キャラクターの男女による内面の描き分け方について

two person holding pinkies

男性的&女性的と感じる言動の正体

創作者がキャラクターを描く時、性別による「思考のクセ」がキャラクターに宿る事がある。

それが、性別の持つ固有の一般的なイメージとマッチし、描いているキャラクターの性別とミスマッチを起こしていると、そこにギャップが発生する。

男性キャラクターなのに女性的な雰囲気を感じたり、女性キャラクターなのに男性的な雰囲気を感じる等だ。

これは、異性からすると、独特の気持ち悪さが発生する原因となる。

女性的な男性キャラクターを男性が見て、中身が女性にしか思えない言動に対して、性同一性障害とも違う違和感を覚えたり、男性的な女性キャラクターを女性が見て、中身が男性にしか思えない言動に対して、同じように感じる。

そして「現実にこんな奴いないし、気持ち悪い」となる。

この現象自体は、対象性別のターゲット層が違和感を大きく感じなければ、気にする必要は無い。

男性が男性の為に作る美少女作品や、女性が女性の為に作る美男子作品が、良い例だ。

だが、もし、男女に見て貰っても違和感が無い、作者の性別がキャラクターの描き方からでは分かりにくい作品を作りたいと思った時、どうすれば良いのか?

どの様な「思考のクセ」が、性別固有の一般的なイメージを、見る人に持たせてしまうのだろうか?

今回は、その事について解説していく。

“キャラクターの男女による内面の描き分け方について” の続きを読む
スポンサーリンク

登場人物が勝手に動く状態が大事と言う話

photo of people having dinner together

キャラが意思を持つ意味

物語を紡いでいく際、登場人物が勝手に動くと言う感覚は、かなり重要な意味を持つ。

今回は、その重要性を説明する。

“登場人物が勝手に動く状態が大事と言う話” の続きを読む
スポンサーリンク

勝負の勝ち方について。敵を追い詰める方法を解説

arachnid artistic blur bokeh

敵を追い詰める、良い方法

そもそも人を追い詰めて、良い事の方が少ない。

みんな仲良く、平和で楽しく。

そう言っていられる世の中であって欲しいし、そうであるに越したことは無い。

だが、世の中には、どうにも合わない人と言うのが、誰しも存在する物だ。

出来るなら、関わらない事が平和的で良い。

しかし、時として戦わなければならない事がある。

戦うだけなら、まだ良い。

攻撃を受けて、自分が被害者となってしまう様な事も、現実では少なくない。

その様な状況では、どうにかして敵と戦う必要が出てくる。

戦わなければ負けてしまう。

負けとは、大事な物を失った状態で区切りを付けられてしまう事だ。

力の強さや立場によって、どう考えても勝て無さそうに感じる相手が敵と言う事もあるだろう。

そんな時、泣き寝入りをするか、戦うかを選ぶ必要が出てくる。

もし、戦って勝つつもりなら、相手を徹底的に追い詰める必要がある。

では、敵と認定した相手を追い詰めるには、どうすれば良いだろうか?

“勝負の勝ち方について。敵を追い詰める方法を解説” の続きを読む

ログラインを掴む為の考え方【行動平均化法】

compass on hand

ログラインは、こうして掴み取れぃえっ‼

ログラインは、

  • 誰が
  • 葛藤や皮肉を感じる
  • どういう状況で
  • 何をする

と言う視点で見れば、判別出来る。

だが、である。

誰が、は分かる。

主人公だ。

葛藤や皮肉を感じる、どういう状況で、何をするか?

は?

と言う人は、結構いるだろう。

主人公が向き合う問題とか、問題解決行動の”一個一個具体的な物は分かるが、一つに絞れない”なんて状況は、きっと珍しくない。

そこで、今回は、そこを掴む為の考え方を、簡単に説明する。

“ログラインを掴む為の考え方【行動平均化法】” の続きを読む

美談とは何か?

person standing in front of a train

美談の正体

美談とは、現実世界で時々聞く言葉だ。

主に、実際に存在する誰かのエピソードとして語られる。

そのエピソードに対して、美醜で評価をつけた物と言うわけだ。

しかし、美しい見た目でも美談が無い人もいれば、特別美しくないのに数多くの美談を持つ人もいる。

つまり、美談とはエピソードの美しさであり、登場人物の美しさとは関係が無いと言う事だ。

では、美談が多い人と、少ない人、あるいは、まるで存在しない人の差は、どこで現れるのだろうか?

“美談とは何か?” の続きを読む

【動かないぞ!】行動しない主人公の描き方について【働きたくないでござる!】

black android smartphone on top of white book

主人公に行動させないで、物語を面白くするには?

物語とは、主人公が問題を解決する行動を描く物だ。

だが、行動力のあるアクティブな主人公を描きたい人ばかりでは無いだろう。

そこで今回は、行動力が高くない主人公が登場する物語を描く方法をいくつか紹介する。

“【動かないぞ!】行動しない主人公の描き方について【働きたくないでござる!】” の続きを読む

物語と登場人物の相性について

casual cute female friends

ストーリーとキャラクターのマッチング問題

ストーリーの上で活躍するキャラクター達。

ストーリーも、キャラクターも、そのデザインは無限大で、そこに不正解は無い。

しかし、不正解こそ無い物の、そこには確かに向き不向きが存在する。

つまり、ストーリーもキャラクターも作るのは自由だが、それが合わさった時に相性の良し悪しは、存在するわけだ。

今回は、そんな相性問題を簡単に説明する。

“物語と登場人物の相性について” の続きを読む

ちゃんと比較を出来ないと、例え話も出来ないと言う話

sushi on brown wooden board

比べる物を揃えよう

前にTwitterで「握り寿司のネタだけを食べてシャリを残す」的な発言をした人がいて、そこから論争が起きた事があった。

その際、わりとみんな、それが許されるかマナー違反かで分かれていた。

私の感覚から言えば、マナー違反に思える。

寿司を頼まず、刺身で食べればシャリの食品ロスが減らせるというのが理由だ。

その際、刺身で頼む事が難しい事なら、寿司で頼まざるを得ない事もあるかも知れないが、そんなことは無い。

シャリ少な目とか、刺身として注文とか、いくらでもやり方がある。

ハードルも高くないのに、それをせず金を払っているから良いだろ論法でシャリを残すのは、心象としては良くない。

で、そんな議論の中で、寿司をラーメンに例えて反論している人とかがいて、それが面白かった。

「ラーメンのスープを残すのと、寿司のシャリを残すのは同じ事。だから問題が無い」

なるほど。

例え話が下手か、と。

“ちゃんと比較を出来ないと、例え話も出来ないと言う話” の続きを読む