「主人公と関わったが為に正義に感化され出世する小悪党」系キャラ登場作品特集

目覚めに必要なのは、最悪の出会い

悪党が悪事を働くのは、本当に悪い奴だからなのか?

実は、悪党にならないと生き残れないとか、悪党の方が得をする、そんな環境が悪い事で、悪に染まっている奴もいるかもしれない。

出会った当初は悪党だったのに、正義の味方と遭遇してしまい、一度は倒されたり、助けられたり、協力関係を結んだり。

そんな経験を経て、いつの間にか正義の道を示され、気が付けば正義側が板についてしまうなんて事も、あるかもしれない。

この記事では、そんな「主人公と関わったが為に正義に感化され出世する小悪党」なキャラクターが活躍する作品を紹介していく。

SHAMAN KING(1998)

<内容>

シャーマンて知ってる!? この世とあの世を結んで、神・精霊・死者の霊なんかと交流する事が出来る不思議な能力を持った人らしい…!僕のクラスに来た転校生・麻倉葉は、実はそのシャーマンだったんだ!!!

木刀の竜が該当。

登場当初は墓場にたむろするチンピラの親分だったが、後に仲間になり、人間的に急成長していく。

ズートピア(2016)

<内容>

動物たちの“楽園”ズートピアで、ウサギとして初の警察官になったジュディ。でも、ひとつだけ問題が…。警察官になるのは通常、クマやカバのように大きくてタフな動物たちで、小さく可愛らしすぎる彼女は半人前扱いなのだ。だが、ついにジュディも捜査に参加するチャンスが! ただし、与えられた時間はたった48時間。失敗したらクビで、彼女の夢も消えてしまう…。頼みの綱は、事件の手がかりを握るサギ師のキツネ、ニックだけ。最も相棒にふさわしくない二人は、互いにダマしダマされながら、ある行方不明事件の捜査を開始。だが、その事件の背後にはズートピアを狙う陰謀が隠されていた…。

ニックがジュディと共に行動する中で感化されていく。

ドラゴンクエスト ダイの大冒険(1989)

<内容>

モンスターが平和に暮らすデルムリン島。その島で唯一の人間・ダイは、魔法が苦手だが勇者に憧れている少年。ある日、島を訪れた“勇者育成の家庭教師”アバンに才能を認められ、ダイは勇者になる特訓を開始! だが、そこへ復活した魔王が出現し!?

偽勇者一行が該当。

DRAGON BALL(1985)

<内容>

山奥に住む怪力で、メチャクチャ元気な孫悟空。ある日悟空は、七つ揃うとどんな願いも叶うという、ドラゴンボールを探すブルマに出会う。彼女とともに、悟空もハラハラドキドキの旅へ出発する!

ヤムチャが該当。

出会った当初は盗賊だった。

パーソン・オブ・インタレスト(2011)

<内容>

『LOST』のJ.J.エイブラムスと『ダークナイト ライジング』のジョナサン・ノーランによる犯罪予知アクションのコンプリートBOX。

元CIA工作員と天才プログラマーが、凶悪犯罪を未然に防ぐべく自警的手段で制裁を下す。

ライオネル・ファスコが、出会った当初は汚職警官による犯罪組織の一員だった。

THE FLASH/フラッシュ(2014)

<内容>

幼い頃に母親を殺害され、その犯人として父親が投獄されてしまった過去を持つバリー・アレン。幼いバリーは当時の捜査官、ウエスト刑事に引き取られて、その娘アイリスと共に育つ。大人になり科学者となった彼は、CSIの科学調査員としてセントラル・シティの警察に勤務。父親の無実を晴らすため、母親の殺人事件の真相を追る。そんなある日、実験室で粒子加速器が爆発し、巻き込まれたバリーはこん睡状態に陥いる。長い眠りから覚めた彼は、自分に超人的な治癒力と、閃光(=フラッシュ)がごとく、超高速で移動できる能力が備わっていること知り、“フラッシュ”として悪と闘うことを決意する。胸に稲妻のマークが入った深紅のコスチュームを身にまとい、超高速で疾走しながら、自分の大切な人々を守りぬいてゆく。

キャプテン・コールドことレナード・スナートと、ヒート・ウェーブことミック・ロリ―が該当。

当初、ただの犯罪者だったのがスーパーヴィランになり、その後ヒーローとなって行く。

※この記事は、追記・編集していく予定です。

1回のみ
毎月
毎年

一度だけ寄付する

毎月寄付する

毎年寄付する

金額を選択

¥500
¥1,500
¥10,000
¥500
¥1,500
¥10,000
¥500
¥1,500
¥10,000

またはカスタム金額を入力

¥

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付していただきありがとうございます。

寄付月単位で寄付する年単位で寄付する
スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。