「ガチャ」モチーフ作品特集

different gift boxes placed om each over on white table

ギャンブルの一形態

ガチャポン、ガチャガチャ、様々な呼び方をされるギャンブルの一種「ガチャ」。

一定のお金やポイントを支払うと、一定規格の価値が違う物がランダムで必ず手に入ると言う物だ。

一昔前までガチャと言えばカプセル自販機を指したが、今ではソーシャルゲーム内のシステムの方が身近な人も多いだろう。

この記事では、そんな「ガチャ」が劇中の重要な要素として機能する作品を紹介していく。

“「ガチャ」モチーフ作品特集” の続きを読む
スポンサーリンク

「鍛冶屋・鍛冶師・ブラックスミス」モチーフ作品特集

man forging metal

金属製の道具を作る職人

鍛冶師と言えば、やはり刀鍛冶が印象深いだろうか。

金属を叩いたり加工する事で、自在に道具を作る職人全般を指すのだが、みんなは、鍛冶にどんなイメージがあるだろう?

薄暗い鍛冶場で炉の明かりに照らされ、ハンマーで金属を叩く姿は、粗忽さや、伝統的な重み等を感じるかもしれない。

しかし、それは鍛冶の歴史が古いからであって、金属加工すること自体が最先端だった時代、鍛冶師は最先端の職業であり、腕の良い鍛冶師は今で例えると腕の良いプログラマーの様な、引っ張りだこの高給取りだった事すらある。

武器も鎧も、今でこそ歴史的な価値やロマン溢れるアイテムだが、それが実用的だった時代では、武器も鎧も現代の物で例えると自動車の様な、良い物を持っているとステータスとなる実用品であった。

それを考えると、古代や中世、ファンタジー世界の鍛冶師の在り方は、現代の刀工そのままのイメージでは無い部分もあるかもしれない。

この記事では、そんな「鍛冶」に関わる人等をモチーフとした作品を紹介していく。

“「鍛冶屋・鍛冶師・ブラックスミス」モチーフ作品特集” の続きを読む
スポンサーリンク

「ピエロ・クラウン・道化師」モチーフ作品特集

photo of a clown

笑われ、笑わせ、怖がらせ

独特の様式美を持つビジュアルは、パッと見でそれが何者かを見る者に印象付ける。

整えられた催し物においては、人を笑わせたり、喜ばせる為の存在として機能する。

だが、日常の中に現れると、その異物感は半端じゃない。

その為、名作「IT」以降は、ホラーを担うキャラクターとしても大人気となっている。

この記事では、そんな「ピエロ」や、それに準じたり、類するモチーフを扱った作品やキャラクター、人物を紹介していく。

“「ピエロ・クラウン・道化師」モチーフ作品特集” の続きを読む

「エンド・オブ・ほにゃらら」系作品特集【インパクト】

close up of scrabble tiles forming the words the end

何かの終わりを描くインパクト

終末と言う一区切りは、大きな意味を持つ。

それ自体がターニングポイントとなったり、嫌でも物事に変化の切欠を与えるからだ。

その規模が大きければ、その衝撃は更に大きくなる。

この記事では、そんなタイトルだけで既にインパクトがある「エンド・オブ」系作品を紹介していく。

“「エンド・オブ・ほにゃらら」系作品特集【インパクト】” の続きを読む

「アンチ、パロディ・スーパーマン」系作品特集

boy in blue and red shirt wearing blue framed eyeglasses

ifのスーパーマン

スーパーマンは、1938年6月30日発売のACTION COMICS No.1でデビュー後、現在も活躍し続けているスーパーヒーローを代表するキャラクターだ。

この歴史あるヒーローは長い時間をかけて、ただのキャラクターからスーパーマンと言う共通認識の概念となり、いくつもの派生作品を世に生み出した。

共通認識になったと言う事は、一般のモチーフとして機能すると言う事である。

モチーフに出来ると言う事は、西遊記がドラゴンボールを生み出した様に、新たな作品のベースとして作品が消費されるだけの、モチーフとしての強度を獲得していると言う事だ。

この記事では、そんな「スーパーマン」と言うモチーフを扱い、どう見てもスーパーマンモチーフだが、別物に仕上げたアンチテーゼ(反対の理論、主張)やパロディを含む作品を紹介していく。

ちなみに、アンチを含むと言っても、作者達がベースとなる作品を貶める様な事は無く、アンチ作品と言うアプローチをとっているに過ぎない事は、先に断っておく。

アンチ作品を作るのは、その作品が好きだからモチーフにするのだ。

“「アンチ、パロディ・スーパーマン」系作品特集” の続きを読む

「雷・電撃・電気を操るメインキャラクター」登場作品特集

photo of lightning

神の力を操る奴ら

その昔、電気と言えば『雷』だった時代、電気は神の物だった。

時代は移り変わり、人類は電気が何かを解明し、やがて利用する様になった。

電気は、電荷の移動や相互作用によって発生するさまざまな物理現象の総称でしかない。

神格化は薄れたが、同時に電気は一般化し、現代社会で電気を使わない生活は考えられないぐらいにまで文明に浸透している。

そんな「電気」を、能力や技、あるいは属性として持つキャラクターがいる。

その中でも、今回は味方側のメインキャラクターとして活躍する作品を紹介していく。

主役や、その中心的な仲間と言う位置づけのキャラクターだ。

“「雷・電撃・電気を操るメインキャラクター」登場作品特集” の続きを読む

【超加速】「体感時間が変わるぐらい速い」キャラクター登場作品特集【加速装置】

shallow focus of clear hourglass

体感時間が早くて周囲の動きがゆっくりに感じる

自分だけが自由に動ける、超加速世界。

様々な作品で描かれ、憧れを抱いた人は非常に多いだろう。

この記事では、そんな「体感時間が変わるぐらい速い」描写がある作品を、キャラクターと併せて紹介していく。

“【超加速】「体感時間が変わるぐらい速い」キャラクター登場作品特集【加速装置】” の続きを読む

「VS・対」系作品特集

battle black board board game

何と何を競わせる?

実力が拮抗したり、簡単には勝負がつかない者同士が衝突や競争をすれば、そこに葛藤が生まれる。

葛藤さえあれば、そこにはドラマも生まれる。

この記事では、そんな「バーサス」がキーワードとなる作品を紹介していく。

どうでも良いけど、「VS」ってついてるけど「それって対してるとか、対戦カードで無く、ただの共闘だよね」って作品、日本の作品に多くない?

“「VS・対」系作品特集” の続きを読む