図で見て分かる。物語の基本構造

物語とは、構造物?

物語には、始まりがあって終わりがある。

始まりと終わりの間には、何があるのか?

もしかしたら、あなたは「とてもじゃないが簡単に説明出来る様な単純な物では無い」と思っているかもしれない。

だが、それは物語について、少なくとも「構造と言う観点」で深く理解出来ていないだけで、実は非常にシンプルな物だ。

物語には、決まった型がある。

それは例えるなら、洋服の型、建物の構造設計、数学の計算式ぐらいの明快なルールや条件、作法が定められている。

もし、あなたが「ストーリーテリングには明快なルールが無い」とか「文学は数学と違って表現に無限の可能性がある」と考えているのであれば、それは科学の時代に魔法を信じ続けている様な、時代遅れの認識だと言わざるを得ない。

構造を考えずに物語を作ると言うのは、かなり難しい。

考えないで構造物を構築するには、経験やセンスが必要になるからだ。

型紙も無く服を作ろうとしたり、設計図も無しに建物を建てようとしたり、複雑な計算に必要な公式を無視して答えを導く様な物なのだ。

物語とは、明快なルールの基で作られる事で機能する、高度な構造物だ。

この記事では、物語の構造について図を交えながら解説したい。

Read more
スポンサーリンク