「自然と不自然」の使い分けが大事と言う話

fresh unpeeled lemon flying under wooden table

自然と不自然の重要性

創作する上で自然や不自然な表現は、基本的かつ、かなり大事な要素となる。

今回は、その事を話して行こうと思う。

“「自然と不自然」の使い分けが大事と言う話” の続きを読む
スポンサーリンク

【天才の創作法】「自分の外にある、この世にまだない面白いを探す/庵野秀明」

clear light bulb placed on chalkboard

天才の真似は出来ない?

2021年3月22日、NHK放送の人気番組「プロフェッショナル仕事の流儀」のスペシャルにて、シン・エヴァンゲリオン劇場版、シン・ゴジラそして、シン・ウルトラマンを手掛ける庵野秀明監督の特集がされた。

シン・エヴァンゲリオン劇場版を作るのに密着する4年の中で、絵コンテを使わずに、セットや模型を使ってカメラで面白い画を探しながらプレビズ(Pre Visualization)を作る手法にチャレンジする姿が記録されたりと、非常に濃密な72分だった。

見ていて感じたのは、面白い作品を作ろうと向き合う姿勢の凄まじさだ。

その基本は非常にアーティスティックなのに、あくまでも作る作品は一級のエンタメを目指すクリエイター的な物も両立させようと、今なお足掻き続けている監督の創作者としてのハングリーさは、凄いの一言だ。

使い慣れた創作法を自ら封じてまで、全く新しい物を生み出す為に工夫を凝らしいく姿勢は、人によっては理解し辛いかもしれない。

そこで、「天才」なんて表現をすると、それだけで当人には怒られてしまいそうだが、少なくとも世間的には天才と思われている可能性が高い、凄いクリエイターが創作する時に使った手法や考え方を、あくまでも外から分かる範囲や本人達のインタビュー等を参考にして、紹介していきたい。

今回は、庵野秀明監督だ。

“【天才の創作法】「自分の外にある、この世にまだない面白いを探す/庵野秀明」” の続きを読む
スポンサーリンク

シナリオの書き方「悪人を騙す/悪人が騙される物語」の脚本構造を紹介!

「悪人を騙す/悪人が騙される物語」とは?

ここでは「悪人を騙す/悪人が騙される物語」をテーマにした物語を解説します。

主人公が悪人を罠にハメて騙す、その裏には、敵に罠にハメられて騙される悪党主人公がいる。

そんな、表裏一体な面がある、面白い形式の物語です。

この形式の物語は、構造カテゴリーで別の言い方をするならば「使命を果たす為、禁忌を破る物語」が、悪人を騙す物語で、人生の岐路に立って、謎を解く物語」が悪人が騙される物語となります。

“シナリオの書き方「悪人を騙す/悪人が騙される物語」の脚本構造を紹介!” の続きを読む

【千と千尋の神隠しにルンペルシュチルツヒェンがなるまで】昔話を利用した物語創作・その1【設定スライド】

wooden doll

昔話の構造利用

パラダイムで見る昔話「 ルンペルシュチルツヒェン」等【名前当て勝負】の記事で、軽く触れた遠く離れた同構造の物語。

「ルンペルシュチルツヒェン」を「千と千尋の神隠し」にになるまで設定を変えていく流れを実験的にやってみる。

一応だが断っておくと、「千と千尋の神隠し」が本当にこうやって作られたなんて事は、まず無いだろう。

あくまでも、昔話をヒントにして、どうやって全く別の作品を形成してくのか、その考え方を見て行きつつ、そのゴールに「千と千尋の神隠し」を持ってきただけと考えて貰いたい。

“【千と千尋の神隠しにルンペルシュチルツヒェンがなるまで】昔話を利用した物語創作・その1【設定スライド】” の続きを読む

イジメの原因、対処の仕方、無くし方について

人類が向き合うべき弱さ

「イジメ」は、有史以前より人類を蝕んできた物だ。

今回は、イジメが、どうして起きて、どうすれば対処出来て、どうすれば無くせるかを解説していく。

創作だけでなく、実際の役に立っても幸いだ。

“イジメの原因、対処の仕方、無くし方について” の続きを読む

対話で結論が出ない問題と、その解決の仕方を解説

photo of people doing handshakes

対話だけでは、全ての問題を解決出来ない

正義とは何か?と言う記事で以前、正義は相手とのコミュニケーションが「絶対条件」に入ると言う話をした事がある。

立場が違えば正義が違う事がある為、「対話」が前提として正義には必要になると言う事だ。

で、対話をする場合、人の数だけ意見があり、その中には綺麗な答えが出ない話題もある。

そう言う場合、対話で結論が出せない問題の、結論の出し方について今回は話をしていこうと思う。

対話する姿勢は正義だが、対話で答えを出そうとすることが正しいとは限らないと言う話だ。

“対話で結論が出ない問題と、その解決の仕方を解説” の続きを読む

【なろう系】「追放モノ」の設定の考え方について

silhouette photo of man throw paper plane

追放モノの条件

「小説家になろう」を中心としたweb小説を中心に、大量に作られた事で一大ジャンルとなっている「追放モノ」。

概要としては、

  • 主人公の有能さに気付かない人々の手で
  • コミュニティを追放された主人公が
  • 別のコミュニティで有能さを発揮して認められ
  • 追放した側は主人公を追放した事で破滅する

と言う基本の型に、およそ当てはまる。

この「追放モノ」だが、型があるので、穴埋め方式で新作が大量に作られているが、穴埋めをする事で大きな矛盾を孕んだ作品も大量発生している。

今回は、そんな「追放モノ」を矛盾させず、気持ち良く読める様にする設定のコツを説明する。

“【なろう系】「追放モノ」の設定の考え方について” の続きを読む

共感出来る「良いキャラクター」の条件と、作り方

man reading a script

キャラの良し悪しは、これで決まる!

善悪ではなく、キャラクターの出来で「良い」とされるには、様々な条件が存在する。

今回は、そんな条件と、その実現の仕方を解説する。

“共感出来る「良いキャラクター」の条件と、作り方” の続きを読む

「きっかけ」で感動する物語の作り方

night space dark dust

「きっかけ」に全てを注ぐ創作法

パラダイムにおける「切欠の時」の出来に全てを込める。

そんな創作手法を紹介する。

これだけだと一本の長編映画を作るのは、難しい。

だが、しかし

  • CM
  • 読み切り漫画
  • 短編小説
  • ショートフィルム

等の、短い作品を作るつもりなら、今回の創作法は、滅茶苦茶役立つ筈だ。

むしろ、その場合は、この手法の方が適切な事さえある。

パラダイムのセットを、全て使おうとすると、要素を詰め込む必要があって、短編だと忙しいか淡白か、処理を上手にするのがとんでもなく難しくなる。

そこで、今回の手法を使うと、丁度良くなる。

使うのは、最低「プロローグ」。

長くても「日常の時」「切欠の時」だけだ。

たったこれだけのアクト(パラダイムの区切り、パート)でも、面白い作品を作る事が出来る。

では、いってみよう。

“「きっかけ」で感動する物語の作り方” の続きを読む

「新ジャンル」はブームの兆しって話

unrecognizable joiner burning wooden detail

新ジャンルについて、あれこれ

新ジャンルが生まれると、最初は、どう向きあって良いのか分からない物だ。

向き合い方とは「考えずとも楽しめる向き合い方」で、新ジャンルは、それが確立していない事の方が圧倒的に多い。

そこで、まずは定義され始めた新ジャンルを、人々は分析する事で理解しようとする。

“「新ジャンル」はブームの兆しって話” の続きを読む