「風呂、銭湯、温泉、サウナ」モチーフ作品特集

white ceramic sink with faucet

体と心を癒す場所

天然の温泉には野生の動物も入りに来る事から分かる通り、暖かいお湯に浸かる事は肉体と精神に何らかの作用をもたらす。

温度だけでなく、ミネラルが含まれた天然温泉にもなれば様々な効能が期待出来、質の良い温泉が湧く場所には湯治場が出来て栄えさえする。

様々な形態の風呂、文化毎のマナーの違い、歴史、語れる事は非常に多く、掘り下げればどれも面白い。

そんな深い観点だけでなく、創作において風呂は、特別な意味を持つ事もある。

風呂を舞台にすると言う事は、自然な形で裸体を描く事になる。

なので、いわゆる「水着回」と同じ様に「お風呂回」と呼ばれる読者視・聴者へのサービス回の舞台となりがちだったりもする。

この記事では、そんな「風呂」等をテーマに据えた作品を紹介していく。

“「風呂、銭湯、温泉、サウナ」モチーフ作品特集” の続きを読む
スポンサーリンク

「偽札」モチーフ作品特集

grey metal case of hundred dollar bills

通貨偽造と言う重罪

通貨偽造は、めちゃくちゃ罪が重い。

それは、その性質上、場合によって通貨の信用を貶め、最悪の場合には国家転覆へと繋がる可能性があるからだ。

なので、コピー機には紙幣を複製出来ない様にコピーガードがあるし、玩具のお金は一目見て偽物と必ず分かる様に作られている。

もし偽札を作ったり使ったりすれば、懲役で3年以上、下手をすると無期懲役と言った重い罰を受ける事になる。

なので、現実だと、偽札を作ってもバレない自信がある人や、金も技術もある犯罪組織、あるいは他国を攻撃しつつ外貨獲得を目論む国家が行うか、罪の重さを知らないが行動力があるバカな人が手を染める事が多い。

しかし、フィクションの世界では、偽札は一転、魅力的なモチーフとなる。

きっと考えた事がある人は多い筈だ。

楽にお金を沢山手に入れたい。

自分がお金を作れれば無限に手に入るのに、と。

この記事では、そんな「偽札」をテーマに据えた作品を紹介していく。

“「偽札」モチーフ作品特集” の続きを読む
スポンサーリンク

「プラモデル、模型」モチーフ作品特集

modern toy robot on bright shelf near wall

組み立てる喜び

特定のモチーフを精巧に、数分の1と言うサイズに縮小した組み立て式の模型。

組み立てるだけでも、徐々に形が出来上がっていくのが楽しい。

色を塗り替えてもオリジナリティが出せて楽しい。

パーツを組み替えたり、改造したり、ポーズを取らせて撮影したり、完成品で遊んでも、他人の作品を眺めても、何をしても楽しい。

そんな「プラモデル」や「模型」をテーマに据えた作品を、この記事では紹介していく。

“「プラモデル、模型」モチーフ作品特集” の続きを読む

「コスプレ」モチーフ作品特集

close up of row

見た目を真似る喜びと面白さ

有名人のファッションを真似る様に、特徴的外見の職業や架空の存在の恰好を真似る行為、コスプレ。

見た目を好きな存在に寄せるだけで、人は幸せになり、時に行動の変化にさえ繋がる。

人は見た目だけでは無い。

だが、見た目も人の重要な要素である。

人は見た目を変える事で、それを自覚する事で内面にまで影響を受けて変化する。

この記事では、そんな「コスプレ」と言う行為をテーマに扱った作品を紹介していく。

“「コスプレ」モチーフ作品特集” の続きを読む

「起業、開発、新規事業」モチーフ作品特集

marketing exit technology business

新しい事を始める人々

新しく何かをするのは、大変な事だ。

全く新しい事は理解されないし、既存の物なら先行者が有利となる。

それでも果敢に0を1に、1を100にする為に、人々は苦労し、工夫し、時に争い、競い合う。

どうやって立ち上がりを軌道に乗せたのか、ボトルネックをどうやって超えたのか、そう言った苦労話は、誰もが興味があるし、多くの人が共感出来る。

この記事では、そんな「起業」や「製品開発」とか「新規事業立ち上げ」等をテーマとして描いた作品を紹介していく。

“「起業、開発、新規事業」モチーフ作品特集” の続きを読む

「だるま」モチーフ作品特集

set of daruma dolls in market

元はインドの仏教僧だったが

達磨は、元々はインドの仏教僧の菩提達磨の事で、他に達磨祖師、達磨大師等と呼ばれる凄い人だ。

達磨の坐禅姿を模した日本の置物が「だるま」と言う、お馴染みの奴である。

要は、お坊さんをキャラクター化した姿であり、縁起物としても定着していて、大勝負に勝ったら目を入れる等の風習も存在する。

人形のだるまは、そのデフォルメされた特異な見た目から、似た形状の物も「だるま」と呼ぶ事になる。

雪だるまが代表的だが、四肢欠損状態の人の事を指す事もある。

この記事では、そんな広義の意味で「だるま」をテーマにした作品を紹介していく。

“「だるま」モチーフ作品特集” の続きを読む

「埴輪、土偶」モチーフ作品特集

古代に作られた土焼き人形

宗教的なシンボルなのか、人形や飾りの類なのか、正確な事は分からず予想するしかない。

日本では、縄文時代や古墳時代に作られたが、似た様な人形自体は世界中に存在する。

この記事では、そんな「ハニワ」や「ドグウ」がテーマに使われた作品を紹介していく。

“「埴輪、土偶」モチーフ作品特集” の続きを読む

「社会的評価上位が下位の存在のファン」展開がある作品特集

woman wearing brown shirt carrying black leather bag on front of library books

あの人が、こんな自分の事を見てくれてる

こんなにうれしい事は無い。

SNSで有名な漫画家、小説家、イラストレーター、芸術家、プログラム採点競技系スポーツ選手、そう言った「自分と同じジャンルの表現的成功者」をフォローしたら、相手からフォロー返しがあった様な嬉しさ。

更に「フォローありがとうございます。前からあなたのファンなんです」なんてメッセージでも返って来た日には、天にも上る様な気分になる人もいるだろう。

それは、フィクションでも勿論同じ。

劇中で、主人公よりも社会的評価が客観的に高い人、つまり成功者が、主人公みたいな冴えない奴を、尊敬している、リスペクトしている、愛しているなんて展開が来れば、主人公に感情移入して作品を楽しんでいる読者や視聴者からすれば、物凄く嬉しい体験となる。

社会的評価より大事なのは、例え成功していなくても、ある人の表現が別の誰かの人生に大きな影響を与え、感動を生んだり救っている事だ。

この記事では、そんな「社会的評価上位が下位の存在のファン」と言う展開が存在する作品を紹介していく。

“「社会的評価上位が下位の存在のファン」展開がある作品特集” の続きを読む

「ぼっち、コミュ障」モチーフ作品特集

adult alone boy building

コミュニケーションが苦手だけど

人は社会性のある生き物であり、一人で生きるのには限界がある。

どうしても、他人とコミュニケーションが取りたくなってしまうのだが、もし、極度にコミュニケーションが苦手や下手くそだったら?

他の人が当たり前に出来る事が出来ない場合、当たり前の事を工夫し頑張ってするだけで、そこには葛藤が、劇的なドラマが生まれる。

コミュニケーションと言う問題を解決する為に、奔走する姿は、共感性が非常に高い。

誰もがコミュニケーションを100点満点で出来ないのが普通だからこそ、少しでもコミュニケーションが苦手な人を見ると、どこかしらで気持ちが分かる瞬間があるわけだ。

この記事では、そんな「一人ぼっち」や「コミュ障」な登場人物が活躍する作品を紹介していく。

“「ぼっち、コミュ障」モチーフ作品特集” の続きを読む