差別とは何か?

差別の定義

差別とは、一種の文明病である。

一人では発生しないし、二人では発生したとしても解消が容易だ。

つまり、「人類の人口増加」が第一に差別を生んでいる原因と言える。

第二の原因は、生物の認知機能にある。

経験によって生物は、「判断を効率化」する為に「思考のショートカット」を形成する。

例えば、目の前に突然ライオンや、刃物を持った人が現れたら?

大抵の人は「危険」と判断する。

これは、事前に思考のショートカットが出来ている為に出来る、危機回避機能が働くが故に出来る芸当だ。

この認知による危機回避機能が、過剰に働く結果、起きるのが「思い込み」だ。

そして、この思い込みが、差別を生み出す。

実態では無く、事前情報によって形成された思い込みが、差別に繋がるのだ。

Read more
スポンサーリンク
広告

あらゆる物は構造のパターンで出来ている【宇宙の歴史から】

世界はワンパターンで面白い

世界はパターンで出来ている。

世界のパターンが分かれば、世界の法則が分かり、それは理屈が分からない人にとって魔法の様な物だ。

繰り返されるパターンが分かれば、未来のパターンも見えてくる。

毎回違うのに、全てがワンパターンで形作られている。

面白いと思わない?

Read more

【習う?】脚本講座と独学のどちらが良いか【独学?】

大事なのは、何が「あなた」に合っているか

結論から言うと、脚本講座には、意味があります

ですが、その価値の大きさは人によって大きく変わってきます

その為、人によっては「学校・スクール・講座・セミナー」に通うよりも、遥かに「独学」の方が効率や費用対効果が大きくなる場合があります。

この記事では、なぜそうなるのか、どうすれば良いのか、どちらを選べば良いのかを解説いたします。

Read more

キャラクター要素【キャリア】

キャラクターのキャリア情報

キャラクターは、

  • パーソナル情報
  • フィジカル情報
  • メンタル情報
  • キャリア情報

の4要素を満たすほどに、ディティールの細かいキャラクターの創造が出来ます。

の記事で説明していますが、今回はその中で「キャリア情報」に絞って説明します。

Read more

なぜ正論は求められないのか?

正論に足りない視点

正論ほど「正しい」のに、他人に求められない物は無いかもしれません。

正論は、基本的には正しい物です。

なのに、なぜ煩わしく、時に人を不快にするのでしょうか?

今回は、正論が何故「ダメ」なのかと、正しい使い所を説明します。

Read more

「自己責任」を問うなら「環境責任」が常にセットと言う話

自己と環境、責任の所在

自己責任とは嫌な響きの言葉だ。

だが、元々自己責任に嫌な意味合いは含まれていない。

歪めて使われるうちに、今の様なイメージが染みついたのだ。

自己責任とは「自己の判断によって生じる責任」だ。

関連記事に責任と功績のあり方とは?があり、参考にして欲しいが、要は責任とは言ってしまえば「問題の解決まで面倒を見る事」である。

つまり、自己責任とは「自分の判断で生じた解決すべき問題を最後まで面倒みる事」となる。

だが、自己責任を考える際、自己責任だけで話を終わらせる事は、重要な要素が抜け落ちる事に繋がる。

それは、人が環境に左右されると言う大前提で生きているからだ。

「自己責任」を語るには、同時に「環境責任」の話もする必要がある。

Read more

キャラクター要素【メンタル】

キャラクターのメンタル情報

キャラクターは、

  • パーソナル情報
  • フィジカル情報
  • メンタル情報
  • キャリア情報

の4要素を満たすほどに、ディティールの細かいキャラクターの創造が出来ます。

の記事で説明していますが、今回はその中で「メンタル情報」に絞って説明します。

Read more