「ゴキブリ、害虫」モチーフ作品特集

a fearful woman having katsaridaphobia

害虫代表

ある意味で、非常に身近な昆虫。

英語では、Cockroach。

突然家の中に現れた時の衝撃は、かなり大きい。

個人的には見るのも、思い出すのも嫌な存在だ。

だが、そんな「ゴキブリ」等の「害虫」をモチーフとした作品も、世の中には存在する。

敵として出てくることもあれば、擬人化して味方として出る事も、主人公である場合さえある。

この記事では、そんな作品を紹介していく。

記事中に直接の描写は無いが、当たり前だがモチーフが嫌いな人は無理に見ない方が良い。

“「ゴキブリ、害虫」モチーフ作品特集” の続きを読む
スポンサーリンク

「旧型・改修・量産機が、果敢に強敵・新型機と戦う」激熱展開のある作品を紹介するぞ!

crop duster on runway in daytime

みんな大好きロマン展開

この展開が嫌いな人って、存在するの?

例えば、

後継機に乗り継いだ後で時間を稼ぐ為に旧型機を持ち出したり、

新型機はハッキングや装備対策がされているからアナログな旧型の攻撃だけが通用するとか、

もう燃える展開しか、これらの設定では生まれ得ないと言っても過言ではない。

この展開を描く為だけに作品を作っても正当化される程に、最高に気持ちが良いパターンと言える。

この記事では、そんな熱い「旧型機」類が「最新鋭機」等に戦いを挑む展開が描かれる作品を紹介していく。

“「旧型・改修・量産機が、果敢に強敵・新型機と戦う」激熱展開のある作品を紹介するぞ!” の続きを読む
スポンサーリンク

「バーテンダー」モチーフ作品特集

photo of assorted liquors

酒場の守護者

バーやパブでアルコール類を客に提供するのが、バーテンダーの主な仕事である。

呼称自体は1830年代にアメリカで生まれたらしく、専門職としての歴史は意外と浅い。

だが、アルコールを提供するだけがバーテンダーでは無く、シャイカーを振ってカクテルを混ぜる姿を多くの人がイメージする様に、その専門性は非常に高いと言える。

中でも、フレアーバーテンティングと呼ばれる、ボトル、シェイカー、グラス類を用いたカクテル作りの工程を客に魅せる競技も存在するのは、特殊と言えるだろう。

何気ないカクテルの注文で、突然目の前にジャグリングの様なスゴワザを容易そうに披露されたら、感動するしかない。

この記事では、そんな「バーテンダー」をテーマにした作品を紹介していく。

“「バーテンダー」モチーフ作品特集” の続きを読む

「デュラハン、首無し騎士」モチーフ作品特集

knight armor

頭を探す騎士の幽霊

元々は、アイルランドに伝わる首のない馬にまたがる、首の無い男の姿をした妖精で、人に予言的に死期を知らせる不吉な存在だった。

また、その昔は、戦争や処刑では物理的に頭を奪う事が一般的だった。

頭を落とされるのは負けであり、罪人の証であり、恥であった。

だからか、戦死や処刑によって頭を失った騎士の幽霊が夜な夜な頭を探しまわるなんて創作も存在する。

この記事では、そんな「デュラハン」と呼ばれる類のモチーフを描いた作品を紹介していく。

“「デュラハン、首無し騎士」モチーフ作品特集” の続きを読む

「図書館、司書」モチーフ作品特集

interior of library with bookshelves

本と言う名の知識の管理

主に、本を貸してくれる公共施設であるが、本はメディアの形であり、実際に人々が必要としているのは本に収められた情報である。

情報とは、文字や絵、写真で記された知識や刺激と言った物だ。

つまり、図書館とは知識の管理を行う場所であり、司書とは知識の管理者なのである。

これは、インターネット登場以前では、最も強力な知識の集積場であった。

インターネット登場以降も、本からしか得る事の出来ない知識は多い。

本屋と違うのは、売買かレンタルか、だけではない。

一部の図書館は「全ての本」を所蔵して管理、保存を目的としていて、知識へのアクセスこそ一般人には難しいかもしれないが、知識を後世に残す使命を帯びているのにはロマンを感じざるを得ない。

この記事では、そんな「図書館」や、そこで働く「司書」をモチーフとした作品を紹介していく。

ちなみに現在、考古学上最古の図書館は、メソポタミアの古代アッシリアの首都ニネヴェにあった王立図書館と言われている。

有名なエジプトのアレクサンドリア図書館は、紀元前3~200年頃に出来たと言われ、4万から70万程度の蔵書があり、それ等は羊皮紙だったとか。

最盛期には100人を超える学者が働いており、図書館長は王族に進講を行う名誉ある地位だったらしい。

“「図書館、司書」モチーフ作品特集” の続きを読む

「遊園地、アミューズメントパーク、テーマパーク」モチーフ作品特集

pacific park ferris wheel

夢の世界

刺激や快感を得る事を目的に設計された乗り物などの遊具を詰め込んだ、大人も子供も大好きな夢の様な場所。

ジェットコースター、観覧車、メリーゴーランド、お化け屋敷、コーヒーカップ、様々なライドや施設が存在。

中には一定のテーマに沿って統一された表現が成された遊園地もあり、それらはテーマパークとも呼ばれる。

この記事では、そんな「遊園地」の類をテーマにした作品を紹介していく。

“「遊園地、アミューズメントパーク、テーマパーク」モチーフ作品特集” の続きを読む

「動物園」モチーフ作品特集

animal big big cat blur

生きた動物の展示場

大昔、初期の動物園は権力者や金持ちが個人的に所有する、世界中から集めた珍しい動物の飼育場だった。

現代的感覚に近い動物園として最も早く一般開放されたのは、シェーンブルン動物園(1752)が最古と言われている。

この記事では、そんな「動物園」をモチーフとした作品を紹介していく。

“「動物園」モチーフ作品特集” の続きを読む

「水族館」モチーフ作品特集

black and gray fish

水中生物の動物園

水族館の歴史は、実は、かなり面白い。

まず、生物の運搬は、水族館の代表的な関門の一つだ。

温度、水質、水圧、あらゆる物を管理して、生かしたまま運び、水槽の中で飼育しないといけない。

次に、見逃せないのは水槽の進化の歴史だ。

透明で丈夫な素材が出来るまで、水槽は大きくする事が出来なかった。

単純に大きくすると、水圧でガラスが割れるし、ガラスを厚くすると歪んだり透明度が下がってしまう。

また、大きな水槽になればなるほど、管理も大変だ。

新鮮な水を維持しつつ、透明度を保ちつつ、水圧に負けない強度を持っていないと、大きな水槽は作れない。

他にも、水族館は面白いエピソードが満載だ。

そういった問題を、どうやって水族館を作り上げた人々がクリアしていったのか、その一つ一つにドラマがあるわけだ。

この記事では、そんな「水族館」をモチーフとした作品を紹介していく。

“「水族館」モチーフ作品特集” の続きを読む

「最初から極端に最強な主人公」登場作品特集

human fist

主人公が最初から最強

物語とは、主人公の変化を描く物である。

なので、最初から最強な主人公は、強さと言う点では変化を描き辛い。

それが、ピンチの余地も無い程の圧倒的強さになると、より顕著となる。

だが、変化とは、何も力や戦いの強さだけでは無い。

強さが限界まで振り切っていても、環境、仲間、心、等々変化する余地は幾らでもある。

また、主人公よりも周囲のキャラクターの成長に重きを置いて描いたり、主人公の過去を描いたり、主人公の能力を一時的や部分的に封じる事で、成長や変化を物語上に描き出すなんて手法もある。

この記事では、そんな「最初から最強になる」「最初から最強状態」な主人公が登場する作品を紹介していく。

料理次第で作品が面白くもなるし、その反対に働く事もあるので利用には注意が必要だ。

最強なら、最強さでは直接解決出来ない問題や、最強さが邪魔になる様な問題に向き合わせないと、物語が動かなくなってしまう。

“「最初から極端に最強な主人公」登場作品特集” の続きを読む

「異常な村・町・小さなコミュニティ」モチーフ作品特集

landscape photography of landmark mountain

ローカルルールに支配された場所

本来、ローカルなルールとは、より広範囲に適応されるルールに沿って作られるべき物である。

例えば「基本的人権」を保証するルールがある環境では、その中にローカルルールだとしても「基本的人権」を侵すルールは存在出来ない。

だが、閉鎖されたコミュニティでは、時にローカルルールが、より大きな範囲に適応されるルールを無視し、優先して運用される事がある。

この記事では、そんな「異常なローカルルール」に支配された「村・町・小さなコミュニティ」を舞台に、そこに足を踏み入れた人々が、ローカルルールによって酷い目に遭う作品を紹介していく。

“「異常な村・町・小さなコミュニティ」モチーフ作品特集” の続きを読む