ご都合主義で考える物語創作

都合の塩梅

物語を創る際、必ずあるのが“どこまで都合良くするか”と言う観点。

今回は、いわゆる“ご都合主義”について、説明します。

Read more
スポンサーリンク
広告

「全ては自然に向かう」と言う基本法則の話。

超大事な視点「自然」

2019年10月3日。

オックスフォード大学で日本学を専攻しゴールドマン・サックスで日本経済の「伝説のアナリスト」として名をはせたデービッド・アトキンソン氏の東洋経済オンラインに掲載された記事『この法律が日本を「生産性が低すぎる国」にした。アトキンソン「中小企業基本法が諸悪の根源」』が話題になった。

内容としては、

  • 日本に足りないのは、「徹底した要因分析(原因究明)」
  • 日本が出来ているのは、「直観と直接的(運と表面)」な分析のみ
  • その結果が、今の「非効率的」な日本社会
  • 大きなターニングポイントは1964年(東京オリンピックの年)にあった中小企業基本法と言う「救済法」にある
  • 中小企業である事にインセンティブ(得)を与えてしまった為、中小企業のまま「成長を歪める」中小企業が多く出る結果となった
  • 健全な効率化を計れば、大企業に「成長」していく所にブレーキをかける皮肉な結果となった
  • 「表面」ではオリンピックで好景気感があったが、「裏面」の実態は景気減退だった
  • 外資脅威論から「守り」の姿勢を強めた結果、閉鎖的な経済圏が構築されて行った

と、抜き出せる。

氏が言いたい事は「非効率的な構造になる原因にメスを入れないと、表面を幾ら変えても問題は解決しない」と言う事だろう。

この分析は

内で詳しく読む事が出来る。

とは言え、世の中には分析に対して、否定的なコメントやレビューも見られるし、その意図も理解出来る。

そこには「最低賃金の研究のエビデンス(証拠)が否定されている」と言う物や、「全てが大企業化して中小企業が無くなると味気ない」的なコメントもちらほら見られた。

否定・批判的な意見も、肯定的な意見も、私はどちらも理解出来た。

その上で、氏の分析だが、客観的に見てかなり的を射ている様に私は感じた。

その理由が「全ては自然に向かう」法則に逆らっていない為である。

Read more

責任と功績のあり方とは?

「責任」と「功績」について

責任は負いたくないが、功績は欲しい。

それが人のサガと言う物かもしれない。

だが、責任と功績は、荷物みたいに自由に持ったり捨てたり出来る物とは性質が異なる。

今回は、責任と功績について説明する。

創作で、物語の中で、何かしらの形で役立てば嬉しく思う。

Read more

キャラクター要素【フィジカル】

キャラクターのフィジカル情報

キャラクターは、

  • パーソナル情報
  • フィジカル情報
  • メンタル情報
  • キャリア情報

の4要素を満たすほどに、ディティールの細かいキャラクターの創造が出来ます。

の記事で説明していますが、今回はその中で「フィジカル情報」に絞って説明します。

Read more

時代の空気が作品の共感を高める。「逃避」「革命」「理想」で時代を表現せよ!

時代に合っているか否か

その時代だからこそ大きくヒットする作品と言う物が、少なからずある。

その際、モチーフテーマだけでなく、ストーリーテーマがそこには大きく関わってくる。

いつの時代でも、人々は社会に不満を抱えている。

その不満を解消するストーリーテーマが、大きなブームを起こすのだ。

今回は、時代にマッチした作品を創る為の基本形3つを紹介する。

※この記事は、一部の例で有名作品のネタバレを含むのでご注意ください。

Read more

世界の仕組み。上位に下位は従う。

上位概念に下位概念は従う。

下位概念が「犬」なら、上位概念は「哺乳類」、更に上位概念は「動物」「生物」。

下位概念に行くと「チワワ」や「柴犬」等の犬種や、更に下位に行けば個体名等に辿り着く。

概念は上に行くにつれて範囲が広く、曖昧になり、下に行くにつれて範囲が狭く、具体的となる。

この、カテゴリー分けで使われる上位概念と下位概念の考え方以外にも、上位のルールに下位は従うと言うのが自然と言うのが、この世界の基本ルールの一つだ。

今回は、上位に下位が従うと言う事が自然とは、一体どういう事なのかを説明する。

Read more

キャラクター要素【パーソナル】

キャラクターのパーソナル情報

キャラクターは、

  • パーソナル情報
  • フィジカル情報
  • メンタル情報
  • キャリア情報

の4要素を満たすほどに、ディティールの細かいキャラクターの創造が出来ます。

の記事で説明していますが、今回はその中で「パーソナル情報」に絞って説明します。

Read more

【物語コンサルタント事例紹介】ソシャゲのキャラを魅力的にするには?

コンサル事例「キャラクターの魅力を引き出せ!」

  • クライアント:中堅ソーシャルゲーム制作会社プロジェクトリーダーA氏
  • 依頼内容:主力サービスとして、主に男性向け美少女キャラクターを中心としたガチャゲームを提供している。だが、他社の同系統ゲーム程の人気キャラクターが中々生まれず、困っているので助けて欲しい。
  • やり取り:ビデオチャットとメールのみ(かなり遠隔地だった為)
  • 成果物:問題点・改善案の提示
Read more