「バイク」モチーフ作品特集

鉄の馬に跨って

1863年にフランスで特許が出願され、1873年に万博でお披露目される事で歴史が始まった「バイク」と言う乗り物。

日本では他にも「自動二輪車」「単車」や「オートバイ」と言う呼び名で親しまれているが、オートバイに関しては「オートバイク」と言うアメリカ英語を縮めた「和製英語」で、英語では「モーターサイクル」「モーターバイク」「モト」等と呼ばれる事が多い。

ちなみに、格好よく「鉄馬」と表現される事もあるが、鉄馬は本来「蒸気機関車」であったりする。

と、歴史的な登場が後発のせいか日本語呼びに何かとケチがつく事も多い「バイク」だが、その業界や界隈も、少し独特だ。

「ハーレーのみがバイクである」とか「スクーターはバイクではない」とか「自転車乗りは敵」とか「排気量は身分」とか「スズキは変態」とか「転んでからが本番」とか、まあ、愛好家の中には特殊な思想を持った過激派も多数いて(持っていない人も当然いる)、つまりは、バイク乗りはこだわりが強い人が多く、だからこそ面白い。

そんな「バイク」と言う乗り物をモチーフとした作品を、ここでは紹介していく。

“「バイク」モチーフ作品特集” の続きを読む

「卓球」モチーフ作品特集

最速の球技

卓球は、最速の球技と呼ばれている。

バドミントンの羽の初速は、最速でおよそ時速500㎞、テニスはトップ選手で時速200㎞も球速が出る。

一方で、卓球の球速は、早くても時速180㎞程度だ。

バドミントンやテニスの方が、単純に速度は早いのだが、卓球が最速となる理由は、そのコートの狭さにある。

自分と相手を合わせて、たった2.74mしかない卓球台の上で、その速度のピンポン玉を瞬時に相手のコートへと打ち返す必要があるのだ。

コートの全長がバドミントンは15.4m、テニスは23.77mと言う事を考えても、卓球に求められる反射神経と判断力の凄まじさが伺えるだろう。

この記事では、そんな卓球と言うスポーツをモチーフとした作品を紹介していく。

“「卓球」モチーフ作品特集” の続きを読む

【耳が幸せ】人気声優による朗読が楽しめるオーディオブック特集【オーディブル】

心地良い声で名作を

一般作や古典から、ライトノベルまで。

人気声優による朗読や、ボイスドラマ作品として「耳で楽しむ読書」が出来るコンテンツは、日に日に増えています。

ナレーション、吹替えや、アニメ作品等で、普段から耳に馴染んだ大好きな声優さんが熱演する朗読は、自分でただ本を読むのとは、一味も二味も違った面白さを与えてくれます。

ただの音読でも、デジタルな読み上げ機能でも真似が出来ない価値は、一度実際に聞いてみれば、すぐに体感出来るでしょう。

目を閉じて、圧倒的な声優の実力を耳で集中して感じつつ、名作に浸る事も出来るのは、映像作品とは違った形の贅沢です。

また、内容は知りたいが活字を普通に読むのは辛い人にも、楽に名作へと触れる良い機会になる筈です。

読書感想文に困っている人には、大きな助けになるかも。

気になった作品は、Amazonの商品ページにあるサンプルで視聴が出来るので、試しに聞いてみるだけでもイメージが変わるかもしれません。

1本無料体験の様なキャンペーンもあるので、気になった1本を探すのも良いでしょう。

※以下、著者・声優の敬称略。

“【耳が幸せ】人気声優による朗読が楽しめるオーディオブック特集【オーディブル】” の続きを読む

「馬」モチーフ作品特集

乗せてもくれる、人類の友

背中に乗る事が出来る最も身近な生物は、恐らく馬だろう。

馬と人の歴史は古く、時代によって馬は強力な軍事兵器だった時代もある。

騎馬やチャリオットだ。

また、移動の足以外に農業を手伝ったり、馬車を引いて物の運搬にも役立ち、果ては競馬の様な賭けを伴うレースでも中心的な役割を果たしている。

更には、馬革、馬肉、馬琴、とパーツを加工した製品まで存在し、馬は様々な向き合い方で、どこまでも人に愛されている。

この記事では、そんな馬を扱った作品を紹介していこうと思う。

 

“「馬」モチーフ作品特集” の続きを読む

誰でも習慣を継続する14の方法

実は継続が一番難しい?

継続は力なりって言いますが、その継続自体が続かないなんて事も多いと思います。

この記事では、誰でも「創作」をするに当たって「継続力」を維持する方法を紹介します。

“誰でも習慣を継続する14の方法” の続きを読む

【こんなにある】「タイトル付け」の定番手法特集!

タイトル付けにはパターンがある

ネーミングと混同する人も時々いるが、全く別物である「タイトル付け」。

その手法を、この記事では例を示しながら紹介していく。

エンタメ作品だけでなく、ある程度幅広く取り扱って分類していくつもりだ。

タイトル付けで悩んでいる人は、参考にして欲しい。

※ネーミングで悩んでいる人は、【創作のお供に】ネーミング辞典特集の記事が役に立つかもしれない。

ジャンプジブリディズニーピクサー海外作品と言う雑な分け方を試しているので参考までに。

“【こんなにある】「タイトル付け」の定番手法特集!” の続きを読む

シナリオの書き方「怪物に立ち向かう選ばれし者達の物語」の脚本構造を紹介!怪物に選ばれた!?

「怪物に立ち向かう選ばれし者達の物語」とは?

ここでは「怪物に立ち向かう選ばれし者達」をテーマにした物語を解説します。

力を合わせて、強大な怪物に立ち向かいましょう。

この形式の物語は、構造カテゴリーで別の言い方をするならば「怪物の対処法を探り、使命を果たそうとする物語」となります。

“シナリオの書き方「怪物に立ち向かう選ばれし者達の物語」の脚本構造を紹介!怪物に選ばれた!?” の続きを読む

主要舞台として「刑務所」が登場する作品特集

罪の精算所で起きるドラマ

刑務所は、人によっては一生縁の無い施設だが、世界中どこにでもある。

そこは、罪を犯した人が償いの日々を送る事を求められる場所。

そんな場所だからこそ起きるドラマを描いた作品を、紹介していく。

なお、似たシチュエーションの「捕虜収容所」と「精神病院」も、刑務所要素がある物に関しては扱っていく。

“主要舞台として「刑務所」が登場する作品特集” の続きを読む

オリジナルの鉄板ネタ・パターンの見つけ方

自分だけの鉄板の武器が欲しい!

鉄板とは、固いです。

なので「手堅い」あるいは、「確実な」と言う意味で使われます。

つまり、鉄板ネタ・パターンが既に出来上がっていれば、高い確率で期待に応えられます。

今回は、鉄板のネタやパターンを探す方法を解説します。

“オリジナルの鉄板ネタ・パターンの見つけ方” の続きを読む