「キャラクターの特別な関係」を構築すると物語が面白くなると言う話

group of people standing indoors

グループで囲め! 関係線を繋げ! 絆を育め!

登場人物の相関図、作っていますか?

作っているなら、それは機能していますか?

“「キャラクターの特別な関係」を構築すると物語が面白くなると言う話” の続きを読む
スポンサーリンク

「かわいそうはかわいい」の作り方

thoughtful young woman touching face and looking at camera in studio

可哀想なのは、可愛い?

「かわいそうはかわいい」と言う属性、あるいは性癖がある。

可哀想な目に遭っているキャラクターを見て、可愛いと言う魅力を感じる物だ。

酷い話に聞こえるかもしれないが、今回この事について作り方を解説していく。

“「かわいそうはかわいい」の作り方” の続きを読む

キャラクター類型、分類一覧

assorted sticker lot

キャラクターの一般的な分類について

この記事では、キャラクター、登場人物のジャンルをまとめ、整理して記載する。

他の記事とかぶるが、整理も兼ねて総括的な一覧に近づけられれば。

何かしら、参考になれば幸いです。

“キャラクター類型、分類一覧” の続きを読む

【レビュー】ヒーローズ・フィースト – D&D公式レシピガイド -【書評】

ファンタジー料理の真面目なレシピ本

今回紹介するのは、海外だと2020年10月27日に発売され、ベストセラーとなった書籍の日本語翻訳版となる。

「DUNGEONS&DRAGONS」の人気や知名度の差から、日本では海外程の大ベストセラーは、恐らく望めないだろう。

だが、本書は「DUNGEONS&DRAGONS」好きのみならず、全ての西洋ファンタジーと言うジャンルが好きな人に刺さる、最高に作り込まれた料理のレシピ本となっている。

“【レビュー】ヒーローズ・フィースト – D&D公式レシピガイド -【書評】” の続きを読む

【プロが教える】フレーバーテキストの考え方、作り方

composition of spoonfuls with various spices for healthy food preparing

フレーバーテキスト解説

今回は、フレーバーテキストについて説明する。

フレーバーテキストと聞くと、どんなイメージがあるだろうか?

フレーバーテキストは、作品を支え、物語を構築する重要な要素である。

上手に使えば、メインストーリーでは多くを語らす、フレーバーテキストによってディティールを補完する事も可能なほど、フレーバーテキストは物語の一部と言える。

基本の説明だが、参考になれば幸いだ。

“【プロが教える】フレーバーテキストの考え方、作り方” の続きを読む

「光と影」を学べる書籍を紹介

macro photography of tree

光と影を学べば、世界がリアルに色づく

どうして世界を見る事が出来るのか?

それは、目を通して脳が光を認識しているからだ。

つまり、絵を描く時や画を撮る時、光を、光によって発生する影を、反射や屈折を理解していれば、狙った効果や圧倒的なリアリティを獲得する事が出来る。

それは、グラフィックによって物語を描く際、大きな武器になる。

この記事では、光の原理や法則、または、それっぽく見えるテクニックが紹介された書籍を紹介していく。

参考にして貰えれば幸いだ。

“「光と影」を学べる書籍を紹介” の続きを読む

SF・ファンタジー世界観のリアリティを上げる方法【存在を自然にせよ】

superhero tree receiving tiny sneakers

自然にするとリアリティが上がる

不自然な所があると、人は違和感から「人為的」と感じ、リアリティが欠けると感じる。

なら、リアリティを上げる為に、色々な物を自然にすればいい。

だが、リアルな世界観じゃない場合、例えばSFやファンタジーの要素を入れ込むと、それだけで不自然となり、リアリティが下がってしまう。

そこで、今回はSF・ファンタジー設定にリアリティを付与する、いくつかの方法を解説する。

“SF・ファンタジー世界観のリアリティを上げる方法【存在を自然にせよ】” の続きを読む

「面白い切り口の地図・マップ」書籍を紹介

australia map

地図を見れば、色んな事が分かる

地図とは、言ってしまえば空間座標を二次元で表した物だ。

切り口次第で、無限に様々な地図を作る事が出来る。

地図の良い所は、対象の世界を俯瞰して見る事で、その視点で無ければ分からない事に気付きを与えてくれる事だろう。

この記事では、様々な切り口を持った「地図」を紹介していく。

“「面白い切り口の地図・マップ」書籍を紹介” の続きを読む