「他の人と時間の流れ、寿命が違う」描写のある作品特集

woman wearing brown long sleeved shirt holding round glass terrarium

時代を超えて生きる

寿命が大きく違うと言う事は、時間の流れに差があると言う事が言える。

寿命が短い方は急速に老い、寿命が長い方はそれを見守る事しか出来ない。

そして、寿命が長い者が残され、必ず永遠の別れが訪れる。

長命、あるいは永遠の命があっても、共に生きる存在がいなければ、多くの人は孤独で潰されてしまう。

だが、絆を紡いだ存在が、長命とは限らない。

この記事では、そんな切ない展開を生み出す「他の人と時間の流れ、寿命が違う」描写がある作品を紹介していく。

不死者・不死身・不老不死・エルフ・吸血鬼、等と普通の人との絆の物語が良くあるパターンだが、どれも切なく、人気があるパターンだ。

“「他の人と時間の流れ、寿命が違う」描写のある作品特集” の続きを読む
スポンサーリンク

「服、着物、ファッション」モチーフ作品特集

close up of row

身体を飾り包むもの

個性を出す為、あるいは個性を消す為、制服として所属を表したり、機能を重視したり、「靴」と並び人と歴史を重ねてきた道具である「服」。

暑い地方では薄く、寒い地方では厚く、文化や、その地方で手に入れやすい素材によっても様々な物が世界中に存在する。

文明では人は毎日何かしら身に着けていて、モチーフの身近さで言えばかなり強力だ。

反対に、身近過ぎる故に、本来自然な筈の「裸」が異常となり、裸族やヌーディストと言った概念を生んだりもした。

この記事では、そんな「服」や、それにまつわる「ファッション」をモチーフとした作品を紹介していく。

“「服、着物、ファッション」モチーフ作品特集” の続きを読む
スポンサーリンク

【 エッッ】「Hな事が世界を救う」系作品特集【一般作】

ある意味、主人公に都合が究極に良い世界

物語では、主人公は必ず問題を解決する行動を取る。

もしも、その行動がちょっと、あるいは物凄く「H」な事に直結する行動だったら?

主人公は「世界を救う為」「誰かを救う為」と言う免罪符を得て、TPOを無視したエロスを享受できる。

この記事では、そんな「Hな事が世界を救う」仕掛けが施された作品を紹介していく。

人によっては不愉快極まりないモチーフに成り得るので、その点は注意。

“【 エッッ】「Hな事が世界を救う」系作品特集【一般作】” の続きを読む

「都市伝説」モチーフ作品特集

exterior of modern apartment house on street

日常に潜む不可思議

現代のファンタジーやSFとも言える都市伝説。

日常に潜む、オカルトや説明不能な事象の事例やパターン集だが、この「日常」の延長線上と言う部分が「メタ」であり、非常に興味をそそられる物でもある。

身近な場所で再現可能な都市伝説は、大抵は滅茶苦茶恐ろしく感じる。

それだけ、日常と繋がった舞台は、想像力を掻き立てるのだ。

この記事では、そんな「都市伝説」をモチーフとした作品を紹介していく。

“「都市伝説」モチーフ作品特集” の続きを読む

「靴」モチーフ作品特集

photo of sneakers on white background

足先を包む装具の魅力

足裏の接地面を保護する為、人類が「靴」を履きだした歴史は古い。

実用性やファッション性を求められた靴は、専門機能や特色を持って枝分かれし、サンダル、草履、シューズ・スニーカー・ブーツ・ハイヒール、etc.etc.……と形状や素材を変え、今なお進化を続けている。

フィクションでは、度々ロケットや翼が追加され、魔法のアイテムとしても登場する。

履いている靴で、社会的ステータスや性格が分かったり、職業や、直前にどこにいたかまで分かる事もあるほど、靴は雄弁に語り、持ち主を表す。

この記事では、そんな「靴」をモチーフとした作品を紹介していく。

“「靴」モチーフ作品特集” の続きを読む

「亜・異空間、別次元に消す能力」登場作品特集

消せれば勝ち

異空間に相手を消してしまう事で、永遠に接点を消す事で倒したとする能力がある。

「一方通行の強制どこでもドア」とでも言うべき、恐ろしい技だ。

この記事では、そんな「異空間に消す能力」が登場する作品を紹介していく。

関連:【強能力】「展開・引きずり込む、異空間・自分の世界」系能力登場作品特集

“「亜・異空間、別次元に消す能力」登場作品特集” の続きを読む

「身近な信頼していた仲間が黒幕」系作品特集

faceless diverse women drinking beer during open air party on rooftop

黒幕の手の平の上

仲間の一人が、実はスパイなんて衝撃の展開がある。

それを上回ってくるのは、スパイどころか、ソイツこそが全ての元凶で黒幕。

更には、ラスボスと言う展開だ。

この手法は、どんでん返しの中でも、かなり強力な部類に入る。

主人公にとって都合が良い、最高の味方、絶対の仲間だと思っていたキャラが、まさかのラスボスとして暗躍していたなんて、あまりにも酷すぎる。

この記事では、そんな「身近な信頼していた仲間がラスボス」系の作品を紹介していく。

大抵、主人公の能力が欲しくて、暗躍中は親切に振る舞うのが、黒幕のお約束。

“「身近な信頼していた仲間が黒幕」系作品特集” の続きを読む

【強能力】「展開・引きずり込む、異空間・自分の世界」系能力登場作品特集

green wooden chair on white surface

自分の世界=有利な場所

テリトリー、縄張り、パーソナルスペース、全ての動物には生活圏や生存圏があり、そこでは自由に動けるが一歩出ると危険と隣り合わせとなる。

魚は陸にあがれば自由を奪われるし、鰓が無ければ水中では呼吸が出来ない。

人も同じで、スポーツではホームグラウンドとアウェイで有利さが変わる事さえある。

フィクションには、時空間や概念を操ったり、特殊な方法で物理的に運んだりする事で「自分の世界」を持ち運ぶ能力と言う物が数多く登場する。

この記事では、そんな「異空間や自分の世界に相手を引きずり込んだり・周囲に展開したり」する事で圧倒的な優位性を獲得する展開がある作品を紹介していく。

ちなみに、どれも強力な能力なのだが、強敵相手に先攻展開すると破られるのがお約束だったりもする。

ご利用は計画的に。

“【強能力】「展開・引きずり込む、異空間・自分の世界」系能力登場作品特集” の続きを読む

「火星・マーズ/火星人」モチーフ作品特集

gray and white robot

地球に最も近い惑星

ローマ神話の神マルスから名付けられた様に、昔から人と馴染み深い、赤い星「火星」。

その半径は、地球の約2分の1で、質量は地球の約10分の1。

重力は地球の40パーセントしかない。

表面積は地球の約4分の1で、一日は24時間39分35.244秒。

空を見上げれば、フォボスとダイモス、2つの月がある。

古くから親しまれてきただけあって、SFでは重要な役割を担う事も多い。

地球に最も近い(距離的には金星の方が近い)性質があるので、テラフォーミングや移住の計画もある。

少し昔には火星人が住んでいると信じられていた時期もあった。

今回は、そんなSF作品ではトップクラスのモチーフである「火星・マーズ」と、そこに住むと信じられていた「火星人」をテーマに据えた作品を紹介していく。

“「火星・マーズ/火星人」モチーフ作品特集” の続きを読む

「発明家」が主役の作品特集

prosthetic arm on blue background

発明が世界を変える

発明とは、それ以前の世界では出来なかった事を可能にする事だ。

発明は、気付きや仮説から始まり、苦労と努力を積み重ねる事で具体的な形となり、世界に生れ落ちる事となる。

発明の裏にはドラマがあり、発明によって世界が変わる事もあれば、重大な問題が解決する事も十分あり得る。

この記事では、そんな発明によって問題解決を試みる「発明家」を主役とした作品を紹介していく。

関連:「クラフティング、発明」モチーフ作品特集

“「発明家」が主役の作品特集” の続きを読む