劇場版「ドラえもん」映画作品一覧【2019】

ドラえもん映画史

アニメ「ドラえもん」をご存じだろうか?

言わずと知れた大人気漫画家「藤子・F・不二雄」原作の国民的アニメだ。

原作は1969年から1996年の27年間に渡って様々な子供向け雑誌で連載された作品で、全1,345話あり単行本は45巻まで出ている。

元々かなりの人気作ではあるが、国民的作品になるまでに、最初から順風満帆と言う訳でも無かった事は、当時を知らない人には意外かもしれない。

 

1973年に初のアニメ化に恵まれるが当時は打ち切られてしまい、1979年に再アニメ化された時にようやく大ヒットした過去がある。

そして、再アニメ化の翌年から始まったのが、1年に1本の劇場版ドラえもんの公開であった。

だが、原作者が1996年に亡くなり、2005年の声優交代と作風変更に伴う再定義と、ドラえもんは時代や状況に合わせて形を変えながら、一度途切れた2005年を除き、紆余曲折を乗り越えて劇場版が毎年作られ続け、人々を楽しませている。

 

この記事では、そんな劇場版ドラえもん映画作品を紹介していく。

もっと読む
スポンサーリンク

お約束があれば物語は面白くなると言う話

作品はお約束で上手く回る

お約束、いわゆる「パターン」だが、これは作品が長編になればなるほど重要な物となってくる。

と言うのも、同一のパターンを一つの作品一回も使わずに長編作品を作る事は、とんでもなく難易度が高い上に、実験的手法だからである。

普通は、同一のパターンを必ず何度も使う物なのだ。

作品の中に独自のお約束が確立出来れば、その作品は延々付続ける事が出来る。

今回は、そんな「お約束」の重要性について説明する。

Read more

おすすめ海外ドラマ「フラッシュ」を紹介

ヒーロー物海外ドラマトップクラスの面白さ

現行、海外ドラマのスーパーヒーローは2種類ある。

マーベルブランドの「デアデビル」「ジェシカ・ジョーンズ」「ルーク・ケイジ」「アイアン・フィスト」のシリーズ群と「エージェント・シールズ」や今後作られる映画スピンオフシリーズ、そして「レギオン」等の単体物。

もう一つが、DCブランドの「アロー」「フラッシュ」「レジェンド・オブ・トゥモロー」「スーパーガール」のシリーズ群と「ゴッサム」「タイタン」等の単体物。

スーパーヒーロードラマは、とにかく並行してい進む数も膨大で、シリーズ群と言う事で横に繋がりがあり、初見には手が出しづらく厄介だ。

一度出遅れると、とにかく手を出しにくい。

他に、映画のイメージで手を出そうとしたら、内容が終始暗かったり映画に比べてスケールダウンしてしまったりと、残念な事もある。

そんな無数にあるスーパーヒーロードラマの中で、今回紹介したいのが「ザ・フラッシュ」だ。

あえてヒーロー物を、それもシリーズ群の一つを、なぜ薦めるのか?

それは、ヒーロー物と言う括りでなくても海外ドラマの中でトップクラスに面白く、キャラクターが魅力的で、比較的明るいので万人に薦めやすいという、超優秀作品だからである。

フラッシュが面白くなければDCブランドのドラマシリーズ群は、恐らく肌に合わないだろうと言う指標になるのも、今後の良い判断材料になるだろう。

Read more

ログラインが分かれば、物語の本質が分かると言う話

どんな作品なの?

それが「どんな物語」なのか、それを簡潔に説明出来ないなら、あなたはその物語の要点を掴めていない。

あなたが掴めているつもりでも、説明を聞いた相手がイメージ出来ないなら、あなたの説明には、何らかの問題がある。

「どんな物語」なのか。

つまり、ログラインやプレミス等と呼ばれる

  • 1~3行程度で物語の要点を説明する物

を見定め、掴む技術を会得出来れば、それは強力な創作ツールになる。

ログラインとは、物語を出来るだけ簡潔に表した物だ。

ログラインに入れる必要が無い物は、どんなに魅力的でも飾りであり、ログラインに入れた方が良い物こそが物語の本体でり本質なのだ。

本体が見えれば、あなたは自由かつ最適に、魅力的な飾り付けをする事が出来る様になるだろう。

今回は、例の紹介と共に、ログラインについて説明を行っていく。

目次

  • ログラインの条件
  • ログライン例
  • 技術会得方法
Read more

シナリオの書き方「記憶を取り戻す旅物語」の脚本構造を紹介!主人公は何者?

「記憶を取り戻す旅物語」とは?

ここでは「記憶を取り戻す旅」をテーマにした物語を解説します。

主人公が記憶喪失で、物語を通して自分が何者かを思い出したり、改めて知っていく物語となります。

この形式の物語は、構造カテゴリーで別の言い方をするならば「成長の旅の中で、謎を解く物語」となります。

目次

  1. 解説
  2. 必須要素
  3. 該当作品
Read more

シナリオの書き方「暴いて欲しい秘密の物語」の脚本構造を紹介!謎を解いたら勝つのは犯人?

「暴いて欲しい秘密の物語」とは?

ここでは「暴いて欲しい秘密」をテーマにした物語を解説します。

犯人が探偵に謎を解いて貰う事まで計算に含んだ、面白い形式の物語です。

この形式の物語は、構造カテゴリーで別の言い方をするならば「謎を解く中で、従うべき現実に抵抗する物語」となります。

目次

  1. 解説
  2. 必須要素
  3. 該当作品
Read more

【分析】ガールズ&パンツァーに見る成功する物語論 その4

ガルパンは良いぞ!

2012年の初回放送から長い間ファンを楽しませ続けている、アニメーション作品ガールズ&パンツァーの最終章第二話の劇場上映が、先日始った。

テレビシリーズ、コミカライズ、ノベライズ、ゲーム化、劇場版、劇場シリーズと着実に世界を広げ続けている作品だが、何が他の作品と違うのだろうか?

今回も引き続き、ガールズ&パンツァーを題材に、成功する物語の条件について考察していきたい。

Read more