分からず予想するしかない。

日本では、縄文時代や古墳時代に作られたが、似た様な人形自体は世界中に存在する。

この記事では、そんな「ハニワ」や「ドグウ」がテーマに使われた作品を紹介していく。

“「埴輪、土偶」モチーフ作品特集” の続きを読む