漫画家「三浦健太郎」簡易年表

三浦健太郎の歴史

  • 誕生日:1966年7月11日
  • 性別:男性
  • 国籍:日本

簡易年表

デビュー前

  • 両親ともにデザイナーの家庭に生まれ、高校時代には既に漫画を執筆していた。
  • 1984年、18歳の時に、漫画家「森川ジョージ」の下でアシスタント経験があるが、修行の必要がない程に、この頃既に絵が上手く、すぐに帰らされた経験がある。
  • 1985年、19歳、少年マガジン第34回新人漫画賞で「再び」が入選。

デビュー

  • フレッシュマガジン掲載の「NOA」で商業誌デビュー。
  • 1988年、22歳、日本大学藝術学部美術学科在学時に「ベルセルク(読切りのプロトタイプ版)」を執筆、「コミコミ」に投稿。

ヒット

  • 1989年、23歳、「月刊アニマルハウス(現ヤングアニマル)」にて「ベルセルク」を連載開始。
  • 1989年~「王狼」「王狼伝」「ジャパン」を「ベルセルク」と並行連載。
  • 1997年、31歳、「ベルセルク」アニメ放映開始。
  • 1999年、33歳、ドリームキャスト用ゲーム「ベルセルク」発売。
  • 2002年、36歳、第6回手塚治虫文化賞マンガ優秀賞。
  • 2004年、38歳、PS2用ゲーム「ベルセルク」発売。
  • 2008年、42歳、GACKTが声を担当するボーカロイド「がくっぽいど」のキャラクターデザインを担当。
  • 2012年、46歳、「ベルセルク」新作劇場版として再アニメ化。
  • 2013年、47歳、24年ぶりの新作として「ギガントマキア」を連載。
  • 2016年、50歳、「ベルセルク」劇場版の続きのテレビシリーズが放映。
  • 2016年、PS3・4用ゲーム「ベルセルク無双」発売。

漫画

長期連載作品

  • ベルセルク(2019年1月現在、40巻まで刊行、連載中)

※更に詳細情報を知りたい人は、Wikipediaへ。

※この記事は、加筆・修正する予定です。

※年齢は、およそです。

※大半の情報ソースが、ネット上です。大間違いがあれば報告いただけますと幸いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください