【物語の創り方】点を繋げる創作法。

物語のプロセスを線で考える方法

今回は、簡単な物語創作法を伝授したい。

この方法を使えば、誰でも自然な物語を考えられる筈だ。

 

Read more

スポンサーリンク
広告

「全ては自然に向かう」と言う基本法則の話。

超大事な視点「自然」

2019年10月3日。

オックスフォード大学で日本学を専攻しゴールドマン・サックスで日本経済の「伝説のアナリスト」として名をはせたデービッド・アトキンソン氏の東洋経済オンラインに掲載された記事『この法律が日本を「生産性が低すぎる国」にした。アトキンソン「中小企業基本法が諸悪の根源」』が話題になった。

内容としては、

  • 日本に足りないのは、「徹底した要因分析(原因究明)」
  • 日本が出来ているのは、「直観と直接的(運と表面)」な分析のみ
  • その結果が、今の「非効率的」な日本社会
  • 大きなターニングポイントは1964年(東京オリンピックの年)にあった中小企業基本法と言う「救済法」にある
  • 中小企業である事にインセンティブ(得)を与えてしまった為、中小企業のまま「成長を歪める」中小企業が多く出る結果となった
  • 健全な効率化を計れば、大企業に「成長」していく所にブレーキをかける皮肉な結果となった
  • 「表面」ではオリンピックで好景気感があったが、「裏面」の実態は景気減退だった
  • 外資脅威論から「守り」の姿勢を強めた結果、閉鎖的な経済圏が構築されて行った

と、抜き出せる。

氏が言いたい事は「非効率的な構造になる原因にメスを入れないと、表面を幾ら変えても問題は解決しない」と言う事だろう。

この分析は

内で詳しく読む事が出来る。

とは言え、世の中には分析に対して、否定的なコメントやレビューも見られるし、その意図も理解出来る。

そこには「最低賃金の研究のエビデンス(証拠)が否定されている」と言う物や、「全てが大企業化して中小企業が無くなると味気ない」的なコメントもちらほら見られた。

否定・批判的な意見も、肯定的な意見も、私はどちらも理解出来た。

その上で、氏の分析だが、客観的に見てかなり的を射ている様に私は感じた。

その理由が「全ては自然に向かう」法則に逆らっていない為である。

Read more

責任と功績のあり方とは?

「責任」と「功績」について

責任は負いたくないが、功績は欲しい。

それが人のサガと言う物かもしれない。

だが、責任と功績は、荷物みたいに自由に持ったり捨てたり出来る物とは性質が異なる。

今回は、責任と功績について説明する。

創作で、物語の中で、何かしらの形で役立てば嬉しく思う。

Read more

世界の仕組み。上位に下位は従う。

上位概念に下位概念は従う。

下位概念が「犬」なら、上位概念は「哺乳類」、更に上位概念は「動物」「生物」。

下位概念に行くと「チワワ」や「柴犬」等の犬種や、更に下位に行けば個体名等に辿り着く。

概念は上に行くにつれて範囲が広く、曖昧になり、下に行くにつれて範囲が狭く、具体的となる。

この、カテゴリー分けで使われる上位概念と下位概念の考え方以外にも、上位のルールに下位は従うと言うのが自然と言うのが、この世界の基本ルールの一つだ。

今回は、上位に下位が従うと言う事が自然とは、一体どういう事なのかを説明する。

Read more

なぜテーマを絞った方が良いのか? テーマの仕組みを解説

テーマは絞った方がベター

物語創作において「テーマ」とは、必ずついて回る必須要素だ。

だが、これは人によっては、大問題となる。

テーマを決めて作るタイプの人にとっては、「大海原を進む船に行き先を示す方位磁針」の様な心強い味方となる。

しかし、テーマを創作しながら探すタイプの人にとっては、「手探りで探さねばならない、沼に沈んだ宝石」の様に、見つけるまでが厄介だ。

この「テーマ」と言う物だが、あらかじめ決めるにしても、探しながら作るにしても、「少ない方が良い物」なのだが、その程度ならなんとなく聞いた事ぐらいあるだろうか?

「テーマ」とは、少ない方がよりベターな要素だ。

今回は、なぜ「テーマ」は絞った方が創作が上手く行くのか、その仕組みを具体定期に解説したい。

Read more

【フィクションだけど】メタフィクション作品を解説!【フィクションじゃない】

メタフィクションは世界を繋げる

メタフィクションとは、創作物の中にある『フィクションの世界と現実世界の境界を曖昧にする手法』である。

ウェキペディアや他の説明サイトの例を挙げると、

  • 「フィクション内フィクション」
  • 「作者が登場する物語」
  • 「物語を創る・見る人に関する物語」
  • 表題、区切り、プロット、構成、キャラといった「物語の約束事や客観視点からでなければ分からない事柄に触れる物語」
  • 物語の登場人物として「期待される行動と自覚した上で行動をとる登場人物」
  • 自分が「フィクション内にいる自覚を表明する登場人物」
  • 物語に注釈を入れつつ物語を進める「叙述的脚注」
  • 「メタ視点によって通常と異なる順序で楽しむ事ができる非線形の物語」
  • 物語に対する「読者の反応を予想する物語」

等の条件に当てはまる作品がメタフィクション作品となる。

この記事では、例を多分に交えながらメタフィクション作品について分類と簡単な解説をしていく。

尚、記事の性質上一部の例は重大な「ネタバレ」を含む

一応、ネタバレに配慮はするが、嫌なら後で見よう。

また、複数パターンにまたがる物もあるが、複雑になる為、一つずつしか記載しない。

Read more

描きたいものが無い時、どうすれば良いの?

テーマもモチーフも定まらない全ての人へ

2019年1月26日、サイバーコネクトツーの松山洋氏が「週刊少年松山洋」にて『描きたいものが無いんです』と言う記事を掲載した。

この手の質問は、私も良く受け取る。

 

この記事、Twitterのリツイートで流れてきて、個人的には賛同も共感も出来た。

 

「やるだけ」「なんでもいい」「描くしかない」「とにかく描け」

 

結局は、クリエイターは作品をつくるしかない。

前に進む行動を、し続けるしかない。

 

そんな熱いメッセージが感じ取れる記事なのだが、私は記事の中に出てくる質問者さんを知らない為、ここで少し考えてしまう。

 

「足掻いている」クリエイターの卵が「描きたい物が無い」「どうしたら良いアイディアが浮かんでくるのか?」と聞いてきた時だ。

返事として「なんでも良いから描け」は、真理の一つであり、愛がありつつも、少し乱暴では無いだろうか? と……

 

そこで「とにかく作れ」と言う真理を語る前に、そこに至る道を、真理や感性では無く理論立てた説明で、勝手ながら別の形で質問に答えようと思った次第である。

Read more

羞恥心が物語を面白くすると言う話。

羞恥心をくすぐろう

羞恥心とは、恥を感じる際に湧き上がる「恥ずかしいと言う気持ち」を指す。
登場人物の羞恥心描写は、物語を非常に面白い物にする。
登場人物が恥ずかしいと言う気持ちになると、どうして物語が非常に面白くなるのか?

結論から書けば、それは登場人物の「欠点・弱点・至らなさ」と言った描写に繋がり、そこには強烈な葛藤が発生するからである。

この記事では、その辺について詳しく説明する。

Read more

駄作は俯瞰視点で面白く見るべきと言う話【分析・解説】

駄作は好きですか?

駄作とは、文字通り「駄目な作品」を指す。

出来栄えに、何らかの問題を抱えたまま「完成!」となった作品だ。

より感情的で汚い言葉を使えば、クソみたいな作品の事である。

愚作、拙作なんて言い方もあるが、細かい意味や使う立場によって違うので、この記事では駄作で統一させてもらう。

駄作は、世の中で少ないに越した事は無い。

だが、必ずクリエイターは作った事がある。

駄作を踏まずに名作を完成させるのは、至難の業だ。

しかし、もし駄作と知らずに見ると、憤りと不愉快さに悶絶する事もしばしばだ。

だが、そんな駄作も、実は『メタ』な楽しみ方が出来るエンターテイメントでもある。

そのまま見ても面白くないが「駄作と知った上」で「相応の覚悟」をして見に行くと、そこには違った味わいがあるのだ。

お化け屋敷やジェットコースターの様な、怖いもの見たさに近い。

名作・良作・秀作では味わえない、何とも言えない味わい深さが、一部の駄作には存在する。

王道やパラダイムから大きく外れた作品以外にも、間違った方に尖ってしまった結果、駄作となってしまう作品も沢山ある。

この記事では、そんな駄作を種類毎に分け、例と共に説明していく。

なお、様々な作品のネタバレを含んだ記事なので、ネタバレを避けたい人は読まない事。

あと、筆者の匙加減で駄作をセレクトしているので、好きな作品が駄作に入れられていたら嫌だと考える人も、気分を害す可能性があるので注意してください。

また、駄作要素以外の所では優秀・凡庸な面を持つ作品も当たり前ですが入っています。

Read more