【その1】物語世界の広がり方についての解説

sky and clouds

物語世界の広がり方にはパターンがある

物語は、進行と共に作品世界が広がる物だ。

作品世界が目まぐるしく変化し、ジェットコースターの様に感じたり、登場人物と共に旅を楽しむ様な胸の高鳴りを感じたり、作品のテイストによって印象は変わるが、そこには、お決まりのパターンが存在するのは、ご存じだろうか?

今回は、その辺について解説していく。

この法則性を理解していると、物語世界を広げるのが苦手な人は、どういう方向で広げれば良いのか、あるいは、広げる順序はどうすれば適切かが理解出来るだろう。

“【その1】物語世界の広がり方についての解説” の続きを読む
スポンサーリンク

「日常の中の異物の日常」モチーフ作品特集

an angel sitting on a staircase

人じゃないけど、しっかり社会に順応

人間社会に紛れ込んだ、人以外の知的生命や自律機械。

異物として社会から弾き出されるかと思いきや、寛容的で大らかな社会に受け入れられてしまったり、社会に自ら染まりに行き、そのまま順応。

異物ゆえの視点を持ったまま、門外漢として社会と言う海に漕ぎだす事で起きる出来事は、どこか可笑しな要素を孕む。

この記事では、そんな「日常の中の異物の日常」を描いた作品を紹介していく。

“「日常の中の異物の日常」モチーフ作品特集” の続きを読む

「戦う(物理)大統領、指導者」モチーフ作品特集

abraham lincolcn statue

国のトップは強くないと務まらない?

大統領、総理大臣、王……

国のトップに立つ人には、どんなイメージがあるだろう。

軍事国家でも無ければ政治家と言う職業や、世襲制の様なイメージがあるかも知れないが、世の中にはリアルでもフィクションでも、その地位を戦って勝ち取ったり、その地位に似つかわしくない程に強いトップが存在する。

この記事では、ビックリする位に自ら戦いに身を投じる「大統領」を始めとした指導者が登場する作品を紹介していく。

“「戦う(物理)大統領、指導者」モチーフ作品特集” の続きを読む

「名探偵の力を得た凡人」モチーフ作品特集

faceless woman with pill in teeth and nose piercing

推理・調査能力が後付けでも名探偵

当人の能力以上の力や頭脳を得る事で、主人公が名探偵として活躍する物語がある。

この記事では、そんな少し変わった探偵物語を紹介していく。

“「名探偵の力を得た凡人」モチーフ作品特集” の続きを読む

【縁の下の力持ち】「超頼もしい、行動力のある風変わりな専門家」キャラクター特集

black framed hippie sunglasses

主人公の問題解決を後押しする変人

どんな作品にも、大抵何かの専門家が登場する。

それは、主人公に足りない技術や技能を満たす為だが、そんな彼らは大抵、超カッコいい。

この記事では、そんなキャラを厳選して紹介していきたい。

“【縁の下の力持ち】「超頼もしい、行動力のある風変わりな専門家」キャラクター特集” の続きを読む

「誘拐、拉致、連れ去り事件」モチーフ作品特集

anonymous woman with tied hands against gray background

人を物の様に奪う罪

人にとって「特定の人」の価値は、非常に高くなる事がある。

子供が欲しい、恋人が欲しい、身代金が欲しい、理由は様々だ。

誘拐される側は誘拐犯と交流を余儀なくされ、誘拐された側は犯人と人質を必死に探す。

そこには、嫌でも様々なドラマが生まれる。

なので誘拐と言うモチーフは、いつの時代も人気が高い。

この記事では、そんな「誘拐」をテーマにした作品を紹介していく。

“「誘拐、拉致、連れ去り事件」モチーフ作品特集” の続きを読む

「立てこもり事件」モチーフ作品特集

abundance bank banking banknotes

籠城、交渉、説得

悪者は、価値ある物を求めて様々な場所に忍び込む。

銀行強盗、特殊な建物の占拠、様々なシチュエーションがある。

価値ある物は守られているので、悪者が逃げる前に警察に囲まれてしまうと言う状況がしばしば起きる。

圧倒的な物量で包囲されたら、籠城するしかない。

籠城するだけでは突入してきてしまうので、悪者は人質を取ったり、突入する事にリスクを感じさせる対抗策を取る事になる。

すると、悪人と交渉者の間では、状況の落としどころを探す事になる。

説得の末、武器を捨てて投降する事もあれば、思いも寄らない要求を突きつけられる事もある。

逃走用の足の準備、海外への高飛び、凶悪犯の釈放命令、等々だ。

この記事では、状況的に、そんな「立てこもり」と言う膠着状態が描かれる作品を紹介していく。

“「立てこもり事件」モチーフ作品特集” の続きを読む

「ハイジャック、乗物ジャック、乗物暴走」モチーフ作品特集

low angle photo of airplane flying over high rise buildings

閉鎖空間の支配権を奪われる恐怖

犯罪者や悪者によってか、あるいは不幸な事故か。

乗物が制御不能に陥った時、乗っている人や、乗物が突き進む先にいる人がどうなってしまうのか。

この記事では、そんな「ジャック」や「暴走」で制御不能になる乗物がモチーフとなる作品を紹介していく。

“「ハイジャック、乗物ジャック、乗物暴走」モチーフ作品特集” の続きを読む

「マジシャン、奇術師、手品師、マジックショー」モチーフ作品特集

person doing card trick

種も仕掛けもあります

でも、分からない。

だからこそ、面白い。

人の修正や視線、注意力を自在に操ったり、思い込みを巧みに誘発したり。

近年では、マジックの種明かしも増えてきたが、その昔は絶対の秘密だった時代もある。

そんな「マジシャン」や「マジックショー」をテーマに据えた作品を紹介していく。

“「マジシャン、奇術師、手品師、マジックショー」モチーフ作品特集” の続きを読む