シナリオの書き方「相棒の為に組織と戦う物語」の脚本構造を紹介!たった一人の為に!

「相棒の為に組織と戦う物語」とは?

ここでは「相棒の為に組織と戦う」事をテーマにした物語を解説します。

この形式の物語は、構造カテゴリーで別の言い方をするならば「相棒と出会い、組織を変えようとする物語」となります。

“シナリオの書き方「相棒の為に組織と戦う物語」の脚本構造を紹介!たった一人の為に!” の続きを読む
スポンサーリンク

シナリオの書き方「管理システムに抗う物語」の脚本構造を紹介!愛の無い効率化は人を殺す

「管理システムに抗う物語」とは?

ここでは「社会を効率的に回す為の管理システムに抗わざるを得なくなった人」をテーマにした物語を解説します。

管理システムと聞いて、何を思い浮かべるでしょうか?

ディストピアを思い浮かべたのでしたら、かなり分かっています。

ここで扱う管理システムとは、大多数が安定して暮らす為に、一部の少数を切り捨ててでも効率化を図り、個の幸せを考えずに全体での利益を優先して管理をしていくシステムです。

本来は困っている人を助けてくれたり、人の為に動くはずのシステムが、一定以上の弱者や、システムが決めた「切り捨てても構わない人達」を勝手に決めてきたら?

どうしようもなく「切り捨てられる側」に立ってしまった人は、いったいどうすれば良いのでしょうか?

この形式の物語は、構造カテゴリーで別の言い方をするならば「組織の問題に向き合って、禁忌を破る物語」となります。

“シナリオの書き方「管理システムに抗う物語」の脚本構造を紹介!愛の無い効率化は人を殺す” の続きを読む
スポンサーリンク

作品レビューに対する考察

評価・批評について考えてみた

創作物に対する「レビュー」は、昔から重要な物とされてきた。

現在では、インターネットを通じて共有される事で、この重要性は、更に高まっていると言える。

今回は、そんなレビューについて、考察していく。

“作品レビューに対する考察” の続きを読む

コンテンツの「犯罪表現」についての考察

どこからがアウト?

創作において基本的に全ての表現は「モチーフ」を通して行われる。

「モチーフ」と言う「何を表現するか」は、創作とは切っても切り離せない物だ。

そのモチーフとは、物だけでなく「概念」までも含まれ、実に多岐に渡る。

モチーフの中には「犯罪」に類する物も多く含まれる。

そして「犯罪」をモチーフとする創作物は、時に社会的に叩かれたり、規制されると言う事が起きる。

では、どのタイミングで、どうして叩かれたり、規制されたりと言った事が起きるのか、この記事では、その事について考察していく。

“コンテンツの「犯罪表現」についての考察” の続きを読む

画面作りの基本技法と効果

background beautiful blossom calm waters

効果的な画作りの基本

動画、写真、絵画、イラスト、漫画、視覚的にモチーフを表現するメディアにおいて「画作り」は非常に重要になる。

今回は「効果的な画作り」をする上で、少し役立つ基本を紹介していく。

創作の参考にして欲しい。

“画面作りの基本技法と効果” の続きを読む

シナリオの書き方「王座で椅子取りゲーム物語」の脚本構造を紹介!王になるのは誰だ?

「王座で椅子取りゲーム物語」とは?

ここでは「王座で椅子取りゲーム」をテーマにした物語を解説します。

王座というのは、そのまま王座や玉座の時もありますが、重要なアイテムの場合もあります。

この形式の物語は、構造カテゴリーで別の言い方をするならば成長の旅をする中で、組織を変える物語」となります。 

“シナリオの書き方「王座で椅子取りゲーム物語」の脚本構造を紹介!王になるのは誰だ?” の続きを読む

「面白さ」を生み出す『ギャップ』をつくる7つの方法

「面白い」=ギャップ×タイミング

面白さを生み出すタイミングについては、「なんでも面白くする「タイミング」の見つけ方」の記事で以前説明した。

そこで今回は、そのタイミングに面白さを生み出す「ギャップ」について、解説していく。

“「面白さ」を生み出す『ギャップ』をつくる7つの方法” の続きを読む

シナリオの書き方「正義の盗賊物語」の脚本構造を紹介!悪から盗めば正義?

「正義の盗賊物語」とは?

ここでは「正義の盗賊」をテーマにした物語を解説します。

日本で馴染み深い代表作は「ルパン3世」等です。

この形式の物語は、構造カテゴリーで別の言い方をするならば「使命を果たす為、禁忌を破物語」となります。

“シナリオの書き方「正義の盗賊物語」の脚本構造を紹介!悪から盗めば正義?” の続きを読む

【気持良い】物語を面白くする『主人公にとって都合の良い状況』とは?【ご都合主義】

面白くなる種

物語クライマックスでのご都合主義は、物語をつまらなくする。

だが「事の始まり」でのご都合主義は、物語を面白くする。

その時、その物語が「どこまで主人公にとって都合が良い状況」になるかで、期待値は変わってくる。

クライマックスでは「悪いご都合主義」だが、事の始まりでは「良いご都合主義」になると言う事だ。

これは、以前にも触れた事がある。

期待値を高めるご都合主義は、主人公への「共感度次第」で、過度な脳内麻薬を分泌させ、楽しい気分にさせてくれる。

この記事では、そんな「気持ち良くなる」作品に必要な「主人公にとって都合の良い状況」について話そう。

“【気持良い】物語を面白くする『主人公にとって都合の良い状況』とは?【ご都合主義】” の続きを読む

誰でも習慣を継続する14の方法

実は継続が一番難しい?

継続は力なりって言いますが、その継続自体が続かないなんて事も多いと思います。

この記事では、誰でも「創作」をするに当たって「継続力」を維持する方法を紹介します。

“誰でも習慣を継続する14の方法” の続きを読む