画像で見て分かる学べる、StableDiffusionのプロンプトの基本法則【基本アクション編】

ちょっとでも楽しく学ぼう

今回も、真面目な内容だけど、ジョークの分かる人向け。

基本の使用modelはcolorfulのV30で、リアル系の美人やイケメンに特化したmodel。

また、掲載されている画像は全て実在しない、画像生成AIによって生成された人物の画像です。

アイキャッチ画像は、記事内で使用しているmodelで生成した画像と言うだけで特に関係無いですが、これぐらいすぐに作れる様になるという指標の一つとでも思って下さい。

また、model毎に得意不得意があるので、あくまでも今回使うmodelの系統で当てはまりやすいと言う話ですので、2.5Dや2Dが得意なmodelでは全然違う挙動をする事も大いにあります。

記事シリーズ

関連記事画像生成AIを使うコツ集【Stable Diffusion/超初心者向け】

“画像で見て分かる学べる、StableDiffusionのプロンプトの基本法則【基本アクション編】” の続きを読む

画像で見て分かる学べる、StableDiffusionのプロンプトの基本法則【基本表情編】

ちょっとでも楽しく学ぼう

今回も、真面目な内容だけど、ジョークの分かる人向け。

基本の使用modelはcolorfulのV30で、リアル系の美人やイケメンに特化したmodel。

また、掲載されている画像は全て実在しない、画像生成AIによって生成された人物の画像です。

アイキャッチ画像は、記事内で使用しているmodelで生成した画像と言うだけで特に関係無いですが、これぐらいすぐに作れる様になるという指標の一つとでも思って下さい。

また、model毎に得意不得意があるので、あくまでも今回使うmodelの系統で当てはまりやすいと言う話ですので、2.5Dや2Dが得意なmodelでは全然違う挙動をする事も大いにあります。

記事シリーズ

関連記事画像生成AIを使うコツ集【Stable Diffusion/超初心者向け】

“画像で見て分かる学べる、StableDiffusionのプロンプトの基本法則【基本表情編】” の続きを読む

画像で見て分かる学べる、StableDiffusionのプロンプトの基本法則【クオリティ強調&人数変更編】

ちょっとでも楽しく学ぼう

今回も、真面目な内容だけど、ジョークの分かる人向け。

基本の使用modelはcolorfulのV30で、リアル系の美人やイケメンに特化したmodel。

また、掲載されている画像は全て実在しない、画像生成AIによって生成された人物の画像です。

アイキャッチ画像は、記事内で使用しているmodelで生成した画像と言うだけで特に関係無いですが、これぐらいすぐに作れる様になるという指標の一つとでも思って下さい。

前回記事画像で見て分かる学べる、StableDiffusionのプロンプトの基本法則【初心者脱出編】

関連記事画像生成AIを使うコツ集【Stable Diffusion/超初心者向け】

“画像で見て分かる学べる、StableDiffusionのプロンプトの基本法則【クオリティ強調&人数変更編】” の続きを読む

主人公の目的を定めないで物語を作る方法

billiard ball on bright orange surface

主人公に目的? んなもんねぇよ! って時

物語とは、主人公が問題を解決する行動によって紡がれる。

解決すべき問題は明確に決まって無くても、主人公が物語を通して何をするかが分かっていると、なんとなく見えてくる物。

主人公が物語を通して達成する目標、出来れば最終的な目的が見えていると、物語はそこに向かって考えれば良くて、とても考えやすい。

しかし、中には、主人公が全くもって目的も、目的に繋がる考えも、小さな目標も、こうしたいと言う意思も、使命も、任務も、危機感も、何も持っていない状態のデザインで作話をしたいと言う人もいる。

その場合、目的を定める事自体が、作者にとって苦痛なんて事も、たまにある。

自由でいたい、縛られたくない、どこかに向かいたい訳では無い。

そんな時、どうやって物語を作れば良いだろうか?

“主人公の目的を定めないで物語を作る方法” の続きを読む

【レビュー】はじめてのジェスチャードローイング 着衣とビッグシェイプ【書評】

見た目より印象を捉えて描く!第二弾!

第一弾のレビューは、こちら。

“【レビュー】はじめてのジェスチャードローイング 着衣とビッグシェイプ【書評】” の続きを読む

色々な物語に見る話の「長さ」についての再考察【調整と謝罪など】

scrabble tiles on white surface

本当ごめんなさい

なんて感じで、今までも何度か物語の長さに関する記事を書き、その中でメディア毎に変換する時の指標を示したりもした。

過去には、

物語の長さの単位

まず、物語の長さの単位は、その表現媒体によって大きく異なる。

以下、およそだが

  • 脚本400字詰原稿120ページ=120分(1ページ1分)
  • 長編映画1本=120分(OP・EDを除く)
  • ドラマ3話×40分=120分(OP・ED次回予告を除く)
  • アニメ6話×20分=120分(OP・ED次回予告を除く)
  • マンガ3冊×180ページ=540ぺージ(本編のみ)(約2~4ページ1分)
  • 小説1冊×400字詰原稿用紙300枚=120,000文字(読書毎分600文字平均なので200分かかる)

程度が相場となっている。

と……この様に、このブログの中では何度も紹介してきた。

この相場は、あくまでも”およそ”ではあるが、それを、より実態に即した物に調整した方が良いのかもしれないと感じる出来事が先日あった。

正直、それまで脳死に単位を使っていた部分があった。

あくまでも”目安”で”およそ”と、こんな時の為に正確を期して表現しといて尚ズレがあって、本当にごめんなさい。

“色々な物語に見る話の「長さ」についての再考察【調整と謝罪など】” の続きを読む

画像で見て分かる学べる、StableDiffusionのプロンプトの基本法則【初心者脱出編】

ちょっとでも楽しく学ぼう

なんとなく呪文唱えている人、そろそろ卒業しましょうか。

真面目な内容だけど、ジョークの分かる人向け。

基本の使用modelはcolorfulのV30で、リアル系の美人やイケメンに特化したmodel。

また、掲載されている画像は全て実在しない、画像生成AIによって生成された人物の画像です。

アイキャッチ画像は、記事内で使用しているmodelで生成した画像と言うだけで特に関係無いですが、これぐらいすぐに作れる様になるという指標の一つとでも思って下さい。

関連記事画像生成AIを使うコツ集【Stable Diffusion/超初心者向け】

“画像で見て分かる学べる、StableDiffusionのプロンプトの基本法則【初心者脱出編】” の続きを読む

「愚者の麻薬・モルヒネ」系作品についての考察

tarot cards

他人が愚者である事を維持し、自分が愚者である事を肯定する

相手が愚者であり続ける事は、一部の人からすると、とても都合が良い。

では、相手が愚者であり続ける様に仕向けたり、愚者になる様にするには、どうすれば良いか?

“「愚者の麻薬・モルヒネ」系作品についての考察” の続きを読む

感動的なシーンは、登場人物だけでなく見る者も救うべき、と言う話

focused young woman writing agenda in diary

登場人物が助かっても、見る者が救われないと感動は起きない?

感動的なシーンを描こうとして上手くいかない場合、色々な理由が考えられるが、その中でも結構多いのが「見る者が救われる」と言う事を意識出来ていないパターンがある。

“感動的なシーンは、登場人物だけでなく見る者も救うべき、と言う話” の続きを読む

StableDiffusionのmodel(checkpoint)使用感やクセの比較まとめ【W~Z】

画像生成AIのcheckpoint(学習データ)比較

細かい設定等は、StableDiffusionのmodel(checkpoint)使用感やクセの比較まとめ【A~B】を参照。

関連記事

商用利用に関しては、途中で規約が変わる場合もあるし、自分で最後は見て使ってね。

アルファベット順がズレてる事もあるかもだけど、気が付いたら直すけど気にしない方向で。

“StableDiffusionのmodel(checkpoint)使用感やクセの比較まとめ【W~Z】” の続きを読む
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。