「飛空艇」モチーフ作品特集

air atmosphere blue blue sky

船が空を飛ぶロマン

それは決して、ただの飛行機ではなく、ただの飛行船でもない。

SFやファンタジー技術によって「空を飛ぶ船」なのだ。

この記事では「飛空艇」をモチーフにした作品を紹介していく。

メインの乗り物として登場する作品も、一緒に紹介する。

“「飛空艇」モチーフ作品特集” の続きを読む
スポンサーリンク

「ハーレム」モチーフ一般作品特集

権力者の、三大欲求の強烈なアイツ

食欲、睡眠欲、そして性欲。

人の、引いては生物の基本的な三大欲求として数えられる物で、これは本能であり、生きる上で必要不可欠な物達だ。

性欲は「恋愛」をテーマやモチーフとした作品に、セットで描かれる事が多く、あくまでも「恋愛感情」の付属品と言う使い方が上品とされてきた。

だが、恋愛とセットで発生しやすいとは言え、性欲自体は「種の保存、存続」を目的とした物であり、実は別の物だ。

この欲望が作り出す強烈な感情を、ピンポイントで刺激し、疑似体験によって満足感を得るコンテンツが「ポルノ・エロ・官能・ヌード等」のコンテンツであり、イラスト、漫画、小説、写真、ビデオ、映画、と様々なメディアで作られている。

そう言ったコンテンツに触れた事がある人であれば分かるが、「恋愛」をセットで描くものと、セットにしない物がある事に気付いているだろう。

これは、分離可能である。

そういうジャンル作品での上品下品の問題であるが、全体の物語性を重視される事が多い一般作品において、あえて、この「子づくり」をテーマにした環境を、中心にした作品が世の中には一定数存在する。

扱うテーマがテーマなので、結果的に上品にするには「恋愛」を絡める事になるのだが、何らかの設定によって「子づくりしないと破滅する」状況を作り出す事で「準成年向け作品」か、あるいは、性欲が理解できない人(子供等)には理解し辛い作品となる。

また、本来は「権力者のハーレム」である環境に、別の視点を入れる事で「性欲」「子づくり」と言うよう要素を、排除した作品も合わせて紹介する。

正しい意味で「ハーレムもの」と呼ばれるジャンル作品は、基本的にこの記事に該当する。

この記事では、そんな「ハーレム」をモチーフにした、一般作品を紹介していく。

あくまでも一般だからね?

“「ハーレム」モチーフ一般作品特集” の続きを読む
スポンサーリンク

「魔法学校」系作品特集

架空の専門教育機関

今でこそ、魔法学校と言えば「ハリーポッター」があり、みんながイメージ出来るが、それ以前は少しイメージし辛い「魔法×学校」と言う特殊なモチーフだった。

それを考えると、ハリーポッターは、やはり偉大で、世界的な作品と言えるだろう。

この記事では、そんな「魔法学校」が登場したり、中心のモチーフとした作品を紹介していく。

“「魔法学校」系作品特集” の続きを読む

「子供との恋愛」モチーフ作品特集

禁断の愛か、早すぎる出会いか、それともファンタジー?

現在の社会で、こんなに危険なモチーフも無いかもしれない。

文化によっては、即・絶対悪で、一定の表現を規制する社会も珍しくない。

それでも、年上の大人に憧れる若者や、思いもよらぬ年齢の相手に惚れてしまう大人等、モチーフとしては昔から愛されている。

モチーフ故に大人と子供が接する環境が多い為「教師と生徒」等のシチュエーションが多いのも印象的。

ちなみに、どこからを「子供」とするかは文化や個人の価値観によって、結構違ったりする。

性的嗜好 年齢 現在の日本の法律や条例 日本の結婚可能年齢 過去や別の文化例
インファントフィリア(ネピオフィリア) 0~3歳程度      
ニンフォフィリア 4~11歳程度    

イスラム圏では、ムハンマド(西暦571年生)の逸話から10歳での結婚等が実際に存在。

ニンフェット 9~14歳程度 性的同意年齢(13歳以上)   日本では昔(奈良時代、西暦710年)、元服は12~16歳が一般的だった時期がある。
ペドフィリア 11~13歳程度      
(ロリータ・コンプレックス) 13~18歳程度 青少年保護条例(18歳未満の性交渉禁止)

婚姻適齢(2020年現在女性16歳、男性18歳)

 

フィクションだと「その文化で結婚出来る年齢」がギリギリ一般に受け入れられるラインになっている所があったりする。(高校生だと引かれないけど、小学生だとドン引きみたいな)

今の世の中、現実で高校生が好きだと言っていたら問題視されるが、フィクションでは一応セーフと言う事だ。

結婚可能年齢を下回ると、一気に一般受けが難しいモチーフに変貌していくので、創作者は気にしておこう。

と言う事で、この記事では「子供との恋愛」をモチーフにした作品を紹介していく。

“「子供との恋愛」モチーフ作品特集” の続きを読む

「ウサギ」メインモチーフ作品特集

カワイイは正義

犬、猫と並ぶぐらい、人々に愛されている小動物モチーフである「ウサギ」。

長い耳と、飛び跳ねる姿の印象が強く、ペットとして、あるいはモチーフとして愛している人も多い筈。

そんな強モチーフである「ウサギ」をメインモチーフにした作品を紹介していく。

“「ウサギ」メインモチーフ作品特集” の続きを読む

「主人公・相棒が死んで始まる」系作品特集

物語の始まりでいきなり死亡するが……

物語の重要人物が、冒頭でいきなり死亡する物語がある。

物語とは、登場人物達が問題解決する行動が非常に重要な要素なので、死亡して行動出来ない登場人物は、キーパーソンになれても主人公や相棒には、なる事が出来ない。

そこで「死んだのに行動できる」と言う、矛盾を解決するアイディアが、こう言った物語には必要となる。

幽霊化、蘇生、時間操作、並行世界、様々な手段によって、どうにかして「死ぬ」と言う最大級の事件を引き起こした後で、目的を持った行動をとらせる必要がある。

死んでも行動する、あるいは、死んだ人と行動できる、そういう熱さ、切なさ、尊さを表現しやすい、面白いコンセプトだ。

この記事では「物語の冒頭いきなり主人公や、その相棒が死亡する事から物語が動き出す」物語を紹介していく。

“「主人公・相棒が死んで始まる」系作品特集” の続きを読む

「お約束の逆パターン」作品特集

お約束の逆を描く

物語には、お約束がある。

お約束の逆にもお約束があるが「多く使われているお約束」と「なじみが薄いお約束」があったりして、多く使われているお約束には、そうなると言う思い込みが強く染みついている。

そこで「多く使われるお約束」をあえて「逆」にする事で、効果的に予想を裏切ったり、誰もが気になる「IF」の世界を描く手法がある。

この記事では、そんな「お約束の逆パターン」の作品を紹介していく。

“「お約束の逆パターン」作品特集” の続きを読む

「持病、知的身体的障碍・障害、サヴァン症候群」モチーフ作品特集

photo of woman covering her face

人の価値は「能力だけじゃ無い」と言う話

先天・後天的な理由で、大半の人と違う特徴を持って生きる事を余儀なくされる。

そんな人は、世の中に溢れている。

「ハンディキャップ」や「障害」と呼ばれる事もあったが、これらの特徴は、いわゆる「健常者に比べて顕著」と言うだけの差である。

健常者と一般に言われる人を見ても、運動音痴やおバカな人は大勢いて、それが「物理的に覆しようが無い」とか「社会的尺度で無能・扱いづらい」とされた時に、社会はラベリングを行う。

つまり、個性や個人差が極端に「能力的観点から高すぎたり低すぎる」場合に、社会は人を「病気持ち・障碍者」等と、レッテルを貼って管理するのだ。

時に、このレッテルを「自分より全てが劣っている」と勘違いする人がいるが、それは大きな誤りだ。

これは、特異な特徴に対する管理用のラベルであり、そのラベリングされた個人の価値の全てを決める物では、決してないからだ。

出来ない事があろうが、仮に、社会が求める生産的活動が何も出来なかろうが、それだけで無価値な人間など存在しない。

人の価値は、決して社会が求める能力だけでは無い。

人格や、行動、時に存在その物が、誰かにとって価値があれば、それだけで存在理由としては、十分なのだ。

誰かに出来ない事があったら、出来る人が支える事が出来る「余裕がある社会」こそ、人が目指すべき在り方であり、寛容さは余裕が無いと持つことが出来ない。

一定以上能力が劣れば容赦無く人を切り捨てる社会は「余裕が無い社会」であり、不寛容でいる人は、「自分が優れていると思い込んでいるだけの、余裕が無い人」だ。

仮に、能力が劣る人を切っていくと、最後に人は何人残り、その中に「余裕が無い人」は何人残るだろうか?

そんな「余裕が無い程度の能力値」の人さえ許容できる事こそが、本当に強い社会構造なのは、言うまでもない。

その事を、これら「持病、知的身体的障碍・障害、サヴァン症候群」等をモチーフとした作品郡は、見る人に思い出させてくれる。

“「持病、知的身体的障碍・障害、サヴァン症候群」モチーフ作品特集” の続きを読む

「虫・蟲・昆虫・節足動物」モチーフ作品特集

brown and white jumping spider on white rock

カッコいい? 気持ち悪い? 面白い?

ムシは、非常に身近な存在だ。

家の外はもちろん、時には家の中にまで侵入・発生する事があり、嫌いな人からすると厄介極まりない存在でもある。

同時に、季節を知らせたり、見た目に反して益虫(人の役に立つ虫)である事も多く、身体の仕組みや成分が人類に恩恵をもたらす事も多い。

この記事では、そんな「ムシ」を、何らかのメインモチーフとした作品を紹介していく。

“「虫・蟲・昆虫・節足動物」モチーフ作品特集” の続きを読む

「老人が強い・すごい」系作品特集

年寄りを甘く見るな!

何歳になっても新しい事は始められるし、好きな事は続けられる。

年を取ったって、若い頃のままとは言わないが、若者に負ける気はない。

そんな、見ると元気が出たり、時に驚かされる「老人が強い・すごい」作品を、この記事では紹介していく。

“「老人が強い・すごい」系作品特集” の続きを読む