「ユーリ!!!onICE第一話」を分析してみた

既存作品ザックリ分析

作品名:ユーリ!!!onICE

形式:連続アニメ作品、第一話

長さ:23分(OPEDテーマソング含む)

公式サイト:http://yurionice.com/

 

!注意!

この記事は、完全にネタばれを含んでいます。 “「ユーリ!!!onICE第一話」を分析してみた” の続きを読む

スポンサーリンク

物語世界の秩序と混沌とは?

物語世界の秩序と混沌とは?

これは、主人公の所属環境の性質で、主人公の所属環境を、秩序が支配しているか混沌が支配しているか、を表しています。

 

秩序と混沌とは?

物語で描かれる主人公の所属環境は、ルールによって支配され秩序をもっているか、ルールが壊され混沌に支配されているかで分類できます。

ユートピアやディストピアは、秩序に支配された環境の行きつく先と言えます。

災害や事件が起きる状況は、混沌に支配された環境であると言えます。

“物語世界の秩序と混沌とは?” の続きを読む

スポンサーリンク

未来への投資と過去への清算とは?

未来と過去、どちらを見ている?

これは、主人公の目的ある行動が、主人公の人生においてゼロをプラスにするか、マイナスをゼロにするかを表しています。

 

投資と清算とは?

物語で描かれる主人公の行動は、より良くなりたいか、悪いものを良くしたいという感情で動機付けられます

より良くなりたいというのは、未来への投資活動で、目の前の問題を解決出来れば、素晴らしい未来が待っているから、行動します。

悪いものを良くしたいというのは、過去への清算活動で、過去の間違いや誤った選択を正す事で、正常な状態にしなければならず、行動します。

“未来への投資と過去への清算とは?” の続きを読む

主人公が普通な物語と特別な物語とは?

主人公の普通と特別とは?

これは、主人公が所属環境を基準に、平凡であるか異質かを表します。

平凡と異質とは?

物語で描かれる主人公は、解決するべき問題に対し、所属環境を基準に、その他大勢より突出した能力で解決に当たるか否かで、平凡か異質かが決まります。

例えば、主人公が魔法を使える場合、他の大多数の人が魔法を使えないなら特別です。

ですが、主人公が魔法を使えても、他の大多数の人も魔法が使えるのなら普通ですよね。

“主人公が普通な物語と特別な物語とは?” の続きを読む

「ブレイブウィッチーズ第一話」を分析してみた

既存作品ザックリ分析

作品名:ブレイブウィッチーズ

形式:連続アニメ作品、第一話

長さ:24分(OPEDテーマソング含む)

公式サイト:http://w-witch.jp/

!注意!

この記事は、完全にネタばれを含んでいます。 “「ブレイブウィッチーズ第一話」を分析してみた” の続きを読む

「ViVid Strike!第一話」を分析してみた

既存作品ザックリ分析

作品名:vivid strike!

形式:連続アニメ作品、第一話

長さ:23分(OPEDテーマソング含む)

公式サイト:http://vivid-strike.com/

!注意!

この記事は、完全にネタばれを含んでいます。 “「ViVid Strike!第一話」を分析してみた” の続きを読む

環境の内の問題と外の問題とは?

環境の内外とは?

これは、解決するべき問題が、主人公の所属環境の外にあるか内にあるかを表しています。

 

所属環境とは?

物語で描かれる主人公が所属する世界です。

例えば、主人公が家族の問題を解決する物語で、家庭を中心に描かれるのなら環境内の問題です。

これが、主人公が家族を敵対者から守る物語で、家庭を中心に描かれるのなら環境外の問題です。

“環境の内の問題と外の問題とは?” の続きを読む

物語に必要な普遍的動機とは?

普遍的動機

普遍的動機とは、国・時代・宗教を問わず誰でも理解が出来る動機を指します。

具体的には、死にたくない、何か食べたい、恋人が欲しい、家族を危険から守りたい、復讐したい、等の文明の種類や発展具合によって変化しない類の動機です。

 

なぜ普遍的動機である必要があるのか?

普遍的であればある程、読者が動機に共感する可能性が高まります。 “物語に必要な普遍的動機とは?” の続きを読む

物語の事実と現実とは?

事実と現実の違いとは?

事実とは、あるがまま、本当の事、真実と言った客観的な物です。

対称的に現実とは、誰かが観測した結果の事実を指し、主観的な物です。

一見どちらも同じ様に感じますが、大きな違いがあります。

客観的なものと主観的なものは、対極の概念です。

“物語の事実と現実とは?” の続きを読む

物語の目的と目標とは?

目的と目標の関係

端的に言えば、「行先」と「過程」です。

ここで、普段から目的と目標を意識していない人に注意が必要なのが、常に目的があっての目標というのが健全な考え方と言う前提です。

目標だけを掲げるのは、まったく意味が無いと言う事です。

 

少し前にこんな例え話を見ました。

A「勇者の目的は?」

B「魔王を倒す事」

A「それは目標」

B「じゃあ、目的は?」

A「魔王を倒した先の世界平和」

この様な掛け合いです。

これが的確に目的と目標の関係を表しています。

“物語の目的と目標とは?” の続きを読む