「出動シーンが燃える」作品特集

出動シーンがカッコイイ!

基地から要請に応じて出動するシークエンスほどワクワクする時間があるだろうか?

まあ、あるとは思うが、出動シーンって、変身バンクと並んでめっちゃ燃えるよね。(そっちもその内触れるが)

って事で、そう言うお約束シーンがある作品を紹介する。

Read more
スポンサーリンク
広告

「秘密を抱えた接近」系作品特集

秘密の暴露=関係崩壊?

「鶴の恩返し」が有名ですが、大事な人に会う為に正体を隠して近付くなんて物語群があります。

  • 最初から秘密を隠して近付く
  • 秘密にする気は無かったが秘密を持ったまま近付いていた

等のバリエーションがありますが、どれも秘密の暴露によって関係が大きく変化すると言う共通点があります。

Read more

「闇堕ち」展開のある作品特集

戦う為に墜ちる

堕ちる事でしか守る事が出来ない時がある。

それが本当は正しくないかもしれないと分かっていても、堕ちるしか選択肢は残っていない。

そんな展開のある作品を紹介。

Read more

「自爆/捨身」展開のある作品特集

味方の為? 復讐の為?

現実世界では、ネガティブな印象が大きい「自爆」や「捨身」。

一転、バックグラウンドが判明する事が多いフィクション作品では「自己犠牲」の究極系の一種として数えられる。

その行動に至る動機は様々だが、基本は「味方の為」と「敵を倒す為」の両方がセットとなる。

どっちも揃って、意味のある自己犠牲となる訳だ。

この記事では、そんな「自爆/捨身」要素のある行動を取るキャラクターが登場する作品を紹介していく。

記事の性質上、盛り上がるシーンのネタバレになっているので、注意。

Read more

どんでん返しテクニック紹介「二段オチ」

オチを増やせ!

どんでん返しには、伏線配置と伏線回収が必要だ。

張り巡らせた伏線を、華麗に回収すれば物語には大きな衝撃が生まれる。

その衝撃を、更に上乗せするテクニックがある。

それが、今回紹介する「二段オチ」だ。

Read more