「ハイジャック、乗物ジャック、乗物暴走」モチーフ作品特集

low angle photo of airplane flying over high rise buildings

閉鎖空間の支配権を奪われる恐怖

犯罪者や悪者によってか、あるいは不幸な事故か。

乗物が制御不能に陥った時、乗っている人や、乗物が突き進む先にいる人がどうなってしまうのか。

この記事では、そんな「ジャック」や「暴走」で制御不能になる乗物がモチーフとなる作品を紹介していく。

“「ハイジャック、乗物ジャック、乗物暴走」モチーフ作品特集” の続きを読む
スポンサーリンク

「マジシャン、奇術師、手品師、マジックショー」モチーフ作品特集

person doing card trick

種も仕掛けもあります

でも、分からない。

だからこそ、面白い。

人の修正や視線、注意力を自在に操ったり、思い込みを巧みに誘発したり。

近年では、マジックの種明かしも増えてきたが、その昔は絶対の秘密だった時代もある。

そんな「マジシャン」や「マジックショー」をテーマに据えた作品を紹介していく。

“「マジシャン、奇術師、手品師、マジックショー」モチーフ作品特集” の続きを読む
スポンサーリンク

「家を建てる、家の建築、建築家」モチーフ作品特集

house in the middle of crop field

夢のマイホーム?

自分の持ち家を持ちたいと思った事がある人は、多いだろう。

借家だと出来ない事が出来る自由さは、大きな魅力だ。

自分の物と言う所有感も、心地良いだろう。

この記事では、そんな「家を建てる」事や、「建築家」をテーマにした作品を紹介していく。

関連記事:「巨大建造物の建設、解体」モチーフ作品特集

“「家を建てる、家の建築、建築家」モチーフ作品特集” の続きを読む

【話の種】お金を稼げるゲームをさわり始めた話【Axie Infinity】

ブロックチェーンゲームに可能性を感じた今日この頃

ゲームでお金を稼ぐと言うのは、割と昔から憧れがあった。

RPGでギルやゴールドを表示カンストするまで溜めたりして、

「このお金が実際に使えたら良いな」

と、何度思った事か。

オンラインゲームでは、違法な物もあるがリアルマネートレードが昔から存在し、実際のお金にゲーム内通貨を変える人は、一定数いた。

でも、オンラインゲームにのめり込み過ぎるのは、正直怖い所がある。

ゲームの大会で優勝したり、プロチームに入るのは、私のゲーミングスキルでは難しすぎる。

ゲーム配信で広告、投げ銭、案件、コーチング、様々なアプローチで稼ぐ方法もあるけど、どれが自分に合っているのかも、出来るのかも分からなかった。

ゲームをプレイする事でお金を稼ぐ方法自体は、かなり増えているが、私の様なゲームプレイヤーには、稼ぐのなんて夢の様な話であった。

そんなある日だ。

ブロックチェーンゲームなる物が存在する事を、SNSやら動画配信サイトで広めようとしている人がいて、数か月前に知るに至った。

「ブロックチェーンゲームって、パズルゲーム的な何か?」

と言うレベルから、実際に初めて見た感想や、困った事、実際に稼げるのか等々を、この記事ではサックリ語ろうと思う。

何かの参考になれば幸いだ。

“【話の種】お金を稼げるゲームをさわり始めた話【Axie Infinity】” の続きを読む

「ゴキブリ、害虫」モチーフ作品特集

a fearful woman having katsaridaphobia

害虫代表

ある意味で、非常に身近な昆虫。

英語では、Cockroach。

突然家の中に現れた時の衝撃は、かなり大きい。

個人的には見るのも、思い出すのも嫌な存在だ。

だが、そんな「ゴキブリ」等の「害虫」をモチーフとした作品も、世の中には存在する。

敵として出てくることもあれば、擬人化して味方として出る事も、主人公である場合さえある。

この記事では、そんな作品を紹介していく。

記事中に直接の描写は無いが、当たり前だがモチーフが嫌いな人は無理に見ない方が良い。

“「ゴキブリ、害虫」モチーフ作品特集” の続きを読む

「旧型・改修・量産機が、果敢に強敵・新型機と戦う」激熱展開のある作品を紹介するぞ!

crop duster on runway in daytime

みんな大好きロマン展開

この展開が嫌いな人って、存在するの?

例えば、

後継機に乗り継いだ後で時間を稼ぐ為に旧型機を持ち出したり、

新型機はハッキングや装備対策がされているからアナログな旧型の攻撃だけが通用するとか、

もう燃える展開しか、これらの設定では生まれ得ないと言っても過言ではない。

この展開を描く為だけに作品を作っても正当化される程に、最高に気持ちが良いパターンと言える。

この記事では、そんな熱い「旧型機」類が「最新鋭機」等に戦いを挑む展開が描かれる作品を紹介していく。

“「旧型・改修・量産機が、果敢に強敵・新型機と戦う」激熱展開のある作品を紹介するぞ!” の続きを読む

「バーテンダー」モチーフ作品特集

photo of assorted liquors

酒場の守護者

バーやパブでアルコール類を客に提供するのが、バーテンダーの主な仕事である。

呼称自体は1830年代にアメリカで生まれたらしく、専門職としての歴史は意外と浅い。

だが、アルコールを提供するだけがバーテンダーでは無く、シャイカーを振ってカクテルを混ぜる姿を多くの人がイメージする様に、その専門性は非常に高いと言える。

中でも、フレアーバーテンティングと呼ばれる、ボトル、シェイカー、グラス類を用いたカクテル作りの工程を客に魅せる競技も存在するのは、特殊と言えるだろう。

何気ないカクテルの注文で、突然目の前にジャグリングの様なスゴワザを容易そうに披露されたら、感動するしかない。

この記事では、そんな「バーテンダー」をテーマにした作品を紹介していく。

“「バーテンダー」モチーフ作品特集” の続きを読む

なぜ最初の方で「ログライン」を作る様に言われるのか

plastic animal toys on wooden surface

ログライン作成がもたらす効能

ログラインを作れと言われた事がある人、どれぐらいいます?

実際に、創作プロセスでログラインを作ってる人、どれぐらいいますか?

今回は、どうしてログラインを作った方が良いのか、最初に作るとどんな得があるのか。

その辺を説明します。

ちなみに、参考までにですが、私はログラインは毎回作る派です。

“なぜ最初の方で「ログライン」を作る様に言われるのか” の続きを読む

「デュラハン、首無し騎士」モチーフ作品特集

knight armor

頭を探す騎士の幽霊

元々は、アイルランドに伝わる首のない馬にまたがる、首の無い男の姿をした妖精で、人に予言的に死期を知らせる不吉な存在だった。

また、その昔は、戦争や処刑では物理的に頭を奪う事が一般的だった。

頭を落とされるのは負けであり、罪人の証であり、恥であった。

だからか、戦死や処刑によって頭を失った騎士の幽霊が夜な夜な頭を探しまわるなんて創作も存在する。

この記事では、そんな「デュラハン」と呼ばれる類のモチーフを描いた作品を紹介していく。

“「デュラハン、首無し騎士」モチーフ作品特集” の続きを読む

【2021年現在】「放送が続いている日本の国民的長寿アニメ」特集

retro tv on river shore near forest

長く愛されている名作

長く続くには、わけがある。

親しまれるキャラクター、物語の拡張性、1話毎の完成度。

この記事では、日本で現在進行形で長く続くアニメーション作品を紹介していく。

“【2021年現在】「放送が続いている日本の国民的長寿アニメ」特集” の続きを読む