「寄生生物、共生状態、肉体乗っ取り」モチーフ作品特集

traditional russian stacking dolls placed on table

身体の所有権は誰の物か

現実に寄生する生物は存在する。

体内に潜み、栄養を頂戴するぐらいなら、まだ可愛い方だ。

寄生生物の中には、生物を操って都合が良い行動をさせ、宿主を死に至らしめて宿主を渡り歩く様な厄介な者もいる。

カタツムリに寄生し、鳥に食べさせようと目の色を変え、空に開けた場所に移動させる寄生虫が一時話題となったが、ああ言った手合いは恐ろしい。

だが、寄生者が人の価値観で、同等かそれ以上の知能や力を備えている事は、現実には無い。

その「もし」が実現したら、どうなるのか。

人と対話し、他人に成り代わり、秘密裏に侵略を企てたり、宿主と絆さえ結べる寄生生物がいたら、どんなドラマが起きるか。

この記事では、そんな「寄生」や「共生」と言った状態をテーマとした作品を紹介していく。

多重人格、幽霊等の憑依、ドッペルゲンガー、等とは似た状況になる事もあるが、別の生物が身体に入ると言う状況は、やはり、かなり特殊だろう。

“「寄生生物、共生状態、肉体乗っ取り」モチーフ作品特集” の続きを読む
スポンサーリンク

「必殺仕置人、処刑人、正義の殺し屋」系作品特集

hands of a person holding a gold bullet and a pistol

重すぎる罪人への取立人

重い罪を犯した悪人が、野放しになっている。

神でも、法でも、裁けない悪だ。

ならば、誰かが代行してでも、被害者の為に裁いてやるしかない。

因果応報。

その罪を償うには、「絶望」を与え「命」を奪うしかない。

この記事では、そんな「必殺仕置人」系統の、ダークヒーローをテーマとした作品を紹介していく。

信じる正義に殉じる者、都合の良い悪をサンドバッグにしているだけの者、理由は様々だが社会の悪の総量が減る事に変わりは無い。

いずれにしても、個人の損得が動機の一番上に無い、自身が定義した悪人が許せないキャラクターが活躍する物語ばかりだ。

悪者が報いを受ける展開のスカッと感が重要なジャンルである。

“「必殺仕置人、処刑人、正義の殺し屋」系作品特集” の続きを読む
スポンサーリンク

「貧乏だけど幸せ」キャラクター登場作品特集

businessman man people woman

金では買えない幸せがある

貧乏とは、相対的な物だ。

空間的な比較をすれば、他人と持っている資産価値を比較する事で、大きく劣っていれば貧乏となる。

時間的な比較をすれば、他人との差が無くとも、持っている資産価値が減っていれば、やはり貧乏となる。

貧乏でない状態とは、空間的にも時間的にも、持っている資産量が他よりも大きく劣っていない事が条件となる。

つまり貧乏とは、生存さえ保証されている状態なら、何かと比較さえしなければ、普段は意外とどうでも良い状態と言える。

では、どうして人は貧乏を嫌がるかと言うと、一つは、他人よりも分かりやすい点で勝り優れている状態でありたいと思ってしまうからだ。

お金持ちである事は、その点では間違いなく他人よりも優れた実力や運を持ち合わせている証明となる。

要するに、他人に、自分を良く見せ、認めて欲しいからこそ貧乏には思われたくない。

もう一つは、裕福な方が、あらゆる点で選択肢が多い社会構造となっているからだ。

資本主義社会である以上、何かを買うにも借りるにも、基本的にお金が必要になる。

お金をかけないなら時間がかかるが、多くの事で時間はお金で買う事が出来る。

自分で家をコツコツ作るより、建設のプロに頼んだ方が、早く出来るし別の事も出来るが金がかかるみたいな感じだ。

社会構造的に、金で解決できる事柄が、あまりにも多いから、人は金を求める。

更に、何かあった時、生存確率を高める為には、薬や手術と言った高いコストを要する事が分かっているので、長生きをしたいなら、金持ちの方が有利な可能性が高い。

だから、貧乏をみんな避けている。

でも、金があっても、買えない物がこの世の中には存在する。

天然の、人との絆は金では買えないし、貧乏生活ならではの楽しみも金で買う物では無い。

また、貧乏とは別で、資本主義的な社会生活の外や、趣味的な世界に価値を見出している場合も、金持ちになる事を求めないと言う生き方が幸せに繋がる事も多い。

この記事では、そんな「貧乏だけど幸せ」なキャラクターが登場する作品を紹介していく。

慎ましく不便ながらも日常に隠れた幸せを大事に噛みしめる様に生きたり、清貧を体現したり、雑草の様に酷い環境の中でも倒れず立ち上がり続け幸せを見出したり、そんな貧乏生活適性の高い魅力的なキャラクターを見ていると、貧乏生活も楽しそうに見える事だろう。

“「貧乏だけど幸せ」キャラクター登場作品特集” の続きを読む

「走る、マラソン、長距離走、駅伝、短距離走」モチーフ作品特集

woman with white sunvisor running

足だけで、速く、遠くへ

陸上の生物が最も基本とする素早い移動方法が走る事。

走る事は、健康体なら一見して誰でも出来る事の様に感じるかもしれない。

確かに、走るだけなら、誰でも出来る。

しかし、走ると言う行為は、シンプルに見えて非常に奥深く、より複雑なスポーツや武術と同じで、どこまでも効率化していける。

例えば、100m走の世界記録は、1968年に初めて10秒を切り、2009年には9秒58まで40年近くかけて0.4秒縮めた。

たったの1秒にも満たないと思うかもしれないが、走法、トレーニング法、栄養管理、シューズ開発、トラック整備、他にも変えられるあらゆる物を微調整して世代を超えて効率化した事で、やっとの事で縮めた記録だ。

なんでも、理論値では9.44秒まで100m走の記録は縮められるらしいので、人類の走る事への効率化は、まだまだ終わらないし、いずれは理論値を超える様になる事だってあるだろう。

マラソンだと、2018年に2時間01分39秒と言う記録が公式記録では現在最速だが、1964年当時の世界最高記録は2時間12分11秒2だった。

ちなみに、マラソンでは理論値で2時間切りは難しいと言われているらしいが、こちらも短距離走と同じ様に人類の効率化が理論値を超える事は十分あり得て思える。

そんな、早さを縮める世界がある一方で、走る事は手段として、娯楽としても重宝される。

楽しいから、気持ちいいから、健康維持のため、自分を試すため、誰かの為、何らかの目的を持って人は走る。

この記事では、そんな「走る」と言う事をモチーフの要素として使った作品を紹介していく。

“「走る、マラソン、長距離走、駅伝、短距離走」モチーフ作品特集” の続きを読む

「宝探し・争奪戦でちゃっかり勝利する」キャラクター登場作品特集

bullion gold gold bars golden

それぞれの因縁に巻き込まれない絶妙な距離感

宝物の奪い合いが起きると、有力なキャラクター達は最前線でぶつかり合う事になる。

そんな時、一方の陣営にいるキャラで読者・視聴者が「憎めない奴」と感じているコミックリリーフやトリックスターは、実は一番のくせ者かもしれない。

戦いに率先して関わらず、潰し合いのすぐ近くで元気な状態で最後まで生き残り、最後の最後で、ちゃっかり宝物をゲットする強運を持っているからだ。

この記事では、そんな「宝探し・争奪戦でちゃっかり勝利する」キャラクターが活躍する作品を紹介していく。

記事の性質上、ネタバレが含まれるので注意。

“「宝探し・争奪戦でちゃっかり勝利する」キャラクター登場作品特集” の続きを読む

「皮肉交じりに応援してくれる傍観者」キャラクター登場作品特集

black cat holding persons arm

素直じゃないけど、ずっと応援

主人公に寄り添い、ずっと応援してくれる存在。

だけど、主人公の問題解決には直接手は出せず、出せるのは、せいぜい口だけ。

その言葉も、皮肉交じりの応援とか注意喚起で、素直になれない。

ネガティブな事ばかり言うけど、主人公が問題を乗り越えたらカゲから小さくガッツポーズ。

主人公も、ちっぽけなその存在を心の中では、ありがたく思っている。

そんな「皮肉交じりに応援してくれる傍観者」が登場する作品を、この記事では紹介していく。

実は、結構好きな人は多い、はず。

“「皮肉交じりに応援してくれる傍観者」キャラクター登場作品特集” の続きを読む

「うじうじ主人公」登場作品特集

grayscale photography of crying woman

ためらい、悩み、決断が出来ない

人は、決断を下すには「自信」が必要になる。

情報への信頼、自分の実力への過信、頼もしい仲間の存在……

何かプラスな要素があって、決断を下す事に対して一定の「正しい筈」と言う「自信」があって、ようやく決断が出来る。

だが、自分に自信が無かったり、あまりにも未来が不透明だと、人は決断をためらい、悩み、うじうじとしてしまう事がある。

間違っているかも、出来ないかも、不安が大きすぎて、処理不全が起きるのだ。

物語の場合、主人公は常に問題解決行動を取る為に、決断し続けなければ前に進めない。

だが、面白い物語の中には、主人公がうじうじと悩み、苦しみ、葛藤をしてストレスを溜めに溜めてから、決断自体をカタルシスにしたり、うじうじ主人公の決断を手伝う相棒キャラを配する事で物語を前に進めたり、様々な工夫を凝らした作品が存在する。

この記事では、物語の冒頭で「うじうじ」と煮え切らない態度を取っているが、後に乗り越えて主人公として覚醒するタイプのキャラクターが登場する作品を紹介していく。

人によっては、うじうじしている主人公を見ているだけで、イライラする人もいるだろう。

でも、うじうじしている主人公だからこそ描ける物や、得られる共感もあるので一長一短なキャラクター属性だ。

“「うじうじ主人公」登場作品特集” の続きを読む

「一般社会に溶け込もうとする戦闘マシン」キャラクター登場作品特集

man in brown camouflage sitting on top of tank

高い戦闘力と、引き換えの欠点

戦場の最前線を幾度も潜り抜けるだけの高い戦闘力。

バトルでは劇中でも上位の実力があり、通常戦闘での安心感は物凄い。

なのだが、戦闘力向上の為に色々な物を注ぎ込んだせいで、戦闘力以外に思わぬ欠点を持つ事に。

そして、戦闘が無い時は、それが日常に波乱を呼んでしまう。

この記事では、そんな「一般社会に溶け込もうとする戦闘マシン」なキャラクターが登場する作品を紹介していく。

かなり人気のあるキャラクター属性だよね。

“「一般社会に溶け込もうとする戦闘マシン」キャラクター登場作品特集” の続きを読む

「取り違え、幼少期の子供入れ替え」モチーフ作品特集

close up of illuminated christmas tree and a baby

他人の家族に育てられ、後で気付く状況

遺伝、血統、血族的な家族の繋がりは、生物には重要だ。

もちろん、遺伝的に繋がっていない親子関係であっても、絆は形成出来る。

問題は「血が繋がっていると思っていたのに、実は繋がっていない事が”後出しで分かる”と言う事」である。

自分の実子であると言う思い込みから、本来なら実子に対して注ぐつもりだった愛情等の諸々が他人の子供に注がれ、更に、実子には自分以外の愛情等が注がれると言う状況に大きな問題があるわけだ。

これは、取り違えられた子供や、状況に巻き込まれた兄弟姉妹等にも影響する。

本来送り得た人生とは別の人生を送っていた事を突きつけられる状況は、片方だけでも不幸に見舞われていると、より一層、悲惨となる。

この記事では、そんな「取り違え」をテーマとした作品を紹介していく。

“「取り違え、幼少期の子供入れ替え」モチーフ作品特集” の続きを読む