「一線」を超えた表現の持つ力について解説

green tennis ball on court

超えて良い線は、どこまで?

人は、誰しも「線引き」をして生きている。

それは創作上の表現でも同じで、やって良い表現と悪い表現が存在する筈だ。

これは、個人の中ではモラルやトラウマ等の価値観で形成され、社会では文化的なタブーや価値観で形成されている。

この記事では、その「一線」を例を交えて解説していく。

“「一線」を超えた表現の持つ力について解説” の続きを読む
スポンサーリンク

なぜ「表現規制」を気にして有害コンテンツを守ろうとする人がいるのかについて解説

art blue pattern texture

有害コンテンツを規制する事の何がダメなのか

本日、Twitterのトレンドに「非実在児童ポルノ」と言うワードが登場した。

言葉の意味としては「創作物の中の子供に対しての性的描写」を指し、某政党がこれを禁止する立場を表明したとか、どうとかでトレンド入りを果たした。

ここで、多くの人は疑問に思う事だろう。

なぜ「非実在児童ポルノ」を規制する事に対して、こんなに反対の声があるのか。

反対している人は、みんなロリコンで、みんな絵でも良いから子供の裸を見たいと思っているのでは無いか?

と、思っている人も、いるかもしれない。

もちろん、腹の底で、そちらが本音で思いながら、表現規制を盾に有害コンテンツを守ろうとしている人は、いるかもしれない。

と言うか、確実に、一定数は存在するだろう。

だが、この「表現規制」に繋がる問題は、そこが問題なのではない。

今回は、その事を解説する。

“なぜ「表現規制」を気にして有害コンテンツを守ろうとする人がいるのかについて解説” の続きを読む
スポンサーリンク

モチーフに対して多角的な視点を持つと良いと言う話

selective focus photo of magnifying glass

もしや、シンプルに見過ぎていない?

モチーフを見る時、何をイメージするかは人それぞれだ。

だが、あまりにも単純で直球な見方だけだと、時に面白みに欠ける事がある。

今回は、1つのモチーフに対して持つべき複数の見方を紹介する。

“モチーフに対して多角的な視点を持つと良いと言う話” の続きを読む

「狂う」と言う概念を説明しよう

man doing hand stand on mountain

「狂う」を分解する試み

時に、人は狂う。

誰しも、狂う可能性がある。

自分だけは正気でいられると考える人もいるが、それは間違いだ。

全員が”狂う可能性”を持っている。

あなたが正気だと自分の事を思っているなら、それは運良く狂わないでいるか、狂っている事に気付いていないだけだ。

今回は「狂う」と言う事について解説する。

網羅的な記事では無いが、主要な物には、おおよそで触れているので十分役立つと思う。

狂ったキャラクターを作る時にでも、役立てて欲しい。

“「狂う」と言う概念を説明しよう” の続きを読む

【話の種】お金を稼げるゲームで遊んでいる話。(第3回)【Axie Infinity】

すっかり日常にゲームが溶け込んでいる

毎日、毎日、SLPを稼ぐ為にポチポチポチ……

アドベンチャーモードは、一応36面までクリアだけしたし、アリーナも手持ちモンスターを気軽に増やせないので、配置換えだけで勝率アップの試行錯誤をするぐらい。

“【話の種】お金を稼げるゲームで遊んでいる話。(第3回)【Axie Infinity】” の続きを読む

【物語の必須要素】「アクション」と「リアクション」を解説

行動するか、反応するか

登場人物は、必ず行動する。

それは、アクションとリアクションに分けられる。

それには、更に種類がある。

今回は、その辺をパラダイムと絡め、少し深堀りする。

“【物語の必須要素】「アクション」と「リアクション」を解説” の続きを読む

シナリオの書き方「使命に目覚めた超人物語」の脚本構造を紹介! 才能があるなら使命を果たせ!

「使命に目覚めた超人物語」とは?

ここでは「使命に目覚めた超人」をテーマにした物語の解説をします。

この形式の物語は、王道ヒーロー物の一つで、スーパーパワーや物凄い才能等を持った人物がヒーローになる物語です。

この形式の物語は、構造カテゴリーで別の言い方をするならば「使命を果たす為に、成長の旅をする物語」となります。 

“シナリオの書き方「使命に目覚めた超人物語」の脚本構造を紹介! 才能があるなら使命を果たせ!” の続きを読む

物語に必要な「テーゼ、アンチテーゼ、ジンテーゼ」を解説

black and gray angel statue decor

テーゼって何?

新世紀エヴァンゲリオンのオープニングテーマ「残酷な天使のテーゼ」。

「この、テーゼって何?」と思いつつ、「ま、いっか」と調べないままの人も多いと思う。

今回は、この「テーゼ」が、物語の中で重要と言う話と、テーゼの使い方を説明していく。

“物語に必要な「テーゼ、アンチテーゼ、ジンテーゼ」を解説” の続きを読む

「理解が深まると、酷い事が出来なくなる」の法則

text

「知っている」と、対象を悪く扱い辛くなると言う話

先日、メンタリストのDaiGoさんが、

  • ホームレスの命とか、どうでも良い
  • 生活保護受給者も
  • 猫の方が大事

的な発言を自身のYouTube上でした事で、大炎上してしまった。

man in brown jacket lying on floor
Photo by MART PRODUCTION on Pexels.com
close up photography of sleeping tabby cat
Photo by Ihsan Aditya on Pexels.com

この発言について、

  • 優生思想だ
  • 差別主義者だ

的な意見がSNS等では溢れ、 DaiGoさんもすぐに謝罪動画を出す運びとなった。

炎上自体は、まだ燻り続けそうな雰囲気もある。

本人が今まで、他人の謝罪に対して客観的に「正しい謝罪」を指摘、レクチャーしてきた事で、印象の良い謝罪の印象が悪くなると言う特大のブーメラン状態なのは興味深いが、話を戻そう。

“「理解が深まると、酷い事が出来なくなる」の法則” の続きを読む