「賢者の石」モチーフ作品特集

person wearing silver ring and red and gold ring

錬金術の辿り着く終着点の一つ

賢者の石を手に出来れば、鉛を金に変え、あらゆる病や傷を癒し、不老不死を手に出来るとされる。

その噂は中世ヨーロッパ、およそ12世紀から始まり、年代と共に誇張されたのは想像に難くない。

後に、賢者の石を作る事に成功したと言われる錬金術師も複数いるが、真相は定かではない。

しかし、その設定は、あまりにも魅力的であり、もし、本当に実在するなら誰もが欲しがる魔法のアイテムだ。

この記事では、そんな「賢者の石」が、重要な役割を果たしたり、中心となって登場する作品を紹介していく。

“「賢者の石」モチーフ作品特集” の続きを読む
スポンサーリンク

「第七王子、八男、家督継承権下位」系作品特集

black and tan yorkshire terrier puppy

長男以外は苦労する? それとも楽?

長男は歴史ある家だと家督を継ぐ事を望まれる事が多い。

しかし、メインとなる家督は1つしかない。

そうなると長男以外には、家督を継ぐ以外の将来が基本的に待っている。

自立を促されるとか、家督を継ぐ事は無いが一族として置いて貰えるなら、まだラッキーな方。

家の為と、一族の誰かが担う辛い役割を押し付けられるなんて事もしばしば。

この記事では、そんな「家督」や「王位」の「継承権下位」に生まれたキャラが活躍する作品を紹介していく。

上手く立ち回るのか、家督の奪取を目論むのか。

「家」や「血」と言うしがらみに少なからず苦しめられる物語が基本になるだろう。

“「第七王子、八男、家督継承権下位」系作品特集” の続きを読む
スポンサーリンク

「アニメーション、アニメーター」モチーフ作品特集

disney mickey mouse standing figurine

アニメーションを作る事で生まれるドラマ

人形を少しずつ動かして撮影したり、連続した変化が分かる絵を何枚も描いて順に見せたり。

様々な手法が存在するアニメーション制作。

コンピュータの一般化と高性能化によって、CGモデルを使ったり、絵と絵の変化の間を自動生成出来たり、制作現場も日々進歩している。

基本的にアニメーションの特徴は、現実では表現が難しい物でも容易に表現出来る事にある。

3DCGのクオリティアップによって、もはや実写との見分けがつかないと言う境界の崩壊も起きていて、今後の進化がますます楽しみだったり。

この記事では、そんな「アニメーション」や、それを作る「アニメーター」等のアニメ関係のテーマを扱った作品を紹介していく。

“「アニメーション、アニメーター」モチーフ作品特集” の続きを読む

「落ちこぼれグループ、クラス、チームを立て直す」系作品特集

man in black and white polo shirt beside writing board

今は落ちこぼれていても、磨けば光る

落ちこぼれている事が当たり前のグループ。

それを変えたい一人がいるだけで、状況は変わって来る。

だが、変えようとするだけでは、グループは変化しない。

まずは、少なくともグループ内の誰かに変わる事を体感させ、自らの事として変化を望ませ、落ちこぼれだったのが変わり、しっかりと状況が良くなる成功体験をさせる事が肝心となる。

一人が良い状態に変わると、似た状態のグループ内の人は、状況の変化を受け入れる準備ができる。

大事なのは、最初の成功を掴む事だ。

この記事では、そんな、グループを変えたい誰かを起点に「落ちこぼれグループを立て直す」展開が用意されている作品を紹介していく。

“「落ちこぼれグループ、クラス、チームを立て直す」系作品特集” の続きを読む

「臨時の人格の方が良いヤツ」系キャラクター登場作品特集

smile made of ripe fruits

主人格じゃない方が魅力的?

多重人格や重度の記憶喪失で生まれる、新しい人格。

もし、新しい人格の方が良いヤツだった時、正常な状態に戻って欲しいと思えるだろうか?

元の人格がどうしようもない人格であれば、このまま戻らないのも良いかもと思ってしまうなんて事も。

この記事では、そんな「臨時の人格の方が良いヤツ」と言う状況が発生する作品を紹介していく。

パターンとしては、

  • 臨時の人格が主人格になり替わる
  • 臨時の人格が残した物が、残された人達を助ける

と言う風に、臨時の人格がいたからこそ、劇中の問題が解決する展開が王道だろう。

“「臨時の人格の方が良いヤツ」系キャラクター登場作品特集” の続きを読む

「映画」モチーフ作品特集

person holding black and white card

制作、視聴、感想、どれも楽しい!

1893年にトーマス・エジソンが1人でのぞき込んで楽しむキネトスコープを発明した。

1895年にフランスのリュミエール兄弟がスクリーンに動く写真を投影して公開した。

こうして始まった映画は、最初、音も色も存在しなかった。

1900年代には色を付けようと人々は工夫したが上手く行かなかった。

1916年に二原色式テクニカラーが開発されるが、色彩再現力が不完全で定着しなかった。

1920年代に入ると、トーキーが登場し、自然な色よりも早く絵と音が同期する作品が現れる。

1932年にようやく、二原色式テクニカラーの欠点を克服した三原色式テクニカラーが開発され映画は色を獲得し、以降はモノクロ映画の数が減っていったが、カラー映画が主役になるのは1970年代に入ってからだった。

この記事では、そんな割と新しいメディアである「映画」をテーマとして扱った作品を紹介していく。

“「映画」モチーフ作品特集” の続きを読む

「小さな宇宙人」登場作品特集

decorative alien character near disposable glass and box

スケールの違う異星人

「人」のスケールが、宇宙全てで地球人基準こそスタンダードとは限らない。

スターウォーズやスタートレックを見ていると、そう言う「そもそも」を忘れてしまう事がある。

もし、遭遇する宇宙人が地球人に比べて小さかったら?

この記事では、そんな「小さな宇宙人」が登場する作品を紹介していく。

“「小さな宇宙人」登場作品特集” の続きを読む

「風呂、銭湯、温泉、サウナ」モチーフ作品特集

white ceramic sink with faucet

体と心を癒す場所

天然の温泉には野生の動物も入りに来る事から分かる通り、暖かいお湯に浸かる事は肉体と精神に何らかの作用をもたらす。

温度だけでなく、ミネラルが含まれた天然温泉にもなれば様々な効能が期待出来、質の良い温泉が湧く場所には湯治場が出来て栄えさえする。

様々な形態の風呂、文化毎のマナーの違い、歴史、語れる事は非常に多く、掘り下げればどれも面白い。

そんな深い観点だけでなく、創作において風呂は、特別な意味を持つ事もある。

風呂を舞台にすると言う事は、自然な形で裸体を描く事になる。

なので、いわゆる「水着回」と同じ様に「お風呂回」と呼ばれる読者視・聴者へのサービス回の舞台となりがちだったりもする。

この記事では、そんな「風呂」等をテーマに据えた作品を紹介していく。

“「風呂、銭湯、温泉、サウナ」モチーフ作品特集” の続きを読む

「偽札」モチーフ作品特集

grey metal case of hundred dollar bills

通貨偽造と言う重罪

通貨偽造は、めちゃくちゃ罪が重い。

それは、その性質上、場合によって通貨の信用を貶め、最悪の場合には国家転覆へと繋がる可能性があるからだ。

なので、コピー機には紙幣を複製出来ない様にコピーガードがあるし、玩具のお金は一目見て偽物と必ず分かる様に作られている。

もし偽札を作ったり使ったりすれば、懲役で3年以上、下手をすると無期懲役と言った重い罰を受ける事になる。

なので、現実だと、偽札を作ってもバレない自信がある人や、金も技術もある犯罪組織、あるいは他国を攻撃しつつ外貨獲得を目論む国家が行うか、罪の重さを知らないが行動力があるバカな人が手を染める事が多い。

しかし、フィクションの世界では、偽札は一転、魅力的なモチーフとなる。

きっと考えた事がある人は多い筈だ。

楽にお金を沢山手に入れたい。

自分がお金を作れれば無限に手に入るのに、と。

この記事では、そんな「偽札」をテーマに据えた作品を紹介していく。

“「偽札」モチーフ作品特集” の続きを読む

「プラモデル、模型」モチーフ作品特集

modern toy robot on bright shelf near wall

組み立てる喜び

特定のモチーフを精巧に、数分の1と言うサイズに縮小した組み立て式の模型。

組み立てるだけでも、徐々に形が出来上がっていくのが楽しい。

色を塗り替えてもオリジナリティが出せて楽しい。

パーツを組み替えたり、改造したり、ポーズを取らせて撮影したり、完成品で遊んでも、他人の作品を眺めても、何をしても楽しい。

そんな「プラモデル」や「模型」をテーマに据えた作品を、この記事では紹介していく。

“「プラモデル、模型」モチーフ作品特集” の続きを読む