【レビュー】The Silver Way 魅力と多様性でストーリーを動かすキャラクターデザインの発想と実践【書評】

最高のキャラクターデザイン教科書

著者の、ステーヴン・シルヴァーさんは、日本だと「キム・ポッシブル」等の作品のキャラクターデザインが有名だろう。

『卓越性は天賦の才能ではなく、勤勉の報酬として与えられるものである』

と言う、イギリスの画家ジョシュア・レイノルズの言葉を自身へ向けたメッセージにして、キャリアを積み重ねてきたと言うシルヴァーさん。

本書は、シルヴァーさんが25年を超えるキャリアの中で開発してきた様々なテクニックを、体系立てて整理し、誰でも習得可能な状態にまで丁寧に噛み砕いた、キャラクターデザイン基礎理論の集大成的な物である。

実践すれば、天賦の才が無くとも、勤勉さによってのみキャラクターデザインの高みに辿り着ける。

そんなガイドブックだ。

2017年4月にアメリカで発売されるとベストセラーとなり、2021年3月にやっと日本語訳版が発売された。

しかし、日本人の絵に対する好みの問題なのか、この本、日本でそこまで大きく注目されていない。

だが、ちょっと待って欲しい。

絵柄の好き嫌いはあるかもしれないが、本書はアートブックでもあるが、絵のテイストの好みとかの前に、かなり優秀なデザインの参考書なのだ。

キャラクターデザインをレベルアップさせたいと考えている人は、真面目に一度手に取って欲しい

本当に、良書だから。

“【レビュー】The Silver Way 魅力と多様性でストーリーを動かすキャラクターデザインの発想と実践【書評】” の続きを読む
スポンサーリンク

「ワン・シチュエーション」系作品特集

person standing on top of rock

場所を動かず問題解決

様々なシチュエーションによって、ほとんどその場から動かずに、どうにかして問題を解決しようとする状況が生まれる事がある。

この記事では、ほとんど、あるいは完全な、見せ場のシーンが「ワン・シチュエーション」で物語が動いていく作品を紹介していく。

“「ワン・シチュエーション」系作品特集” の続きを読む
スポンサーリンク

「タイムスリップ、タイムリープ」系作品特集

shallow focus photography of hourglass

時間を移動する事で起きるドラマ

何らかの方法で未来を一度体験した状態で今をやり直したり、何度も同じ時間を繰り返したり、過去や未来に行ったり。

様々な手法で「時間を移動する」事をテーマとした作品群がある。

この記事では、そんな『時間遡行、時間移動、タイムパラドックス、タイムマシン、タイムトラベル、等』と言った要素を扱った作品を紹介していく。

“「タイムスリップ、タイムリープ」系作品特集” の続きを読む

面白いストーリーの作り方「起承転結を使わない方が上手く行く」の法則

militray men sky diving

起承転結は、一旦忘れよう

最初に言っておこう。

起承転結も、それ以外の3幕構成や序破急、パラダイムは何でも、とても役に立つ。

でも、使わない方が、上手く行く事がある。

今回は、なぜ起承転結を使わない方が上手に物語を作れるのか、その理由を解説していく。

“面白いストーリーの作り方「起承転結を使わない方が上手く行く」の法則” の続きを読む

『GAOMON/S630』をレビューするぞい【中華ペンタブレット】

PCでもandroid機でも動く初心者向けのペンタブ入門機

まず最初に断っておく。

私は、それなりに長く使っているワコム製品愛好者だ。

と言っても、ヘビーな使い方はしておらず、使用用途としては、Adobe製品等による画像の編集や、簡単なお絵描きと言った感じになる。

液タブは「Cintiq Companion 512GB SSD DTH-W1300H/K0」を、

板タブは「WACOM Intuos3 A5サイズ クリスタルグレー PTZ-630/G0」を、

それぞれ現役で愛用している。

そんな状態で、この

「GAOMON ペンタブレットS630 8192筆圧電源不要ペン付き 266PPS反応速度 Android対応5×3.18インチお絵描き板タブ」

を使ってみた感想とレビューとなる。

“『GAOMON/S630』をレビューするぞい【中華ペンタブレット】” の続きを読む

「SF時代劇」系作品特集

stainless steel armor

古い時代に未来の技術

そういう世界、未来や宇宙からの来訪者、過去から未来へのタイムスリップ、オーバーテクノロジーの発掘、ポストアポカリプス、スチームパンク……

様々な設定によって接続する「SF設定」と「時代劇設定」と言う組み合わせによって生まれる独自の世界。

この記事では、そんな「SF時代劇」の要素が登場する作品を紹介していく。

“「SF時代劇」系作品特集” の続きを読む

「集中」と「集中力を高める方法」について解説

shallow focus photo of paint brushes

集中について詳しく解説

「鬼滅の刃」には、「全集中の呼吸」と言う技術が登場する。

鍛錬によって増強した心肺を使い、一度に大量の酸素を血中に取り込む事によって、肉体や身体能力を一時的に強化する特殊な呼吸法として、劇中に登場した。

これはフィクションの設定で特殊な技能だ。

だが「集中」と言う物が、物凄く大事と言う事を、非常に巧みに表現されている良い例でもある。

集中する事で、様々なベクトルの力が、意識的に一点に集まる事になる。

集中する事は、短期決戦で、短い時間で大きな成果を出す事に役立つ。

長期的な努力や積み重ねが必要な物には向かないが、短期的に会得や完成を目指せる物には、滅法強い。

そんな「集中」について、解説していく。

“「集中」と「集中力を高める方法」について解説” の続きを読む

「大団円ちゃぶ台返し系」作品特集

close up of scrabble tiles forming the words the end

ハッピーエンドは通過点?

続編商法の被害者か、あるいは正当な続編か?

綺麗な大団円を迎えたにもかかわらず、大団円を一時の物として反故にし、続編を作る事が、時々ある。

そうなると、前作では全てが納まる所に納まったのに、続編で全てが失われているスタートなんて事も珍しくない。

この記事では、そんな作品を紹介していく。

完全な蛇足か、更なる名作へのステップアップか、感じ方は人それぞれだが、この手法を嫌う人は間違い無くかなりいるので、使い方に注意が必要と言えるだろう。

  • 綺麗な大団円をひっくり返す
  • 実は終わっていなかったと普通に続ける
  • 新たな事件が起きる
  • 世代を変える

等々、様々な手法があるが、前作キャラの扱いが酷いと、荒れやすい。

“「大団円ちゃぶ台返し系」作品特集” の続きを読む

「分解」と「デフォルメ」が使えれば世界が少し簡単に見える法則

dslr camera flat lay

何でもシンプルにしちゃおう

まず最初に、あらゆる物は何かの集合体と言える。

極端な話が何でも分解していけば、分子、原子、素粒子、ヒモと言った所まで分解できると言う事だ。

そこまで分解すると、構成物が多すぎたり、把握しきれない要素が出てくるのでおススメ出来ないが、程よい分解は、難しく見えていた要素をシンプルにしてくれる。

次に、分解以外にも要素をシンプルにする方法があって、それはデフォルメと呼ばれる。

今回は、そんな要素をシンプルにする「分解」と「デフォルメ」について解説する。

難しいと感じたら、とりあえずシンプルにするのは、とても役に立つ考え方だ。

“「分解」と「デフォルメ」が使えれば世界が少し簡単に見える法則” の続きを読む

【キャラクター創作法】意識の「高い」と「低い」を描き分けよう

hot air balloons flying over town in daytime

意識の高低差って何?

今回は、知って得する「意識が高い」と「意識が低い」の差を解説しようと思う。

現実にも当てはまるが、これが明確に理解出来ていると、キャラクターを描き分ける時にキャラがブレる事がグンと減るだろう。

意識の高低差って、どうやって考えれば良いか分かる?

“【キャラクター創作法】意識の「高い」と「低い」を描き分けよう” の続きを読む