「バトル」をテーマにした、魅力的な作品の描き方【さらに深堀パラダイム編】

man people sport portrait

バトルをもっと深く理解する

前々回前回に引き続き、バトルモノの描き方を解説していく。

“「バトル」をテーマにした、魅力的な作品の描き方【さらに深堀パラダイム編】” の続きを読む
スポンサーリンク

SF・ファンタジーに登場する「架空の物質・元素・粒子・エネルギー」を紹介!

pink gemstone

これがあるから世界が成り立つ!

SFやファンタジーの世界には、設定の根拠となるモノが登場する。

これは、完全なフィクション設定であり、それをリアリティを持って描く事で作品世界観は、現実的で魅力的となる。

この記事では、そんな「架空の物質・元素・粒子・エネルギー」を紹介していく。

同時に、実在するが実用化されていない事でフィクションで使われる事がある物も、同時に掲載していく。

“SF・ファンタジーに登場する「架空の物質・元素・粒子・エネルギー」を紹介!” の続きを読む
スポンサーリンク

「バトル」をテーマにした、魅力的な作品の描き方【基本編】

fashion man people woman

何がバトルを魅力的にするか

「バトル」をテーマとした作品。

ずいぶんとザックリした分け方だが、いわゆる「バトルモノ」は、どうすれば魅力的になるだろうか?

“「バトル」をテーマにした、魅力的な作品の描き方【基本編】” の続きを読む

【物語のコツ】登場人物が持つ8つの『忠誠の拠り所』を解説

a beautiful dog breed with a thick coat

何に忠誠を誓うのか?

忠誠を誓うキャラクターは、古今東西人気がある。

だが、分かりやすく忠誠心を示す忠犬キャラだけが、忠誠心を持っている訳では無い。

全てのキャラクターが、何らかに忠誠心を持っている。

今回は、そんな「忠誠の拠り所」によって、キャラクターを8つに分け、解説していく。

“【物語のコツ】登場人物が持つ8つの『忠誠の拠り所』を解説” の続きを読む

【テクニック】面白い会話劇の作り方「キャラクターのサブテーマ固定法」を紹介

sticky notes on board

面白い会話劇を作ろう

物語を描く上で、登場人物同士の会話は、非常に重要な物だ。

会話劇が面白いか、平凡かで、作品の評価は大きく変わる。

今回は、面白い会話劇を作り出す、一手法を教えよう。

それが「キャラクターのサブテーマ固定法」である。

他にも言い方や一般的な名称があるだろうが、まあ、そんな事は些細な問題だ。

面白い会話劇、作りたいよね?

なお、今回の内容は、いちおう初心者向けである。

“【テクニック】面白い会話劇の作り方「キャラクターのサブテーマ固定法」を紹介” の続きを読む

名言を生み出すのに役立つ11の表現

light inside library

名言を、どう表すか?

名言を生み出す9つの方法で、基本的な名言を生み出すコツ、と言うか考え方をいくつか紹介した。

今回は、その言葉を、どうやって表現するのか、また基本的な手法をいくつか紹介する。

組み合わせる事で、表現の幅が広がるだろう。

“名言を生み出すのに役立つ11の表現” の続きを読む

名言を生み出す9つの方法

light inside library

どうすれば言葉で心を刺せるのか?

名作には、名言が存在する事が多い。

人によっては、ずっと心の中に残り続け、言葉を胸に勇気をもって強く生きる事が出来るなんて事もある。

そんな作品が書ければ、作者は誇らしいだろう。

名言、名セリフ、金言、格言、等のそう言った物は、いったいどうすれば作り出せるのか?

今回は、その秘密の一端をコッソリと明かす。

“名言を生み出す9つの方法” の続きを読む

「河童、カッパ」モチーフ作品特集

waterfalls in forest

アジアの水棲妖怪

頭頂部の皿、亀の様な甲羅、相撲が好きで、尻子玉を抜く、緑色の肌をした、くちばしを持つ妖怪。

おおよそ、その様なイメージが一般的だろうか。

この記事では、そんな「河童」をモチーフとした作品を紹介していく。

“「河童、カッパ」モチーフ作品特集” の続きを読む

「天狗、テング」モチーフ作品特集

テング👺

詳しい説明は、充実のWikipediaを見て欲しい。

鼻が長くて、翼があり、肌が赤くて、山伏の恰好をした、妖怪。

一般的には、そんなイメージがあるであろう「天狗」。

元は中国由来の妖怪で「流星」なのだとか。

地方によっては、天狗信仰をしていた場所もあって神として扱われている天狗もいれば、山伏や修行僧、あるいは外国人を見間違えた説まで、実に様々。

この記事では、頭が良く老獪で特別な道具を持っている仙人の様な描かれ方をする事も多い「天狗」をモチーフとした作品を紹介していく。

“「天狗、テング」モチーフ作品特集” の続きを読む