おすすめ書籍

物語づくり、脚本等の勉強で買う本が分からない方へ

本種類

当ブログ管理人は、大体この図の様なイメージです。

ジョーゼフ・キャンベル先生はスターウォーズにインスピレーションを与えた事で有名ですが、今の方が読むには、多少古典になるので挫折率高めです。

ですが、動画を見て興味が湧いたり、スターウォーズみたいな大作をいつかはと考えている人は、読んだ方が賢明です。

起承転結も3幕構成も分からないよって方は、シド・フィールド先生や、その周辺領域の本から入るのがおススメです(ネットで調べれば大体わかりますが、ガッツリ勉強したいよと言う場合。ただ、Wikipediaの3幕構成の記事が、かなり充実しています。おススメ)。

一歩踏み込んで、物語の種類を知りたい方はブレイク・スナイダー先生の本が読みやすいし文章もフランクで為になると思います。

最後に、カール・イグレシアス先生とジョン・トゥルービー先生の本は、プロでも役立つノウハウ満載ですし、ネットに落ちてるノウハウとは一線を画すクオリティなので、気になっている方は間違いなく買いです。

他にも、創作に役立つ書籍を沢山載せておきます。

参考になれば幸いです。

神話学・民話学

ジョーゼフ・キャンベル

説明:世界中にある神話のパターンから、普遍的に人が好む物語を見つけた。以降の脚本術に多大な影響を与えた本だが、これ自体は脚本術の本ではない。だが「全ての物語の根底にある流れ」がどうやってまとめられたのか知る事は、決して損にはならないです。

読むのが辛い場合は、動画を見れば概要は掴めます。

ウラジミール・Я. プロップ

説明:キャンベルが神話からアプローチしたのに対して、プロップは昔話からアプローチしました。はっきり言って、キャンベルに比べて、かなり複雑なので、中身を見てから買う事をお勧めする。

脚本術

シド・フィールド

説明:映画に最適化された脚本術の本。3幕構成を学びたいなら、とりあえず、これで問題無い。

クリストファー・ボグラー

説明:これも基本的な脚本術の本。フィールドとどちらが合うかは、人それぞれ。どちらか読めば問題無い感じ。

ロバート・マッキー

説明:『ルールでなく原則を、公式でなく普遍的型を、紋切り型でなく元型を、近道でなく綿密さを、種明かしでなく現実を、市場予測でなく技術習得を、侮蔑でなくリスペクトを、模倣ではなく独創性を』とイントロダクションで、そう宣言がある通り、本書は「ストーリーの本質」とでも言うべき「当たり前」の事を、丁寧に教えてくれる本だ。だが「当たり前」だったが故に意識した事が無かった「本質的に大事な事」を言葉にして再認識させられる体験は、物語創作者に多くの物を与えてくれる。かなりお勧め。

K.M.ワイランド

説明:作者の上二冊は脚本向けでなく小説向けの本。再入門とある様に、一度上の本や教室で挫折した人におすすめ。

キム・ハドソン

説明:脚本術の本だが、物語の性質を男女で分けるアプローチや、キャラクターのアーキタイプ毎の運用や見分け方等、一歩踏み込んだアプローチがされている本。これ単体で脚本術を学べるので、初心者から中級者まで役立つと思います。

ブレイク・スナイダー

説明:物語を10種類にカテゴライズした意欲的かつ有用な脚本術本。初心者から上級者まで学べる入りやすく深い内容。かなりお勧め。

リンダ・シガー

説明:脚本をリライティングと言う視点でパワーアップさせる為の本。中級から上級者向け。使いこなせれば、かなりの良書。

カール・イグレシアス

説明:感情と言う視点で説明された脚本術本。初心者から使えない事もないが、中級から上級者向け。人を感動させたいなら見て損はない。

ブライアン・マクドナルド

説明:脚本内のテーマや象徴と言った、見えないが伝わる要素と言う視点で書かれた脚本術の本。中級者から上級者向けだが、初心者でも得るものが多い良書。

紹介記事「インビジブルインクの法則」

ジョン・トゥルービー

説明:網羅的かつ濃密な内容と分厚さが特徴の脚本術本。読みやすいが、分量のせいで挫折率を上げているかも。完全に中級者から上級者向け。「3幕構成の次のステップへ」と帯に書いているが、伊達ではない。超おすすめ。

紹介記事「ストーリーの解剖学」

沼田 やすひろ

説明:日本で独自進化した脚本術の一つと言うイメージ。

紹介記事YouTubeで学べる。沼田やすひろストーリー創作講座まとめ

三宅 隆太

説明:日本では珍しいスクリプト・ドクター目線の映画脚本術本。海外の本の様に、ロジカルに教科書的に書かれた本が苦手な人には読みやすい。

クリエイター

手塚治虫(鉄腕アトム、ブラックジャック)

関連記事:「手塚 治虫」簡易年表

漫画家特集

紹介記事:漫画家の手による漫画創作本をまとめたよ

田尻 智(ポケットモンスター)

説明:ゲームデザインの本。あのポケットモンスターの生みの親が、どの様なアプローチでデザインしたのかが書かれている。ゲームデザイナー以外が読んでも得るものは多い筈。

桝田 省治(俺の屍を超えていけ)

説明:俺の屍を超えていけの生みの親が、どの様にゲームをデザインしたのかが書かれた本。ゲーム以外のクリエイターが読んでも役立つ筈。

原理・原則

ロジェ・カイヨワ

説明:人が遊びを通して、何を楽しいと感じるかが説明されている本。エンターテイメントに関わる人は、そもそも「面白い」とは、人がどういった要素の組み合わせで感じるかを知る事で、発想の幅が広がるかも。

フランス・ヨハンソン

説明:アイデアの生み出し方の本。事例紹介も豊富で、読みやすい。

ジェームズ・W・ヤング

説明:アイデアの作り方の名著として有名な本。短いので、アイデアについて学びたい人は一度は読んだ方が良いだろう。

ユヴァル・ノア・ハラリ

説明:全人類史を「幸せ」と言う切り口で見ていく、世界中で話題になった本。かなり面白い。超おすすめ。

ジャレド・ダイアモンド

説明:人類史の謎を解き明かす名著。これもかなり面白い。超おすすめ。本読むのが辛い人は、ナショナルジオグラフィック製作の映像がDVDで見れますよ。

アブラハム・ハロルド・マズロー

説明:欲求のピラミッドとか、どこかで聞いたことがある法則を考えた人の本。かなり挫折率高め。自信のある人はチャレンジ。

資料、図鑑、辞典

紹介記事「断面・分解・解剖図鑑特集」

説明:フィルムアート社の類語辞典シリーズ。創作のお供に。

紹介記事「資料・ハウツー本、出版社特集」

ネーミング辞典

紹介記事【創作のお供に】ネーミング辞典特集

テオプラストス

説明:ある種のキャラクターをまとめた本。時代を経ても変わらないステレオタイプの解説書。個人的に好き。

スポンサーリンク
広告

One thought on “おすすめ書籍

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください