シナリオの書き方「夢の途中での出会い物語」の脚本構造を紹介!夢と絆、どちらを選ぶ?

「夢の途中での出会い物語」とは?

ここでは「夢の途中での出会い」をテーマにした物語を解説します。

ずっと追って来た夢が、実は出会いの為に用意された物だとしたら?

夢と絆、どちらを選ぶ?

この形式の物語は、構造カテゴリーで別の言い方をするならば「成長の旅をする中で、人生の岐路に立つ物語」となります。

“シナリオの書き方「夢の途中での出会い物語」の脚本構造を紹介!夢と絆、どちらを選ぶ?” の続きを読む

無能力主人公が活躍する作品特集

当り前が出来なかった事が特別

この記事で取り上げるのは、その世界では当たり前の力を持たないで生まれたが、それを克服したり、別の方法で補って活躍する主人公が登場する作品がメインとなる。

魔法や超能力を「使えて当たり前」と言う世界に生まれて、主人公だけが「才能に恵まれない」のだが、常識的に必要とされる能力を、何らかの方法や、別の能力で補う事で、才能に恵まれた者よりも大きな活躍をする、と言うのがポイントの一つとなる。

「皆にとっての当り前が出来ない」事で、能力や才能が欠けた者の気持ちを深く理解する事が出来る主人公には、多くの人が共感出来るだろう。

みんなが苦も無く出来る事の全てを完璧に出来る人の方が、遥かに稀な存在だからだ。

“無能力主人公が活躍する作品特集” の続きを読む