「相撲」モチーフ作品特集

grayscale photo of a sumo wrestling match

日本の国技

日本の神に捧げられる神事や祭の類、「神聖な試合」それが相撲の基本とされている。

肉体を鍛えた相撲取り(相撲レスラー)が、まわし、髷(まげ)を身に着けた独特のスタイルで正々堂々の勝負に挑む「厳格」さが代々求められてきた。

同時に裏では「暴力」や「八百長」等の問題と常に向き合って、業界をクリーンにする闘いの歴史もある。

これは、利権、賞金、違法な賭け事が裏で絡むスポーツならではの、自然発生してしまう問題だろう。

他に「相撲と言えば河童」とか、海外では「sumo-wrestling」と呼ばれていたり、色々なイメージがあったりもする。

この記事では、そんな「相撲」をモチーフとした作品を紹介していく。

“「相撲」モチーフ作品特集” の続きを読む
スポンサーリンク

「体操競技」モチーフ作品特集

常人離れした運動神経

体操競技とは、つり輪・あん馬・鉄棒・床運動・平均台・段違い平行棒・跳馬・平行棒・新体操・トランポリン・スポーツエアロビクス・パルクール、等の体操を使った競技だ。

これらの競技は、見た目にも美しい。

競技として点数を競う面白さ以外に、アクロバティックな動きから、一種のサーカスを見ている様な視覚的な面白さが普遍的にあったりもする。

競技化以前の世界では同じ事が出来る人は、身体を極限まで鍛えて動きで魅せる事が出来る人がもっと限られた為、サーカスの軽業師や雑技団等、かなり数が限られただろう。

この記事では、そんな肉体を鍛えてアクロバティックな動きで人々を魅せる「体操競技」をモチーフにした作品を紹介していく。

“「体操競技」モチーフ作品特集” の続きを読む
スポンサーリンク

連載漫画1話目比較「ヒカルの碁」「DEATH NOTE」

構造で見る漫画のテクニック

映画脚本では、ハリウッド流のパラダイムに沿って作れば大きな間違いは起きないかもしれない。

だが、脚本と小説が別物であるように、漫画と言う表現形態もまた、別物である。

しかし、メディアが違っても、同じ物語を描く媒体である事に変わりはなく、漫画には漫画独自のパラダイムが存在している。

今回は「ヒカルの碁」「DEATH NOTE」と言う2作の有名作品を、パラダイムで比較し、その中で使われているテクニックを紹介していく。

予告をしていた「パワーのない主人公がパワーのある相棒と出会う系」の作品となる。

各作品のAmazonリンクを設置しておくので、単行本が手元にない人はサンプルを利用して実物を見ながら見ると、より分かりやすくなるはずだ。

もちろん、手元に単行本がある人は、それを見るのが手っ取り早いだろう。

“連載漫画1話目比較「ヒカルの碁」「DEATH NOTE」” の続きを読む

連載漫画1話目比較「武装錬金」「僕のヒーローアカデミア」「鬼滅の刃」「呪術廻戦」

構造で見る漫画のテクニック

映画脚本では、ハリウッド流のパラダイムに沿って作れば大きな間違いは起きないかもしれない。

だが、脚本と小説が別物であるように、漫画と言う表現形態もまた、別物である。

しかし、メディアが違っても、同じ物語を描く媒体である事に変わりはなく、漫画には漫画独自のパラダイムが存在している。

今回は「武装錬金」「僕のヒーローアカデミア」「鬼滅の刃」「呪術廻戦」と言う4作の有名作品を、パラダイムで比較し、その中で使われているテクニックを紹介していく。

予告をしていた「パワーのない主人公がパワーを与えられる系」の作品となる。

各作品のAmazonリンクを設置しておくので、単行本が手元にない人はサンプルを利用して実物を見ながら見ると、より分かりやすくなるはずだ。

もちろん、手元に単行本がある人は、それを見るのが手っ取り早いだろう。

“連載漫画1話目比較「武装錬金」「僕のヒーローアカデミア」「鬼滅の刃」「呪術廻戦」” の続きを読む

「猫・キャット」モチーフ作品特集

animal pet cute portrait

犬に並ぶ人類の友

イエネコの祖先は約13万1000年前に中東の砂漠などに生息していた亜種リビアヤマネコと言われている。

文明が出来る以前から人類と深い関りがあり、古代文明でも愛されていた事が分かっている猫。

モチーフとしての人気は動物の中では特に強く、猫と言うだけで一部の人には強力なフックになる事さえある。

この記事では「猫・キャット」をモチーフとした作品を紹介していく。

“「猫・キャット」モチーフ作品特集” の続きを読む

「配達人・ポストマン」モチーフ作品特集

person in black long sleeve shirt holding white tissue paper

大事な物を必要とする場所へ運ぶ人

繋ぐ仕事は、今も昔も重要だ。

人と人、町と町、国と国を繋ぐと言う事は、距離を超えたコミュニケーションを可能にすると言う事である。

現代では、電話やインターネットの普及によってアナログな「手紙」は「通話」「メール」「メッセージ」等に主役を取って代わられた部分もある。

距離だけでなく、その距離でかかる時間まで減らしたコミュニケーションには勝てないからだ。

また、3Dプリンタや遠隔操作ロボットの登場によって、「データによる物の再現」や、「行動」「技術」までもが距離を超えて行く時代になりつつある。

だが、それでも「繋ぐ仕事」の重要度は、決して無くならない。

その価値が劇的に下がるとしたら「テレポーター」「転送装置」が一般に普及する様な技術革新が起きてからだろう。

それは「実物と実物を物理的につなぐ」と言う事でしか出来ない事が、依然として存在しているからだ。

この記事では、時代や状況によって変化する「配達人・ポストマン」をモチーフとした作品を紹介していく。

“「配達人・ポストマン」モチーフ作品特集” の続きを読む

【容赦無し】「無慈悲に大事な人を失う」描写がキツイ作品特集【つらすぎ】

creepy artwork made of various metal nails

あのキャラが、そんな目に遭うの!?

ハードな物語の中では、誰しも命の危険がある。

命を懸けて、それが意味があれば感動に繋がる。

でも、もし意味が無かったり、その意味の答えを見つけるまでが、あまりにも遠かったら?

「無駄死に」や「理不尽描写」によって、大事な人が失われる事ほど、辛い事は無い。

この記事では、そんな「無慈悲に大事な人を失う」事で、最大級の絶望と喪失感を味わうメインキャラクターが登場する作品を紹介していく。

なお、重大なネタバレを含む作品が多くなるので、その点は注意。

“【容赦無し】「無慈悲に大事な人を失う」描写がキツイ作品特集【つらすぎ】” の続きを読む

「自動車」モチーフ作品特集

happy friends on camper van roof

自動車の魅せる世界

1769年に、フランス陸軍の技術大尉ニコラ=ジョゼフ・キュニョーが製作した「キュニョーの砲車」と呼ばれる蒸気自動車の発明から幕を開けたと言われる自動車の歴史(自動車事故の歴史も同時で、時速3㎞しか出ないのに塀に激突してしまったとか)。

1870年には、ユダヤ系オーストリア人のジークフリート・マルクスによって「第一マルクスカー」と呼ばれる、世界初のガソリン車が登場。

歴史を重ね、自動車は動力や材料を変え、機能を増やし、現在も年々高性能化をして行っている。

ステータスやロマン、あるいは日常の一部となった自動車。

この記事では、そんな「自動車」をモチーフとした作品を紹介していく。

“「自動車」モチーフ作品特集” の続きを読む

「ボルダリング・スポーツクライミング」モチーフ漫画作品特集

自分の力だけで壁を登っていくスポーツ

元はフリークライミングの練習と言う位置付けで始まり、後にフリークライミングの一種目となったと言う側面があるボルダリングと言うスポーツだ。

カラフルな手掛かり(ホールド)や足場(スタンス)が設置された人口の壁面を、安全の為にロープを着けた選手が、チョークをつけ、専用のシューズを履いて、早さを競ってスイスイ登っていく様なイメージがある。

2020年のオリンピックから正式種目に採用される等、スポーツの中で市民権を得て、そのブームによって競技人口は急速に増えている様です。

スポーツクライミングと言うくくりだと、2020年現在、日本でおよそ60万人、世界では2500万人ほどいるそうです。

この記事では、そんな人気スポーツとして注目されている「ボルダリング・スポーツクライミング」をモチーフとした漫画作品を紹介していきます。

“「ボルダリング・スポーツクライミング」モチーフ漫画作品特集” の続きを読む

「メタフィクション」作品特集

どうやって世界の境界を曖昧にするか

メタフィクションとは、フィクションの世界と他の世界の境界を曖昧にする手法。

その他の世界とは、現実も含まれる。

等の過去記事でも触れてきたが、この記事では「メタフィクション」を効果的に、時には小ネタとして使った様々な作品を紹介していく。

メタフィクションについて詳しく知りたい人は

の記事を読むと分かるかも。

“「メタフィクション」作品特集” の続きを読む