未来への投資と過去への清算とは?

未来と過去、どちらを見ている?

これは、主人公の目的ある行動が、主人公の人生においてゼロをプラスにするか、マイナスをゼロにするかを表しています。

 

投資と清算とは?

物語で描かれる主人公の行動は、より良くなりたいか、悪いものを良くしたいという感情で動機付けられます

より良くなりたいというのは、未来への投資活動で、目の前の問題を解決出来れば、素晴らしい未来が待っているから、行動します。

悪いものを良くしたいというのは、過去への清算活動で、過去の間違いや誤った選択を正す事で、正常な状態にしなければならず、行動します。

“未来への投資と過去への清算とは?” の続きを読む

スポンサーリンク

物語に必要な普遍的動機とは?

普遍的動機

普遍的動機とは、国・時代・宗教を問わず誰でも理解が出来る動機を指します。

具体的には、死にたくない、何か食べたい、恋人が欲しい、家族を危険から守りたい、復讐したい、等の文明の種類や発展具合によって変化しない類の動機です。

 

なぜ普遍的動機である必要があるのか?

普遍的であればある程、読者が動機に共感する可能性が高まります。 “物語に必要な普遍的動機とは?” の続きを読む

スポンサーリンク

物語を最高のエンディングから創り始めた方が良い3つの理由

なぜ最高のエンディングからなのか?

それは、最後から考えた方が圧倒的に効率が良いからです。

今回は、なぜ効率が良いかについて説明します。

1:問題解決を確実にするには?

物語には、問題解決の考え方が必要である事は、前回書きました。

問題解決とは、あなたにも馴染み深い(かもしれない)学校の勉強で出てくる問題と同じで、答えを知っていれば逆算が出来ます。

問題解決方法を知っている事が、最も確実に問題を解決する方法です。

“物語を最高のエンディングから創り始めた方が良い3つの理由” の続きを読む

物語上の目的の決め方とは?

「物語上の目的」と「物語自体の目的」

作ろうとしている物語の「物語上の目的」を決めると言って、すぐに出来るでしょうか?

出来るならそれは、明確に物語の方向性が決まっている事になります。

その際、「物語上」と「物語自体」の目的は別にある事を意識した事が無いなら、密接な関係がある事を意識して下さい。

出来ないなら、物語上の目的を探さなければなりません。 “物語上の目的の決め方とは?” の続きを読む

物語の主人公の条件とは?

主人公とは何者か

考えた事があるでしょうか?

実は、主人公には、主人公になる為の条件があります。

今回は、主人公について説明します。

主人公の条件

その主人公、主人公ですか?

タイトルになっているキャラクターが主人公?

未来少年コナン、名探偵コナン、るろうに剣心、バットマン、スーパーマン。

確かに、主人公っぽいです。 “物語の主人公の条件とは?” の続きを読む

物語をつくり始める時の始点を考えてみた

何から考えるか

物語を作る時、何から考えるでしょう?

今回は、それを考えてみたいと思います。

自分のスタイルがあるとは思いますが、他にもこんな考え方があるよ程度にお読みください。

何は無くとも大事な3点

物語は、次の

  • 世界観
  • キャラクター設定
  • キャラクターの行動

この3つがあれば、そこから想像が広がります。

これが一つの基本です。

 

どこで、だれが、なにをした。

これは、以前の記事「物語に対する見方について」にも出てきました。

この始点で作り始める場合、大事なのは「なぜキャラクターはそんな事をしたのか」です。

 

他には、何があるでしょう? “物語をつくり始める時の始点を考えてみた” の続きを読む