果たしてゲームにストーリーは必要なのか?

そもそもストーリーは必要か?

あなたが、ゲームで大事だと思う要素は何でしょう?

ストーリー、キャラクター、グラフィック、サウンド、ゲームシステム……

様々な要素があると思います。

ジャンルによっても、何が優先されるかで違ってきます。

ですが、

ゲーム業界の人と仕事をしていると、

  • 「ストーリーはゲームに必ずしも必要では無いよね」

と言う意見を、よく聞きます。

プロのゲームクリエイターが、そう言うのだから、

  • 「あった方が良いが、絶対に必要とは言えない」

程度の要素に思えるかもしれません。

  • 「RPGやアドベンチャーゲーム等では必要だが、パズル・レース・カード・ボードゲーム等には必要が無いじゃない」

と説明されれば、その意見は増々正しく思えてきます。

多くのシナリオや脚本を担当したストーリーテラーが、ゲーム業界の中でそうやって説得され、ゲームを彩る飾り物の様な扱いを長年受けて来ました。

ですがストーリーとは、本来は「ゲームに置いて、必要不可欠な要素と断言して良いもの」なんです。

ゲームにストーリーが必要無いと言っている人は「ゲーム」か「ストーリー」のどちらかを、恐らく深く理解出来ていません。

今回は、ストーリーがゲームに置いて「どうして必要なのか」の説明をします。

Read more
スポンサーリンク

【知らない創作者必読!】模倣の定義と法則、オリジナリティの生み出し方

無から有を生み出せるか否か

今まで何回も様々な場所でこすり倒されてきたテーマだが、創作を扱う以上触れない訳にはいかないテーマでもある。

最初に結論を書くと、「模倣」無くして創作は、絶対にあり得ない。

無の状態から有を生み出せる人は、そもそも「無の定義」を間違えている。

情報・思考・自然物・人工物、必ずベースとなる「何か」があって、それを模倣する事で「創作」は行われる。

つまり「模倣」しない事には、何も出来ない。

だが、この世には「オリジナル」と言う考えがある。

「模倣」無くして何もないのに「オリジナル」とは、何を指すのだろうか?

Read more