【話の種】反面教師の話

man in black and white polo shirt beside writing board

嫌になるぐらい反面教師な先生ばっかの人生であった

私は、学校が嫌いだった。

いや、今も別に好きじゃない。

その理由は、教師と言う人種に対して、あまりにも悪いイメージが強い人とばかり遭遇してきた人生だったので、好きになる理由を探す方が難しいからだ。

感謝している恩師と言えるような先生は、本当に少ない。

きっと、日本中どこにでもある、極て、ありふれた話だろう。

全然人脈に恵まれていないが、他と比べると特筆して悪くは無い、皆がまあまあ不満な状態の、モブの一人に過ぎないのかもしれない。

一方的な自分語りになるが、それでも、反面教師としか存在価値を見出せなかった存在について思い出していく。

学校で、教師と言う人種に悩んでいる人の目にでも止まれば嬉しい。

“【話の種】反面教師の話” の続きを読む
スポンサーリンク

美談とは何か?

person standing in front of a train

美談の正体

美談とは、現実世界で時々聞く言葉だ。

主に、実際に存在する誰かのエピソードとして語られる。

そのエピソードに対して、美醜で評価をつけた物と言うわけだ。

しかし、美しい見た目でも美談が無い人もいれば、特別美しくないのに数多くの美談を持つ人もいる。

つまり、美談とはエピソードの美しさであり、登場人物の美しさとは関係が無いと言う事だ。

では、美談が多い人と、少ない人、あるいは、まるで存在しない人の差は、どこで現れるのだろうか?

“美談とは何か?” の続きを読む
スポンサーリンク

無名から有名になるには? 売名行為についてと、低コストな宣伝・広告・プロモーション手法についての簡単な考察

street lights

あなたは有名になりたい?

有名になりたいと言う願望は、多くの人が持っている。

社会的地位を確立したい人もいれば、必要に駆られての人、優越感を感じたいだけの人、その理由は様々だ。

売名行為と聞くと、悪いイメージを持つかもしれない。

だが、実際は、どうだろうか?

“無名から有名になるには? 売名行為についてと、低コストな宣伝・広告・プロモーション手法についての簡単な考察” の続きを読む

ここ最近のブロックチェーンゲームの話(BCG第11回)【話の種】

世間の熱が落ち着いてしまった感

  1. お金を稼げるゲームをさわり始めた話(第1回)【Axie Infinity】
  2. お金を稼げるゲームを約1ヶ月遊んだ話。(第2回)【Axie Infinity】
  3. お金を稼げるゲームで遊んでいる話。(第3回)【Axie Infinity】
  4. お金を稼げるゲームで色々と遊んでいる話。(第4回)【Axie Infinity】【splinterlands】
  5. お金を稼げるゲームで色々と遊んでいる話。(第5回)【Axie Infinity】【splinterlands】【他】
  6. お金を稼げるゲームで色々と遊んでいる話。(第6回)【Town Star】
  7. お金を稼げるゲームで色々と遊んでいる話。(第7回)【Town Star】【Gala Games】
  8. MirandusのVOX(NFTガチャ)オンライン販売イベントの巻(BCG第8回)【Mirandus】【Gala Games】
  9. 【Gala Games】Mirandusのテストプレイ&VOX開封結果とか(BCG第9回)【話の種】
  10. 【Gala Games】NFT WEEKS TOKYOに行った話とか(BCG第10回)【話の種】

と、去年の7月から今年の1月まで、色々あった。

だが、仮想通貨の大暴落、株とか金利、ウクライナ侵攻、とにかく色々な煽りばかり受け続け、プラスの出来事が少ない事で、なんとも大人しい状況だ。

噂では、去年のバブルな状態の時に比べると、NFT取引数は9割ぐらい落ち込んでいるとか。

私自身、楽しみにしていたウォーキングデッドのVOX販売会(40万円近くするNFTガチャ)も見送ってしまった。

そんな感じなのだが、とりあえず現状を備忘録的に残しつつ、去年のバブルにBCGに手を出した人が、現状、リアルにどんな状態かを記そうと思う。

“ここ最近のブロックチェーンゲームの話(BCG第11回)【話の種】” の続きを読む

想像力を飛躍的に広げるテクニック「前提放棄」

assorted color signages

一度、捨てよう

創作をしていると、真面目なだけではダメな場面に遭遇する事がある。

普段、真面目に考えている人ほど、真面目に不真面目を考えてしまい、どうしても面白くならない時がある。

そんな時、常識を一度捨てるのが、とても重要になる。

普通で、常識的で、理解出来ると言うのは、真面目の領分だ。

ならば、それを捨てれば、どうなるか?

“想像力を飛躍的に広げるテクニック「前提放棄」” の続きを読む

【ネタバレ無し感想】『魔法が解けて シーズン4』を見ました。

安定して面白いものの……

やっと「魔法が解けて」のシーズン4をネットフリックスで視聴し終わりました。

作品リンク:https://www.netflix.com/search?q=%E9%AD%94%E6%B3%95%E3%81%8C%E8%A7%A3%E3%81%91%E3%81%A6&jbv=80095697

作品としては非常に面白かったですが、シーズン4はこれまでの登場人物の再利用が多い上に、いつものノリ、いつものオチと、慣れによる物足りなさも。

以下、感想をば。

“【ネタバレ無し感想】『魔法が解けて シーズン4』を見ました。” の続きを読む

コンテンツ創造テクニック「好都合化」の一つ「合法化」について解説しよう

tunnel with lights

そうだ、合法化しよう

人には、それぞれ好きな物がある。

だが、好きな物の、全てが好きかと言うと、そういう物は稀だろう。

例えば、あなたの好きな人を想像して欲しい。

全てが好きだと言うなら、情熱的に愛している状態で、「恋は盲目」に近い状態だろう。

だが、少し冷静になると、かなり好きな人でも「ここだけは受け付けない」と言う要素の一つや二つや三つ、いや、もっとある筈だ。

無計画、無頓着、デリカシー無し、無職、薄給、車の運転が下手、トイレの使い方が気に食わない、家事をしない、子育てしない、空気読めない、臭い、不潔、パワハラ、セクハラ、モラハラ、等々、等々……

「なおして」と言う事もあれば、「もういいや」と諦める事も、それが積もり積もって「もう一緒にいられない」なんて事も。

それは、人に限らず、物でも同じだ。

好きな料理でも、作るのが面倒くさい、後片付けが面倒くさい、満足感に比べて高すぎる、なんて理由で作る頻度が落ちる事だってある。

そう、人には、好きな物とセットとなっている嫌いな物が、大抵あるのだ。

で、それを上手に「好都合化」する事は、大勢に求められる良いコンテンツを作る時には、重要な考え方である。

ラーメンであれば、どんなに好きでも、ゼロから作るのは流石に骨が折れるだろう。

だから、その面倒をお金の力で解決した、ラーメン屋、インスタント麺、コンビニ飯、等々に大きな需要がある。

好きな物とセットになっている嫌いな部分を代わりにやったり、楽になる様に工夫する事で、コンテンツの価値が大きくなっているわけだ。

で、今回説明するのが、その「好都合化」の一つ「合法化」である。

“コンテンツ創造テクニック「好都合化」の一つ「合法化」について解説しよう” の続きを読む

「見たくない表現に触れない権利」についての考察

a woman with eye mask sleeping in the bed

そもそも、そんな権利あるの?

「たわわ事件」あるいは「たわわ騒動」で少し話題となった、「見たくない表現に触れない権利」と言う概念。

ザックリ説明すると「新聞の広告に、青年漫画に登場する、胸の大きな女子高生のキャラクターのイラストが掲載された」事を問題視する人が声をあげ、そこから広がった議論の中で登場した概念である。

読んでそのまま「個人が見たくない表現に触れないと言う権利が侵害された」と言う事に対して問題視した発言と思われる。

皆が快適に過ごす社会を目指すのであれば、属性の住み分けが必要な事は理解出来る。

だが「見たくない表現に触れない権利」と言う物がある事を前提とした話になると、少し深堀していく必要がある。

今回は、そんなトレンドに乗っかった考察をしていく。

“「見たくない表現に触れない権利」についての考察” の続きを読む

【話の種】初めてエンカウントしたエロマンガを探した話

woman in green button up shirt holding newspaper

そもそも実在するのか?

メディアの変化によって、はじめて遭遇するエロコンテンツの形も、昔とは大きく違うだろう。

今回は、人生で初めて遭遇したエロマンガを、興味本位に探したという下らない話。

“【話の種】初めてエンカウントしたエロマンガを探した話” の続きを読む

弱いからこそ人は、他人を攻撃すると言う話

Anti Aircraft Gun

攻撃者=弱者?

暴力は、強い者が振るうイメージがあるかもしれない。

それが言葉でも、拳でも、武器であっても、暴力を振るう側が常に強者に見える。

だが、それは少し違う。

強者も暴力は扱える。

しかし、真の強者は暴力に訴える必要が無い。

攻撃をする時点で、その点で弱者と言う話を、今回は少ししよう。

“弱いからこそ人は、他人を攻撃すると言う話” の続きを読む