書籍紹介、色々な断面・分解・解剖図鑑特集

断面と分解と解剖

断面図と分解図と解剖図は好きですか?

私は好きです。

見ているだけでワクワクです。

「こんな構造になっているのか」「こんなに複雑なのか」「こんなに部品が多いのか」と知識欲を満たしてくれるばかりではありません。

創作において考えれば、リアリティを足す事に始まり、様々な助けになる有用な資料となります。

ここでは、断面図・分解図・解剖図を扱った書籍を紹介したいと思います。

色々図鑑系

小学館

表紙の貝の断面も美しい。定番図鑑ですね。

同朋舎出版

分解図鑑と解剖図の定番です。ここのビジュアルディクショナリーはかなり気合入っています。

ちなみに中身は、こんな↓感じです。

img_0068-2584419070-1541909188928.jpg

日経ナショナルジオグラフィック社

安定のナショジオ。

パイインターナショナル

写真集です。図鑑と言うよりはアート。

講談社

分解マニア。スターウォーズもですが、映画の設定資料系は見ていて面白いですよね。

偕成社

この、ゴチャゴチャとした情報量が、見ているだけで楽しい図鑑です。

宝島社

透明標本図鑑は珍しいのでは?

Webster’s New World

英語ですが、物の名前図鑑です。上の同朋舎出版の方で紹介したビジュアルディクショナリーの海外版ですね。こっちもかなり面白いですよ。パーツや部位の名前が絵から分かります。

ちなみに中身は、こんな↓感じです。

img_0065.jpg
img_0067.jpg
img_0066.jpg

専門図鑑系

丸善

ジャンルごとに分かれているタイプの図鑑です。

岩崎書店

こちらも、分かれているタイプの図鑑です。小さな子供と一緒に見て大人も子供も楽しめます。

玄光社

美術解剖図。

マール社

こういうタイプの動物解剖図も珍しい。あと、サンダーバード良いですよね。

ボーンデジタル

美術解剖図でターゲットを絞ってきた感じ。安定のハイクオリティ。

ホビージャパン

美術解剖図。

みすず書房

解剖図界のレジェンドですからね。ダヴィンチ。図鑑サイズは重い人に。

日本文芸社

美術じゃない人体解剖図。まあ、普通は医学ですよね。

アトムス

CTとMRI。

メディカ出版

心臓。

医学書院

帯の煽り文句が好き。本格的な情報を求める人に。

東京書籍

面白いですが、恐竜の体内をどうやって……

グラフィック社

建築物。こう言うのも見ているだけで楽しいです。

PHP研究所

駅。迷宮らしいです。

東京堂出版

建造物。

エクスナレッジ

建物。

さえら書房

町。

世界文化社

日本の城。

戎光祥出版

幻の資料集。値段も中々。

大日本絵画

宮崎駿監督。飛行機などの断面図が最高です。

岩波書店

船とヨーロッパの城。

学習研究社

乗り物系。

朝日新聞出版

まさかのスイーツの断面図鑑です。

オーム社

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください