物語のコンセプトに必要な3つのポイント

そもそもコンセプトとは?

「概念」「全体を貫く基本的な観点、考え方」と辞書には、載っています。

かなり抽象的です。

概念、観点、考え方、どれも本当の事ですがコンセプトに対するイメージが定性的だからか、コンセプトを重要視していない人が、周りを見ても沢山います。

「じゃあ、コンセプトって具体的にどれぐらい大事なの」と聞かれたら、その時は即答で「一番大事」だと答えます。

「コンセプトは、一番大事」ぐらいに思っていない人がいれば、その考えを改める必要があります。 “物語のコンセプトに必要な3つのポイント” の続きを読む

物語を創る時に絶対に決めた方が良い1つのポイント

最初に決める事とは?

まずは、物語を創る始点を、おさらいします。

あなたの書きたい物語を、ある種のマーケティング風に仮説を立て、「誰に」「何を」「どうやって」届けるかが決まっているとします。

あなたは、書きたい物語を抽象的なイメージやアイディアから、徐々に具体的な形に整えていく必要があります。

その際、何から具体化するかですが、「主人公」「行動」「世界」のどれかを具体的にする事で、次に具体的にする物が見えます。 “物語を創る時に絶対に決めた方が良い1つのポイント” の続きを読む

物語の登場人物を構成するのに必要な要素を紹介

登場人物とは?

物語に出てくるキャラクターです。

主人公もキャラクターですし、ヒロインも敵もキャラクターです。

じゃあ、そもそもキャラクターって何なのでしょうか?

キャラクターとは?

・登場人物そのもの

・登場人物の性格や性質

これがキャラクターですが、まあ、なんとなく分かっていたと思います。

では、物語におけるキャラクターとは何なのでしょうか?

“物語の登場人物を構成するのに必要な要素を紹介” の続きを読む

物語の構造に対する複数の視点。物語の基礎知識

物語は何で出来ている?

物語自体の詳しくは、辞書やWikipediaに委ねます。

また、楽しみ方という意味でなら、それぞれのお好みで楽しんでください。

ここで言う物語の見方は、その物語の素材や構成部品への認識の話になります。

 

物語を最低限の部品で考える

まず、よく言われるのが、

  • 世界
  • 主人公
  • 行動

この3つがあれば、物語が作れるという見方です。
“物語の構造に対する複数の視点。物語の基礎知識” の続きを読む

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。