タブーを扱う物語の作り方。禁忌の先に何がある?

禁忌を破るのって、悪い事?

今回は、タブーを扱った物語について簡単に説明するよ。

とりあえず、タブーを扱うには「タブーがある環境」と「タブーを破らざるを得ない主人公」の二つが必要なんだ。

じゃあ、サクサク進むよ。

Read more
スポンサーリンク

シナリオの書き方「社会の規律に立ち向かう人々の物語」の脚本構造を紹介!絆を示せ!

「社会の規律に立ち向かう人々の物語」とは?

ここでは「社会の規律に立ち向かう人々」をテーマにした物語を解説します。

社会の規律を乱してまで、守りたい人の為、社会と戦う物語です。

この形式の物語は、構造カテゴリーで別の言い方をするならば「タブーに触れる事で、組織を変えようとする物語」となります。

目次

  1. 解説
  2. 必須要素
  3. 該当作品
Read more

有名作品で学ぶ物語を面白くするポジティブ&ネガティブの行動デザイン

行動デザイン事例集

部分的なネタバレが含まれた記事です。

ポジティブ要素とは、物語の中で登場人物が「したい」「やらなければならない」目標や目的に向かう為の動機となる要素。

ネガティブ要素とは、物語の中で登場人物が「したい」「やらなければならない」目標や目的に向かう為の行動に付いて回る、「出来ればしたくない」行動や、伴うリスクを指します。

Read more

コラム物語論。物語を121種類に分ける実践的で簡単な方法。

物語の種類を見分ける!

世の中には、沢山の物語があります。

別の物語同士を見比べてみれば、当然ながら全く同じ物語は一つもありません。

ですが、どこか似ている物語はあります。

それらを、一定のルールで分類する事をカテゴライズと言いますが、物語を構成する要素は大量にあるので、そのカテゴライズルールを決める切り口は様々です。

万人に意味のある切り口もあれば、一部の人を除いて意味のない切り口もあります。

ここでは、既存の作品だけでなく、創作中の物語が何の仲間になるのかまで見分けられる様になる方法を紹介します。

目次

  • ストーリーカテゴライズ能力獲得による利点
  • カテゴライズの基本
  • 分け方を知る
  • 分割する
  • 感情値で分ける6分割
  • 構造による10分割
  • 構造による10分割、実践
  • 追加された2カテゴリー(12分割)
  • 終わりに、121分割する?
  • 番外:シェイクスピアの36分類
    Read more

図で紹介 タイムスリップストーリー14パターン

タイムスリップ

タイムスリップ物のパターンを紹介したいと思います。

こんな違いがあるのか、こんな構造なのかと、参考にして貰えれば幸いです。

現在は、主人公がタイムスリップをする物に限っています。

順次、追加していく予定です。

Read more

シナリオの書き方「認められない夢物語」の脚本構造を紹介!願いを叶える代償は?

「認められない夢物語」とは?

ここでは「社会的に認められない夢」をテーマにした物語を解説します。

それは、舞台の社会では罪であって、それ以外の社会では罪ではない夢を扱った物語です。

この形式の物語は、構造カテゴリーで別の言い方をするならば「禁忌を犯して、成長の旅をする物語」となります。

 

目次

  1. 解説
  2. 必須要素
  3. 該当作品

Read more

シナリオの書き方「白人酋長物語」の脚本構造を紹介!裏切り者が世界を変える!

「白人酋長物語」とは?

ここでは「裏切り者になって世界に挑む」をテーマにした物語を解説します。

白人酋長と言う呼び方で一般的には定着しています。

この形式の物語は、構造カテゴリーで別の言い方をするならば「禁忌を犯して、変わり者になる物語」となります。

目次

  1. 解説
  2. 必須要素
  3. 該当作品

Read more

シナリオの書き方「許されざる和解物語」の脚本構造を紹介!争わないことが罪?

「許されざる和解物語」とは?

ここでは「許されざる和解」をテーマにした物語を解説します。

和解が許されないとは、どういう状況でしょうか?

この形式の物語は、構造カテゴリーで別の言い方をするならば「禁忌を破って、革命する物語」となります。

目次

  1. 解説
  2. 必須要素
  3. 該当作品

Read more

シナリオの書き方「禁断の愛の物語」の脚本構造を紹介!誰にも好きを止められない!

「禁断の愛の物語」とは?

ここでは「禁断の愛」をテーマにした物語を解説します。

禁断の愛って、設定の時点で惹かれますよね。

この形式の物語は、構造カテゴリーで別の言い方をするならば「相棒と出会い、禁忌(タブー)を破る物語」となります。

目次

  1. 解説
  2. 必須要素
  3. 該当作品

Read more