【その1】物語世界の広がり方についての解説

sky and clouds

物語世界の広がり方にはパターンがある

物語は、進行と共に作品世界が広がる物だ。

作品世界が目まぐるしく変化し、ジェットコースターの様に感じたり、登場人物と共に旅を楽しむ様な胸の高鳴りを感じたり、作品のテイストによって印象は変わるが、そこには、お決まりのパターンが存在するのは、ご存じだろうか?

今回は、その辺について解説していく。

この法則性を理解していると、物語世界を広げるのが苦手な人は、どういう方向で広げれば良いのか、あるいは、広げる順序はどうすれば適切かが理解出来るだろう。

“【その1】物語世界の広がり方についての解説” の続きを読む
スポンサーリンク

なぜ最初の方で「ログライン」を作る様に言われるのか

plastic animal toys on wooden surface

ログライン作成がもたらす効能

ログラインを作れと言われた事がある人、どれぐらいいます?

実際に、創作プロセスでログラインを作ってる人、どれぐらいいますか?

今回は、どうしてログラインを作った方が良いのか、最初に作るとどんな得があるのか。

その辺を説明します。

ちなみに、参考までにですが、私はログラインは毎回作る派です。

“なぜ最初の方で「ログライン」を作る様に言われるのか” の続きを読む

キャラクターの好き嫌いが分かれる自己犠牲と自己実現のラインについて

monochrome photo of person using vintage typewriter

好かれるキャラと嫌われるキャラの分布

キャラの好き嫌いが、どこで変わって来るか?

キャラの見た目や属性、個人の好みの差も勿論ある。

だが、「自己犠牲」と「自己実現」と言う切り口の場合、おおよそ好き嫌いの感触は決まっていたりする。

今回は、その辺を解説する。

“キャラクターの好き嫌いが分かれる自己犠牲と自己実現のラインについて” の続きを読む

【教える人が】人に学ばせる為に教師が気を付けるべき21の事【するべき事】

children inside a room participating in class

学びに導く為にする事、しない事

学校の先生か、子供の保護者か、会社で新人教育を任されたか、とにかく、あなたは誰かに物を教えないといけなくなったとする。

頭ごなしに無理やり教えた所で、反発されるのが関の山だ。

教えやすい生徒ばかりではないが、時に教師は生徒を選べない。

教える立場、仕事について、上手く行かない人に向けて、ちょっとした「教えるコツ」を伝えたい。

“【教える人が】人に学ばせる為に教師が気を付けるべき21の事【するべき事】” の続きを読む

【簡単】どうやって物語の構造を掴むのかを解説【構造のルール】

wood creativity child game

ポイントに注目すると、よく分かる物語の構造

スクリプトドクターをしていると、時々聞かれる「どうして物語の構造が分かるの?」みたいな質問。

長年の経験と言いたい所だけど、実は「ある点」に注目しているだけだったりします。

今回は、そんな話。

ポイントを掴めば、誰でも物語の構造が見えてきます。

過不足のチェックや、構成を考える時に役立つ知識となります。

“【簡単】どうやって物語の構造を掴むのかを解説【構造のルール】” の続きを読む

あなたが物語を作る際、知っていると楽な気持ちになれる『問題解決』の基本

person holding yellow and white labeled paper

問題解決するには、これしかない

人が問題解決を目指す場合、出来る事は限られる。

今回は、問題解決の基本について解説する。

基本は、これしか無いのだから、分かっていれば問題解決の方向性に当たりを付ける事が出来る。

なので、闇雲に試行錯誤をするよりも、知っている分だけ楽な気持ちで挑めるだろう。

“あなたが物語を作る際、知っていると楽な気持ちになれる『問題解決』の基本” の続きを読む

【レビュー】デジタルアーティストが知っておくべきアートの原則 改訂版 -色、光、構図、解剖学、遠近法、奥行き-【書評】

超優秀なアートの原則と適用方法の解説集

旧版の書籍は2013年9月3日に出て、日本語版が2014年3月27日に出ていた。

その後、改訂版の原書が2020年5月12日に出て、これは2021年1月31日に出た日本語版である。

「デジタルアーティストが知っておくべき」とタイトルで書いているが、別にデジタルアーティストに限った物では無い。

紹介されているアートの原則は、非デジタルアーティストであっても知っていれば役立つ物ばかりだからだ。

そんなアートの原則を「色、光、構図、解剖学、遠近法、奥行き」に絞って、ほぼ網羅的に徹底解説しているのが、本書の特徴だ。

原則の把握とは、コツを掴む具体的な”取っ掛かり”を見つける見当が付くのに役立つと言う事である。

この本は、あなたのアーティストとしての上達を阻む”壁”を超えたり、破るのに、きっと役立つ筈だ。

“【レビュー】デジタルアーティストが知っておくべきアートの原則 改訂版 -色、光、構図、解剖学、遠近法、奥行き-【書評】” の続きを読む

「かわいそうはかわいい」の作り方

thoughtful young woman touching face and looking at camera in studio

可哀想なのは、可愛い?

「かわいそうはかわいい」と言う属性、あるいは性癖がある。

可哀想な目に遭っているキャラクターを見て、可愛いと言う魅力を感じる物だ。

酷い話に聞こえるかもしれないが、今回この事について作り方を解説していく。

“「かわいそうはかわいい」の作り方” の続きを読む

【レビュー】ヒーローズ・フィースト – D&D公式レシピガイド -【書評】

ファンタジー料理の真面目なレシピ本

今回紹介するのは、海外だと2020年10月27日に発売され、ベストセラーとなった書籍の日本語翻訳版となる。

「DUNGEONS&DRAGONS」の人気や知名度の差から、日本では海外程の大ベストセラーは、恐らく望めないだろう。

だが、本書は「DUNGEONS&DRAGONS」好きのみならず、全ての西洋ファンタジーと言うジャンルが好きな人に刺さる、最高に作り込まれた料理のレシピ本となっている。

“【レビュー】ヒーローズ・フィースト – D&D公式レシピガイド -【書評】” の続きを読む