【レビュー】写真を撮りたくなったら読む本 : 最高の一枚を巨匠に学ぶ【書評】

これは教科書では無い

終始一貫した読者に語り掛ける様な文体。

これはハウツーの1から100までを系統立てて掲載する様な、教科書の類の本では無い。

基本から順に説明こそ、されていく。

だが、読み心地、いや、読書体験としては、どちらかと言えば、こうだ。

あなたは、写真に興味がある。

そこで、巨匠の写真ばかりが並べられた写真展に、筆者に誘われ行く事となった。

筆者と共に会場内を順路通りに歩いていくと、筆者が写真の前で立ち止まる。

あなたにとっては、巨匠が撮ったと言う事しか分からない、何となく凄い写真の前だ。

あなた1人だったら、「いつかこんな写真を撮りたいな」と思って、ただ次の写真へと通り過ぎるだろう。

だが、筆者はあなたを手招く。

「この写真を見て、この写真は構図が良いね」

等と語り掛けられ、あなたは「構図?」と思いながら、改めて写真を見る。

「この写真には、こういうリーディングラインが使われている。ほら、ここだ。だから、この写真は迫力があって、動的に見えるんだ。良い写真だね。良い写真はね、みんな構図にこだわるんだ。ほら、こっちも」

みたいな話を聞き、あなたは「言われてみると、そんな気がする。確かに、写真には構図が大事なんだな」と基礎的な事から、徐々にだが、まず写真の見方を学ぶ。

それと共に、どうやって写真を撮れば良いかを考える切欠を、筆者に与えられる事になる。

そんな読み心地が近い。

教科書的では無いと言うニュアンスが伝われば良いが、この記事では、そんな本書を紹介していく。

“【レビュー】写真を撮りたくなったら読む本 : 最高の一枚を巨匠に学ぶ【書評】” の続きを読む
スポンサーリンク

モチーフに対して多角的な視点を持つと良いと言う話

selective focus photo of magnifying glass

もしや、シンプルに見過ぎていない?

モチーフを見る時、何をイメージするかは人それぞれだ。

だが、あまりにも単純で直球な見方だけだと、時に面白みに欠ける事がある。

今回は、1つのモチーフに対して持つべき複数の見方を紹介する。

“モチーフに対して多角的な視点を持つと良いと言う話” の続きを読む
スポンサーリンク

「狂う」と言う概念を説明しよう

man doing hand stand on mountain

「狂う」を分解する試み

時に、人は狂う。

誰しも、狂う可能性がある。

自分だけは正気でいられると考える人もいるが、それは間違いだ。

全員が”狂う可能性”を持っている。

あなたが正気だと自分の事を思っているなら、それは運良く狂わないでいるか、狂っている事に気付いていないだけだ。

今回は「狂う」と言う事について解説する。

網羅的な記事では無いが、主要な物には、おおよそで触れているので十分役立つと思う。

狂ったキャラクターを作る時にでも、役立てて欲しい。

“「狂う」と言う概念を説明しよう” の続きを読む

シナリオの書き方「使命に目覚めた超人物語」の脚本構造を紹介! 才能があるなら使命を果たせ!

「使命に目覚めた超人物語」とは?

ここでは「使命に目覚めた超人」をテーマにした物語の解説をします。

この形式の物語は、王道ヒーロー物の一つで、スーパーパワーや物凄い才能等を持った人物がヒーローになる物語です。

この形式の物語は、構造カテゴリーで別の言い方をするならば「使命を果たす為に、成長の旅をする物語」となります。 

“シナリオの書き方「使命に目覚めた超人物語」の脚本構造を紹介! 才能があるなら使命を果たせ!” の続きを読む

物語に必要な「テーゼ、アンチテーゼ、ジンテーゼ」を解説

black and gray angel statue decor

テーゼって何?

新世紀エヴァンゲリオンのオープニングテーマ「残酷な天使のテーゼ」。

「この、テーゼって何?」と思いつつ、「ま、いっか」と調べないままの人も多いと思う。

今回は、この「テーゼ」が、物語の中で重要と言う話と、テーゼの使い方を説明していく。

“物語に必要な「テーゼ、アンチテーゼ、ジンテーゼ」を解説” の続きを読む

【その1】物語世界の広がり方についての解説

sky and clouds

物語世界の広がり方にはパターンがある

物語は、進行と共に作品世界が広がる物だ。

作品世界が目まぐるしく変化し、ジェットコースターの様に感じたり、登場人物と共に旅を楽しむ様な胸の高鳴りを感じたり、作品のテイストによって印象は変わるが、そこには、お決まりのパターンが存在するのは、ご存じだろうか?

今回は、その辺について解説していく。

この法則性を理解していると、物語世界を広げるのが苦手な人は、どういう方向で広げれば良いのか、あるいは、広げる順序はどうすれば適切かが理解出来るだろう。

“【その1】物語世界の広がり方についての解説” の続きを読む

なぜ最初の方で「ログライン」を作る様に言われるのか

plastic animal toys on wooden surface

ログライン作成がもたらす効能

ログラインを作れと言われた事がある人、どれぐらいいます?

実際に、創作プロセスでログラインを作ってる人、どれぐらいいますか?

今回は、どうしてログラインを作った方が良いのか、最初に作るとどんな得があるのか。

その辺を説明します。

ちなみに、参考までにですが、私はログラインは毎回作る派です。

“なぜ最初の方で「ログライン」を作る様に言われるのか” の続きを読む

【教える人が】人に学ばせる為に教師が気を付けるべき21の事【するべき事】

children inside a room participating in class

学びに導く為にする事、しない事

学校の先生か、子供の保護者か、会社で新人教育を任されたか、とにかく、あなたは誰かに物を教えないといけなくなったとする。

頭ごなしに無理やり教えた所で、反発されるのが関の山だ。

教えやすい生徒ばかりではないが、時に教師は生徒を選べない。

教える立場、仕事について、上手く行かない人に向けて、ちょっとした「教えるコツ」を伝えたい。

“【教える人が】人に学ばせる為に教師が気を付けるべき21の事【するべき事】” の続きを読む

【簡単】どうやって物語の構造を掴むのかを解説【構造のルール】

wood creativity child game

ポイントに注目すると、よく分かる物語の構造

スクリプトドクターをしていると、時々聞かれる「どうして物語の構造が分かるの?」みたいな質問。

長年の経験と言いたい所だけど、実は「ある点」に注目しているだけだったりします。

今回は、そんな話。

ポイントを掴めば、誰でも物語の構造が見えてきます。

過不足のチェックや、構成を考える時に役立つ知識となります。

“【簡単】どうやって物語の構造を掴むのかを解説【構造のルール】” の続きを読む